日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 気がつくと、清酒の在庫が…
2007年11月29日 (木) | 編集 |
2007年11月28日

昨日の話だが、「大黒正宗 原酒」の16BYを呑み切った。大黒正宗は普段からとっかえひっかえ頂いているのであえてこの一本を呑み切ったと宣言する意味も希薄であるのだがね。もう一合足らずしか残っていなかったもので、割水かけた燗にて頂いても有している旨味は遜色無く楽しめる。元々、原酒であるので割水かけて通常の清酒の濃さ・呑み心地になるのは当然の話かもしれないが、濃い状態でも、割水かけても楽しめるというところに懐の深さがあるというものだ。

イメージ 1

ところで、とうとう「大黒正宗」の醸造元である安福又四郎商店の公式ホームページが立ち上がった様子、ご興味のある方はご確認を。

ともかく、昨日に家で在庫していた「大黒正宗」は呑み終えたわけだが、その時点でよくよく確認してみると我が家の清酒の在庫は秘蔵ものを除くと二種計三合のみ、2~3回の晩酌で呑みきってしまいそうな危機的状況まで来ていた。こりゃイカンと、とりあえず未飲の酒蔵のものの一升瓶一本と、試飲して選択した一本(3.5合分を量り売り)を購入した。後1~2本入れておきたいところで、それらはまた追々晩酌で頂いた折に紹介するかと。

そうそう、本日は酒屋にて試飲はしたとは言え、休肝日として晩酌でお酒は無し。試飲の分はどうかお見逃しを。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。