日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 豊永蔵 自我田、直燗
2009年05月11日 (月) | 編集 |
2009年5月10日

本日も昨日に引き続いての自愛的な休養日、昨日は夕刻に針を打ってもらったりので、それが今日に効いてきて眠い眠い。そんな中で自宅の机周りを整理・片付け、貯まっていた酒瓶のラベル剥がしなどをしていたりしたが、夕刻ぐらいに家にスズメバチが侵入して一騒動。入り込んで居ついた場所の構造上、外に出て行ってもらうのは難しく、全身フル装備(顔面に調理用の金だらいを被ったり・・・)した上でハチに効果的というピレスロイド系殺虫剤(使用したのはアリキンチョール)を直射したら、思いの外すんなりくたばってくれた。ともかく心臓に悪いですわ。

焼酎サーバー

ところで、ひょんなことでいわゆる焼酎サーバーを頂いた。せっかくなので早速使用することにして、「さつま国分 蔓無源氏」(原酒で37度)を約25度になるぐらいで割り水をかけておく。ま、これは一日二日は寝かしてからにしたいので今日はこれまで。

今日の家の整理の中で撮り貯めていたビデオの確認もしていたが、そんな中で球磨焼酎の豊永酒造さんの特集番組(当時の参照記事)が出てきて、それを見てたら無性に球磨焼酎の気分になる。ということで晩酌には「豊永蔵 自我田」を直燗で頂く。

自我田直燗

主菜には辛子蓮根といきたいところだがそこまで即興では難しいので、蓮根の素揚げに辛子をつけあわせて頂いたりした。それにしても、自我田はやっぱりヤバイ。生で直燗しているのに、キツさやエグさはまるで感じられずにスルスルと飲めてしまう。「豊永蔵 常圧」のような飲み応えを期待してしまうとやや物足りないところがあるが、十分過ぎるぐらいに風味を楽しめる。球磨はやっぱり良いっすよ。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/14(木) 16:12:55 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。