日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 久々に、ごめんねJIRO
2010年01月22日 (金) | 編集 |
2010年1月22日

本日は天満にて外飲み、ひっさびさに「ごめんねJIRO」を訪れる。このところは飛び込みでは全然入れず、今回はあらかじめ予約をしていたのである。

相変わらず美味いしCPがよろしい。今回初めてドリンクメニューを見た(というか、以前は存在していたか?)のだが、「お酒はそれぞれ一種類しか置きません」といった趣旨の事が明記されている。以前から酒より料理重視という店だと認識していたが、やはり酒について「こんなのを置いて欲しい」という要望が多いのでしょう。それでも酒の揃いは変えないという姿勢にあるというのは今回知ったわけである。そこでふと気になったのが日本酒は何を出しているのかという点、あえて一種類これだと定めているなら何を据えているのか興味がわき、試しに頂いてみた。いわゆる普及酒の雰囲気であるが、それなりにいけるんじゃないか、という印象。瓶のラベルを確認してみると、なんだ、「剣菱」ぢゃないっすか。「剣菱」なら私は全然OKっすよ。

料理は以下のような感じ。大根サラダに前菜の盛り合わせは外せない。

ジロー01
ジロー02
ジロー03
ジロー04
ジロー05


がっつり頂きました。〆にはオムライスにて、ごちそうさまでした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
剣菱、福井では滅多に手に入らないのですよね(汗)。
がっつり系の画像が美味しそうで、この時間には辛いです(笑)。
白岳仙、かの人が★ひとつのわけが分かりましたよ。
冷蔵庫から出して瓶から冷たいまんま、すぐ飲むとさらっとしていて旨味をあまり感じないのです。
あそこまで味わいを詳しく表現している記事を書くなら呑んだ温度にもこだわって欲しいですよね。
最近、妙に大人しい表現になった気もしますがね(笑)。
2010/01/25(月) 00:44:27 | URL | miyamiya@管理人 #R1xVVY3g[ 編集]
miyamiyaさん、大阪の方では灘に近いせいか、
剣菱は百貨店やスーパーでもよく見かけます。
とはいえ、最も印象に残っているのはTJ氏に
お連れ頂いた新橋「つくね」にての剣菱の升酒です(^^ゞ

かの人は、基本的に「きんきんの冷やでしか飲まない」
様ですし(家飲みでも、わざわざ氷ポケット付きの冷酒
カラフェを使っている)、それで「冷えすぎ」とかでケチつ
けたこともありますから、まず馬耳東風でしょう。
大人しい表現になったかもしれませんが、内容に共感
しようがない独自表現の迷走っぷりは加速しているよう
に思いますが(爆)
2010/01/25(月) 23:01:11 | URL | こねくろ@ブロガー個人を名指し批判する変な人 #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。