日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今年の旭若松
2009年06月13日 (土) | 編集 |
2009年6月13日

随分と更新頻度が下がっているが、すっかり梅雨の季節となってしまっている。本日は晴れた一日ではあるが。

さてと、なかなか口にする段階まで行けなかったのだが、ようやく今年(20BY)の旭若松を味わうに至る。全タンクというわけには行かないが、雄町・日本晴使用で久々に日本酒度がマイナスで仕上がったタンク、それに全4タンクの責め合併である。写真の左は雄町100%のものだが、瓶のリユースでこれに今年の雄町・日本晴をいれてもらったもの。

今年の旭若松


責め合併は面白い風味ではあるが、責めだけに渋味が感じられ話に聞くようにまだまだ若いという状態ではある。今呑むのならやはり雄町・日本晴のタンクだろう。旨味の重厚さ、アフターに至る風味の響きの良さが段違いである。マイナスに仕上げてこその若松の魅力。責め合併は、やはりしばらく寝かしておこ。あ、若松ですんでもちろん常温にて。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。