日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 会津娘 本醸造
2007年11月25日 (日) | 編集 |
2007年11月25日

「会津娘」といえば福島県の会津若松にある高橋庄作謹醸の清酒である。こちらは純米の造りに力を入れておられており、「会津娘」といえば純米のイメージを持たれている方もいるかも知れないが、最も低価格にある本醸造も存在し、それについても決して手を抜いていない。添加するアルコールも自家製のものと伺っている。とかくこれを最初に試飲したときは驚いた。一般的に見て“普通酒”の価格であるのにこの風味はなんなのだと、価格設定を間違えていないのかと。

イメージ 1

本日の主菜は湯豆腐であり、それに合わせて主に燗にして頂く。「会津娘」の通常のラインナップである純米酒にも通じる部分もあるように思えるが、とかく柔らかい、優しい米の甘味が感じられる。用いるアルコールの要因か、時にはバニラを思わせるほどなのだが、軽快さと味切れはとても良く、風味の膨らみについてもほどよい。食事と合わせての燗酒という場面でも実に映える。「大黒正宗」とややノリは異なるが、思いこみ・呑まず嫌いで純米onlyになっている人に是非とも呑んで頂きたい清酒の一つとも言える。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。