日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 あからさまにみせてはいけない
2009年11月07日 (土) | 編集 |
2009年11月6日

忙中であるが、本日は母の友人の方を交えての飲み会の約束があり、某所での居酒屋に目星をつけてそちらに訪れました。しかし、


おにいさんはおこってるんだよ(石川雅之『もやしもん』第5巻、187ページの延暦寺のお坊さん風)


状態でありんす。なぜか?






入店して通されたテーブル、すぐ隣は先客が居たわけであります。わいわいがやがやとやってはるわけですが、まぁ居酒屋なら別にそれだけなら良しとする。そこで店員さんが「本日は金曜なので二時間制とさせていただきます」、お店も商売なので客を回転させなければいけないので了解する。それなら当然隣が先に出るから少しは静かな状態でいられるなと言うことを見越して、それでまぁ楽しく飲んでいたわけですわ。

ちょうど一時半の経った頃に「ラストオーダーになります」と、二時間制限ならそりゃマニュアルでそうなるわと思いつつ、ん、ちょっと待て。


隣客にラストオーダーをとりにきたか?


最初に「先に隣が出て行く」ということがインプットされていたのでキッチリ意識していた。隣は完全に放置プレー状態だ。どういうこっちゃ?

自分が言うのもなんだが、こちらは料理はガンガン追加する、単価の高い清酒を中心に酒のおかわりも繰り返すで、少々居残っても追加注文するような「上客」であったわけである(実際、注文したであろう)。しかし、隣客はこちらが来る前に注文してテーブルに来ていた料理以上には追加注文せずに追加の飲み物も単発な、明らかにこちらに比べれば飲み食い負けている「下客」なわけである。

もしかしたら隣客は常連かもしれない。こちらは一見である。常連をひいきすること自体は否定しない。それは当然である。しかし、それをあからさまに見せてはいけない。それも、相手は居残っても大して金を落としそうもない、明らかな下客である。


納得いかん。


これで、こちらが飲み食い終わってないのに「そろそろ…」ときたら、「ちょっと隣は?」とクレームをつけかねないところであったが、こちらもガヤガヤした雰囲気に嫌気がさしていたのでにこちらから先に席を立つ。不問にしたが、はっきり言って「二度と訪れません」である。特に信用を置く酒屋さんのイベントに参加されてはったので好意を持って訪れたのにねぇ、第一印象って重たいよ。




帝国ホテルにて


そういう気分も払拭したくて飲み直し。帝国ホテルまでタクシーを飛ばし、上階のラウンジにて優雅にモルトを楽しむ。どちらかというとこういう雰囲気の方が好き。かつてホテルでバイトしていた経験もあるので少々高級なホテルの雰囲気にも全く気負いしないし。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
わかります。
稀にありますよね、そういうの。
お店に期待をしていたのならなおさら腹が立つのもわかります。状況次第ですが、私なら店長を呼んでもらったあとに、クレームをつけると思います。
私は結構クレームをつける方ですが(※もちろん、正当な理由で)、妻などはこねくろさん派で、黙って席を立ち、二度と訪れないタイプですね。
帝国ホテルではメイン・バーが好きです。滅多に行きませんが。
2009/11/07(土) 12:06:37 | URL | 和 醸 良 酒 #en9qG856[ 編集]
和 醸 良 酒さん、どうもです。
そういうちょっとしたところでクダラナイ印象を与えてしまうのってホント損だと思いますね。今回は私が店を選定して連れて行っただけに腹立ちも倍増ですわ(^^ゞ
まぁ大したことではないですけど裏話もありますんでまたメールにて。
2009/11/07(土) 19:39:43 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。