日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 大阪北浜「ラ・トォルトゥーガ」
2010年06月30日 (水) | 編集 |
2010年6月29日

友人と晩に食事の約束、フレンチということで連れられていったのが大阪は北浜の「ラ・トォルトゥーガ」、私は知らなかったが、しばしば雑誌などにも紹介されているかなりの有名店の様子、食べログなんぞでも本日この記事を書いている時点で口コミが124件と相当な数に上っている。先に行っておくと、概ね、そこでの評価点と批判点と大差がない印象ではあった。初訪ということでこのお店の空気や間合いを認識していなかった(ついでに事前の予備知識もなかった)ことに起因する問題も多いかとは思うし、それを掴んでいれば良かったということもあるのであえて正直に記しておく。

最初席につき、メニューを差し出されたが料理のモノのみで特に飲み物のオーダーも聞いてこない。「ここはアルコールを提供しないお店?」と思ってしまったぐらいである。この暑さでこちとら早くビールが飲みたい。で、料理のメニュー表も手書きなんだがこれがまた判読不能な文字が多々あり読みにくい。手書きと印字のどちらが良いか云々以前の問題である。友人と解読しながら何を注文するか悩む。その間けっこう時間があったがこちらから声をかけるまでオーダーにはこない。料理のオーダーをした後に、ビールが欲しいということを言ってから友人の分(友人はアルコールがダメ)のためにようやくドリンクメニューが出てくる。普通この手の店だとアペリティフがてらにドリンクを聞いて、それを飲んでいる間に料理のオーダーを考えさせるというのが定石だと思っているので、「メニューだす順番が逆じゃね?」と思ってしまった。この辺の経緯でこういう雰囲気のお店として最初の違和感を感じてしまったが、ビールがハートランドだったので機嫌が良くなる。

その後の料理は良好、取り分け前提で量も多く、味も良い。CPはかなり高い。メインは一皿にしたが前菜とデザートは二皿にしたので満腹状態。友人は「ここの料理は量が多い」とは言っていたが、これほどのものだったのならもう少し減らすか、デザートは後でのオーダーにしておくべきだったとは思う。

ラ・トォルトゥーガ01
お肉のパテとピクルス
ラ・トォルトゥーガ02
手長エビと鶉のサラダだったか?
ラ・トォルトゥーガ03
メインの子羊背肉

お酒はハートランドの後、自分しか飲まないのでグラスで赤を二杯。
写真は全て出てきたままではなく、取り分け後(それも全てを取り分けていない)の状態。ここはよほどの大食漢でない限り一人で来るお店ではない。逆に複数人で来れるなら非常に嬉しいお店である。よくネット上の下馬評で言われているように、確かに次の料理が出るまでに結構時間がかかったが、パンや飲み物はあるのでそれほど手持ち無沙汰な印象はなかった。逆に立て続けに出された方が困ってしまうだろう。むしろこちらの食の進み具合を見ながら次の料理に取りかかってられたという様子は見受けられた。

そんなこんなでデザートまで来る。しかし、食後のコーヒー(カプチーノをオーダー)が出てこない。ここで再びの違和感。「ここはデザートを食べ終わってからコーヒーを出すシステム?」かと思いつつ、アイスなんかも含まれているのでガツガツ食べて、ほぼ食べきったぐらいに遅くなったことを謝りつつコーヒーを持ってこられた。うーん、とかくここは違和感を感じたら突っ込みを入れる必要がありそうである。また、人気店で客足は絶えない(本日のような火曜日で、おそらく予約のみで満席)ということが定着しているからかもしれないが、最初のドリンクの経緯の様に全般的にお店側からのレコメンドが少なく、淡々としているという印象ではあった。まぁ、そういうことを踏まえてこちらの提供内容の良い面を享受する構えで利用するには好適であろうとは思う。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。