日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 一年寝かしの「悦凱陣 純米吟醸 興 うすにごり生」
2010年01月27日 (水) | 編集 |
2010年1月26日

いつの間にやら一月も終わりかけ、という気分である。どうにもバタバタな日が続いてはいるが、たいがい飲んでいる。飲まねばやってられんという側面も否定できぬが。

本日、晩酌で頂いているのは表題の通り香川の丸尾本店「悦凱陣 純米吟醸 興 うすにごり生」である。ご存じの方もおられると思うが、これは丸尾本店で新酒第一弾として蔵出しされる仕様である。「うすにごり」と明記され、方ラベルには「活性清酒」とも記されているが、基本的に澄んだ生酒そのものである。以前に伺った話では、絞りたてをすぐに詰めるゆえ、澱が混ざる可能性があるためにそのように表記されているとのこと。

凱陣興うすにごり

これは母親の茶事の初釜用に購入したもので、開栓してから二週間ほど経ている。購入した時点では意識していなかったのだが、新酒(21BY)のつもりで購入したのがよく確認すると、昨年(20BY)のものであった。これは嬉しい誤算、よくぞ一年熟成があったものだと嬉しくなってしまった。最初に味見したとき、思わず適度の熟成による味乗りの素晴らしさににんまりしてしまった。個人的には凱陣の中でもこの興の新酒仕様(うすにごり生)が最も好みであって、今回も正にそう思える。じんわり旨味が染み渡り、さりとて軽快さや涼やかさも伴う。個人的にかなりのヒットですわ。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
味乗り
「悦 凱陣」の味乗り、というのは何となく想像できます。
久しく、粘っこいほどの(?)旨味どっしり系という日本酒からは遠ざかっていますので。

他方で、「さりとて軽快さや涼やかさも伴う」という一文に興味を覚えました。
2010/01/31(日) 16:42:46 | URL | 和 醸 良 酒 #tKPCyoPY[ 編集]
Re: 味乗り
和醸さん、凱陣は寝かした方が良い方向に作用するようには
思いますね。また、価格が高ければ、高精白であれば良いと
いうものではありませんが、凱陣のラインナップで言えば
それだけの意義を感じることのできる一本ではないかと。
まぁ私の好みに因る事ではありますがね。
2010/01/31(日) 21:13:43 | URL | こねくろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。