日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 新参猫
2010年10月26日 (火) | 編集 |
2010年10月25日

とてつもなく久しぶりな猫ネタ。実は一ヶ月ほど前の事ですが新しい子が来た。

ちびくろ

黒い虎柄の♀、大きくなるまではゲージ飼いにすることにしたんだが、とてつもなくやんちゃで猿の如くゲージの柵に上ってキーキーなくものだから「キキ」と名付けられる。決してジブリ作品に因んだわけではないのであしからず。とまれ、我が家の猫は茶虎、鯖虎、黒虎の三匹になりましたとさ。

で、ブログの看板でもある茶虎ゆうきの近況だが、肛門線の破裂をおこしたのでエリザベスカラー装備中。どうにも動きづらそうだが仕方がない。

エリザベスカラー
通称"ジラースゆうき"

ところで、最近あつしの粗相が頻繁に起こる様になったので、以前に一度使用していたことのある猫フェロモンを振りまくスプレー剤「フェリウェイ」(これをかけたところでは粗相をしにくくなる)を行きつけの動物病院で買い求めたところ、現在販売中止になってしまっているとのこと。ネットで調べたところでは農水省の検閲に引っかかっているとか何とか、確たる真相を示すソースは見つからなかったが、現在日本政府の認可がおりずに販売できないというところなのだろう。それはともかく、この「フェリウェイ」を代替する製品も現在日本にはないというので困った話であるが、調べたところ海外では普通に販売している(しかも安い)し、輸入代行業者を通じて購入するなどの方法はある。ヤフオクなんかでも出品されているので購入方法は限られるがそんなに入手困難という状況ではないだろう。それで私はどうしたかといえば、極力中間マージンは省きたいのでAmazon.comで直接購入した。普段から洋書購入の機会が多いのでしばしば利用しているし、試したところ日本への発送も対応可能だった(商品の種類や、マーケットプレイスの各店舗によってアメリカ国内の配送しか対応してくれない場合があるので。ただ、海外配送費はそれなりにかかる)次第である。送料を考慮してもまあまあ安く購入できたが、いかんせん輸送には日数を要するので届くのは少し先になってしまうことが難ではある。

追伸、本日休肝日。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。