日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 立ち飲みスタイル「しゅらくざ」
2009年11月15日 (日) | 編集 |
2009年11月13日

この日は夕方に京都駅近くにて所用があり、その後に酒楽座いのうえさんに併設されている立ち飲みへと赴く。

こちらの売りはなんと言ってもベルギービールのヴェデットの樽生が一杯500円という激安で飲めることであろう。それ以外の瓶のベルギービールに関しても、実店舗での小売り価格に+100円の上乗せのみで、ほとんどが専用グラスにて提供してもらえる。実に潔い方針である。それ以外にも取り扱われている清酒・焼酎からいくつかピックアップして提供されている。

今回はランビック系の「ティママン・ブランシェ」を頂いた後、大倉本家の「濁酒」、「杉勇 時代(ずだい)などを頂く。

1113酒楽座にて
1113酒楽座にて02


料理の類はいわゆるアテ系が主体にて、食事にはならないが結構ツボを押さえた肴を揃えている。この写真の「クリームチーズと酒盗」は抜群である。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
「ティママン・ブランシェ」
こちらの記事を拝見した当日、私も偶然に「ティママン・ブランシェ」を飲みました。
ランビックといっても異質で、実に爽やかな飲み口ですよね。

また立ち呑みましょう。
2009/11/16(月) 16:06:44 | URL | 和 醸 良 酒 #en9qG856[ 編集]
Re: 「ティママン・ブランシェ」
和醸良酒さん、これはなかなか変わった感じですなぁ。
ただ、原材料は色々入れ過ぎな気が。。。

また帰国後には是非に。
2009/11/16(月) 17:48:59 | URL | こねくろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。