日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 昨日の追記、インターセラーズはどこ行った?
2010年11月09日 (火) | 編集 |
2010年11月8日

昨日の記事で太陽酒造に関連してインターセラーズの件に触れたが、ちと実際にあの会社がどうなったのか気になって、ネット上で調べてみたのだが、どうにも行方不明、消滅したと思って間違いなさそうである。

先に、検索していた過程で見つけたこの記事、インターセラーズ・太陽酒造騒動について一番まとまっているのではないかと思う。私は見落としていたんだが、神戸新聞で取り上げられていた際の記事が転載されていて、これが最も蔵側の主張・実際を示しているものと思えるので要チェックであるが、ここでインターセラーズがスタッフサービスからOGIホールディングスというところに売却された旨が記されている。極端に情報の少ないときには頼らざるをえないwikipediaの「スタッフサービス」の項にはインターセラーズを含めて五社が売却されたとある。で、OGIホールディングのサイトをチェックしてみたんだが関連会社に他のスタッフサービス系だった会社の名は確認できるもののインターセラーズは見つからない。取扱内容である酒蔵再生事業もOGIホールディングスの活動に確認できない。つまり、文字通り消滅しているのである。

一方で、インターセラーズの傘下にあったと認識していた三蔵、静岡の富士高砂、岐阜の千代菊、秋田の阿桜の公式サイトも細かにチェックしてみたが、現在のサイト内にはインターセラーズという言葉、それと関係があったと思わせる残渣すら一切見つからなかった。つまり、インターセラーズとの関係は「消された過去」状態だった。

まぁ事実はどうだったのか、太陽酒造を除いた当事者の声がほとんどない、今後もそれは公には期待できそうにないので闇の中だとは思うが、日本酒業界において自身も酒蔵にも利益となって、日本酒再興という理想も有するという、ウィンウィンで良いことずくめの企業活動を行おうという高い理念をもってインターセラーズが活動していたのだとよしんば仮定したとしても、太陽酒造とのいざこざは正に致命的だっただろう。あの事態を収拾しようとすらしなかったのだから、むしろ消滅するというのがごく自然なことのようにすら感じてしまう。最後に参考ながらかどや酒店さんの太陽酒造騒動の最初の頃に記された記事に、今年の四月に内部告発的コメントが残されていたのが目に止まったのでそれを示しておく。信じるか信じないかはあなた次第なり。もしでまかせでそのように語っただけだとしても、このようなコメントの記載に駆り立てた何らかの要因があったものと私は考える。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
久しぶりに目にしました。
呆れるヤツらですがね、ウサン臭さは当初よりあったもんね。
困り果てた正直な人たちに対し、私心を持たずにアドバイス
してくれる人がいても良さそうなんですけど、みな拝金主義。
ボクらもそうだけど、ちっちゃい会社は、少数精鋭の仲間らと
互いに知恵をつけながら頑張らないとね、生き残れません。
あと、まっとうなタマシイと愛ですよ、あい。

同情は要らん、四の五の言わんと呑んでみんかいって酒を
目指して欲しいし、みんなで支え合ってほしいものです。
2010/11/09(火) 15:35:34 | URL | T.JACK #uJS39ZUc[ 編集]
T.JACKさん
まだはっきりと結果を確認出来ていませんが、業界において一つの教訓となる出来事だったとは思います。いまだ酒蔵廃業の報が相次ぐ昨今、似たようなハイエナ連中が再度現れる可能性もありますし。
一方で太陽酒造はあそこまで追い込まれながら、きちんとした融資を受けて存続出来ているのは、それだけ飲み手の心に響く酒を造っていたからだと。「クールヘッド、ウォームハート」てな言葉もありますが、あふれる情報の何をどう評価していくか、飲み手側もクレバーでありたいですね。
2010/11/09(火) 20:59:57 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
同じ穴の・・・?
現実問題として、同じようなことは今後もあり得るでしょうね。
「は○○○酒店」にせよ、「d○○c○」にせよ、拝金主義のにおいはぷんぷんです。

↑のこめんとに賛同します。
飲み手側の意識も重要な要素だと思います。
2010/11/13(土) 00:56:55 | URL | 和 醸 良 酒 #tKPCyoPY[ 編集]
和 醸 良 酒さん、○せがわ酒店は同系統の番組「カンブリア宮殿」にすでにでてますからねー。せいぜい自身の取扱銘柄を売り込む程度でしょうけど(それにしてもその時に推していた銘柄はヨイショしすぎだったように思います)。

飲み手が、知識・経験・思慮の空っぽなくせにあの辺に乗せられて扇動しだす事例もありますし、その方が問題ですね。
2010/11/13(土) 02:23:12 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。