日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 1月29日、コノスル カベルネ・ソーヴィニヨン
2009年01月30日 (金) | 編集 |
2009年1月29日

亡父の命日である本日、午前中はお寺さんに来てもらっての法事である。平日であったが七回忌にて、ごくごくこじんまりとした法事である。一般的には昼食時に飲酒も伴うものだが、今回は無し。

その晩である。いつもならこのような機会にはちなんだ清酒を頂くのが定番ではあるが、今回は少し趣向を変える。高一の頃に親父が病に倒れたため、一度も酒を酌み交わした経験を持たぬが、唯一といえるのは通夜の晩、最後の別れの晩だからと家にあった頂き物の赤ワインを開栓し、祭壇にも供えてその場にいた親戚一同で相伴したことである。これをカウントすると、父親と酌み交わしたのは赤ワインが唯一ということになる。

あのときのワインがどこの何かはもはや覚えていない(フランスというのは確かだが)。ま、赤ワインというのは確かなので、最近に購入していたCP抜群のチリワイン「コノスル カベルネ・ソーヴィニヨン2008」を頂くことにする。主菜もそれに合わせて欧風に、ローズマリーで香り付けした鶏のローストなど。

コノスルカベルネ

ところで、ワイングラスに関して、いわゆる一般的に用いられている口のすぼまったタイプのグラスが我が家になかった。かつて、親が引き出物で貰ったような口の拡がったワイングラスを飲んだのをブログにupした際、いまや独立してワインショップを経営されている方にその点を突っ込まれたものだ。身近な酒屋さんにも、「ワインを飲むなら先に良いグラスを買うべし」と言われたこともあり、そうなると私は単純にメジャーで確実だろうということで「リーデル」のグラスを購入しようと思ったりした。しかし、「リーデル」はすぐ割れるとの話でどうにも躊躇してしまっていた。それが昨年末に、リーデルでも普段使いで低価格で、耐久性のあるソーダグラスを使ったオヴァチュアシリーズがあることを知り、赤用と白用をそれぞれ買い求めていたのだ。ちょうど楽天上のショップにて一客千円弱、気軽に購入出来る価格だったので買い求めていた。そのグラスが今晩にようやく出番が回ってきたのである。

比較対象として、以前から我が家にあった口の拡がったタイプのグラスも出してみたが、確かに味わいが異なる。ありきたりな話であるが、グラスの口の形状でワインの入って来る流れが異なり、いざ比べてみると口の拡がったタイプでは一気に口内全体(舌の脇の方まで)にワインが行き渡り、余計な雑味や重さを感じてしまう、というのが確認出来る。外で飲むのに比べて家でワインを飲むのはイマイチと感じていたのはそういうことなのだろう。

ともかく、ワインを楽しんだ晩酌。あっと、ワイン自体は日中に仏前に供えていたのであしからず。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コノスルは私も昨年から気に入ってあれこれネットで購入して楽しんでいます。
このワインかの田崎さんも千円以下のワインでは絶賛したらしいですねえ。
先日ブルゴーニュのなんとかという白と比べてこちらの方が美味しかったですから(笑)。
確かに、グラスで味わいは変わりますよね。
田崎さん仕様のグラスを持っているのですがチューリップのように口すぼまりなんですわ。
2009/02/01(日) 23:38:11 | URL | miyamiya@管理人 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
miyamiyaさん、コノスルは人気急上昇というところでしょうかね。
イメージ的には低価格かつ安心して買えるということで、ソムリエ
チックな知識に皆無でも気にならない気軽さが好印象です。

グラスは、清酒やビールの場合でも同様かと思いますが、
形状は大事ですね。なんで引き出物のワイングラスって
どれも口が拡がっているんでしょうかね。。。
2009/02/02(月) 00:19:54 | URL | こねくろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。