日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 会津娘本醸造、呑みきる
2007年12月13日 (木) | 編集 |
2007年12月12日

昨日11日は休肝日にしていた。そのような本日は晩酌を楽しみにしつつ、21時半頃には大阪は梅田の方に戻ってきた。そこからは後はJR環状線で二駅で帰宅出来るんだが、ホームで次の電車を待っていると電光掲示板ですぐ手前まで来ている電車がなかなか入ってこない。こりゃなんかあったかと思えばアナウンス、ちょうどホームで待っている間に人身事故発生で止まってしまったらしい。そうなるとなかなか動き出さないのは分かり切っているので、かなり遠回りで歩かなければならないが地下鉄で帰る。振り替え代行輸送で持参のJRの定期券でそのまま乗れたので追加費用はかからなかったものの、そのおかげで40分ぐらいは時間をロスした。おかげで晩酌にありつけたのは23時頃だった。

イメージ 1

まぁ気を取り直して、主菜はつみれ団子汁といったところで晩酌には福島の高橋庄作謹醸「会津娘 本醸造」を燗にて頂く。一合ほどのみ残っていたのでそれを呑みきる所存で、ちと飲み足らないときは数勺ほど呑めるように「松の司 本仕込」も持ち出す。結果的にはぐい呑みで二杯弱ぐらいは追加した。

この「会津娘」、燗冷ましぐらいがすこぶる滑らかな口当たりで旨味が楽しめる。かなりの低価格で手軽に購入ができるものの、いざ呑みきってしまうとお名残惜しいと思えてしまうところがある。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。