日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「立ち飲みスタイルしゅらくざ」に、「水月亭」にと
2010年01月31日 (日) | 編集 |
2010年1月29日

この日は和醸さんと飲み会の約束があり、JR京都駅南側の界隈に。当初はお互いのストックしている年代物の清酒を持ち寄っての「古酒の会」を予定していたが、それは延期となり単純な飲み会となった次第。昨年末に忘年会をした和醸さんのお知り合いの方も交えて賑やかに。

100129酒楽座_水月亭01

先に和醸さんと合流して、酒楽座いのうえさん併設の立ち飲み「立ち飲みスタイルしゅらくざ」にて、ヴェデットの樽生に「紀土(きっど)純米吟醸」、クリームチーズの酒盗和えと共に。

100129酒楽座_水月亭02

全員が揃ってすぐ近くの「水月亭」へ。豚肉メインの韓国系の焼き肉(蒸し豚や生肉も良し)にてがっつりと食す。豚でも新鮮・上質なホルモンは美味いですなぁ。こちらでは生ビールにマッコリを飲む。

100129酒楽座_水月亭03

腹も満たされて再び「しゅらくざ」に戻る。ふとした流れでランビックビールを楽しむ会の様相になる。三種だけとはいえ、一度に味わう機会というのは持ちにくいもので、実に有意義な経験に。

さて、そうこうしている内に「しゅらくざ」の閉店時間となり、もう少し飲もうと近くの居酒屋に(店名は失念)。終電が近づいた時分にお開きとなる。時間が許せばまだまだ飲み続けていたかと(汗)。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こねくろ 様

むむむ・・・  楽しそうですな・・・ ワシも混ぜてほしい・・・

先日、「キュヴェ・ルネ」の赤ラベルを見かけたのですが、新製品の
「クリーク」だそうです・・・

何故ランビックというヤツは、王冠の下にコルク栓が潜んでいるのでしょうか???
妙に小さいコルク、特にカンティヨンのは抜き難いであります・・・
2010/02/02(火) 23:41:28 | URL | タマシロ #-[ 編集]
タマシロさん、ランビックはそんなに飲む機会が
ないので、今回も完全に受動的ですわ。
シャンパンチックなコルク栓はよく見かけますが、
王冠の下にコルクも埋まっているというのは
今回初めて見ました。
2010/02/04(木) 00:15:37 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。