日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 会津娘 純米無濾過 つるし 生貯蔵酒
2009年02月12日 (木) | 編集 |
2009年2月11日

「君は『dancyu』2009年3月号を見たか!?」

昨年の特集に比べると遙かにまともになっている(てか、昨年は漫画家のO氏やF女史の意向を受け入れたのか、偏りすぎであった。おそらく、読者からもやり過ぎだと批判があったことだろう)が、なによりもホッとしたのが本醸造・普通酒特集の復活である。個人的にはわざわざ特集ページを分けずに取り上げれば良いと思っているぐらいである。紛らわしい?、そんなもの、読み手・呑み手が特定名称酒等を理解していればいいことである。「消費者が混乱する」と言ってアル添酒をリキュールにしろという持論を展開される方は多いが、それこそ余計なお世話である。醸造酒の定義など、所詮、人間が勝手に決めているだけである。ひたすら水増しのためであれば批判されるべきものであるが、技術としての、技法としてのアル添の効用が解明されてきた現状であり、アル添と言えば全てが否定されるような唾棄すべきものではない。三増とアル添を一緒くたにした議論はその時点で論外である。

アル添でも、いわゆる本醸造酒やそれに準ずる様な普通酒は、現状では蔵によってかなりの発展を経て、低価格・高水準の商品となっている場合が多々ある。今回の特集で紹介されているものを全て飲んだことはないが、おそらくそのような本醸造の好例であろう。全9本中4本は実際に購入して晩酌で堪能したことがある。本ブログ上でも「東北泉」と「群馬泉」は記憶に新しい。前者は価格・風味のバランス・呑み心地で総合的に素晴らしく、後者は一癖伴うがそこに滋味深さがある。「松の司」は個人的にまたリピートしたい本醸造として強く印象に残っている。そして、私の中で本醸造酒の別格が「会津娘」の本醸造である。「本醸造で一番好きなのは?」と問われれば一瞬「大黒正宗」がよぎるが間違いなく「会津娘」と即答する。傍らに置いておきたい一本である。

ともかく話を戻すと、今回の「dancyu」、「会津娘」の紹介が芳醇純米酒と本醸造の二つに渡っているだけでなく、稲刈り時の高橋亘氏が1ページ丸々の写真にて紹介されており、かなりクローズアップされている。前々から田植えや稲刈りのイベントに参加したいと思っているが、なかなか適わぬことである。そんな「会津娘」を今晩も頂いている。我が家で半年近く寝かしていた「会津娘 純米無濾過 つるし 生貯蔵酒」、地元会津産五百万石100%使用とはいえ、純米規格の精米歩合60%で吊し取りを行う、ある意味贅沢な仕様の限定品である。通例では半年ほど寝かした夏・秋頃に出荷されるものである。個人的に保管していたものなので、おそらく現在市場には存在していないものと思われる。

会津娘つるし


出荷後も半年寝かしていたことも作用してか、風味はまろやかで旨味に溢れている。とはいえ、なにか突出した部分があるわけではなく、控えめな酸味が伴う甘味がさらさらと流れ心地良く舌の上を転がる。燗にするとやや酸味が立つか、その点は食中としてもなんら違和感はない。なによりも、この吊しの仕様が心をくすぐるものである。

にほんブログ村 酒ブログへ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
読みましたぜ
前回の特集の際はパスしましたが、今回は求めました。
ま、感想としては、私としてはまあ有り難い話なのですが、
dancyuは静岡酒が好きですね。それも「喜久酔」と「杉錦」が。。。
2009/02/12(木) 08:27:27 | URL | 太鼓持 #-[ 編集]
読まれましたか!
太鼓持さん、前回は買わないが正解だった
でしょうね。個人的にはdancyuの黒歴史的
資料として保管しております(まぁ、サガですわ)

銘柄の選り好みは雑誌ごとにあるでしょうけど、
静岡酒が毎度取り上げられるのはやはり
それだけの高水準であるからとは思います。
そういえば本醸造では「磯自慢」も取り上げられ
ていましたね。
2009/02/12(木) 13:18:27 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
こねくろさん、こんにちは。
私も会津娘「つるし」のほっとする優しさ、大好きです。
今回のdancyu,テイスターに知人が居り
試飲会の様子を伺っておりましたが
ブラインドテイスティング時の評価と食事に合わせて燗にした時の評価など変化があり、色々意見がぶつかったと聞いております。
結局、雑誌は参考にする程度で
自分で味わうことが大切ですね。
ところで、喜久酔は文句なしの一番だったそうですよ。
2009/02/14(土) 22:02:33 | URL | hawk89 #WxeslfD.[ 編集]
hawk89さん、そうでありましたか。
参考にする程度、というのは正に御意。

会津娘は全般的に支持するところですが、
「つるし」は造りの丁寧さがそのまま酒質に
反映されているように思います。
「喜久酔」はCPの高さからついつい特本ばかり
選んでしまい、特別純米は未飲でございます。
特本から推し量るに素晴らしいものだと想像して
います。
2009/02/15(日) 09:54:51 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。