日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 パソコン新調、さつま寿
2009年08月17日 (月) | 編集 |

2009年8月16日

長年使っていた自宅のデスクトップを新調することにした。これまで使用していたのは○フマップのいわゆる本体のみの組立済みパソコン、いまではBTOパソコンというべきか。2003年の夏に購入したものなので、丸6年間酷使したことになる。その間にHDDは二回交換していたりするが、当時としてはそれなりのスペックでCPUはペン4の2.4G、メモリは増設して512MBということもあって基本的に動作自体は特に不満を抱くものではなかった。ただ、これまでOSはW2Kを愛用していたんだが、これがボチボチ時代遅れの様相を呈してきたことがある。新バージョンではXP以降しか対応しませんというソフトがちらほら出てきていることも大きい。これまでのパソコンでもXPは問題なく動作するだろう(VISTAや7はメモリ1G求められるので厳しいだろう、DDRのメモリはもはや手に入りにくいし)が、実は起動時にちょくちょくフリーズ状態で立ち上がったりする(見た目は普通に立ち上がって、その際のメロディも鳴るんだがポインタが出てこずマウス操作が効かない、Ctl+Alt+Delも効かずに電源ボタンを押して強制終了するしかない)ことがあり、どうにも不具合を抱えたマシンではあった。また、近年主流のデュアルコアやクアッドコアのCPUに切り替えたいという欲求や全般的なPCパーツの値下がり状況が見逃せないという感覚もあった。当初は今回こそ完全自作で、と思っていたが、個別でのパーツ購入に比べての価格の安さから今回もBTOパソコンに落ち着く形になった。マウスコンピューターでCPUはコア2クアッドのQ9400(2.66G)、OSはもちろんVISTAビジネスのダウングレード権を行使したXPプロ仕様(身近なVISTA利用者から悪い話しか聞かない)である。XPはもう五年後にはサポート終了してしまうからと現時点で選択するのは愚行だと批判する方がいるようだが、私の場合、五年持てば十分過ぎると思いますがね。もっといえばシステム的にはXPと兄弟ともいえるW2Kにもきちんと対応してくれれば、W2Kは全然現役での運用が可能でありんす。ついこないだまで使っていたので。

すでにXPはDSP版の流通在庫がある程度ですが、先日○フマップのネットストアでのVISTAのDSP版をみてみると7へのアップグレード優待なしのビジネス(つまり、もっとも安価にダウングレード権を行使してXPをインストールできる)のみ売れ切れていたのは現状のXPへの根強い支持を証明しているのではなかろうか。教育機関向けのモデルは軒並みXPへのダウングレード済みで販売されていたりもする。

パソコンを新調した場合、諸々のセットアップやデータの引き継ぎなど、実働に至るまでのそれなりの手間がかかってしまう。それをちょうどお盆休みの合間に当てた次第である。ついでにパソコン周りの片付け、塩漬け状態になっていた映らないCRTディスプレイの撤去やごちゃごちゃになっていたパソコン裏のコード類の整理(スパイラルチューブ型の整理グッズで束ねた)、ついでに部屋自体の整理・片付けにと勤しんでいた。おかげでかなりスッキリしましたわ。新調したパソコンもこのように実働に足る状態に至ったわけである。

実は昨日15日は母方の実家(といっても同じ大阪市内)の方へのお参りも兼ねて晩は外で食事、「天野酒」の山本スペシャルを置いてはったのが嬉しく、最初のビールの後はそればかり頂いていた。もしやと思いお聞きしたのだが、仕入れられたのは都島のSさんでも茨木のKさんとこでもなかったです、はい。

盆休み、さつま寿


本日はパソコン新調と部屋の整理の一段落での晩酌、芋焼酎の「さつま寿」を頂く。私にとって定番中の定番、ゆえに語るべきもなく。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。