日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 大正の一滴 蔓無源氏
2009年01月24日 (土) | 編集 |
2009年1月24日

今週はちと忙しく、ようやく週末を迎えたというところ。平日の間は暦的な気候に外れて暖かかったり、雨が降り続いたりとしたが、週末はグッと冷え込んできている。

晩の献立は鍋物にさつま揚げ、それに合わせて芋焼酎を開栓する。国分酒造の「大正の一滴 蔓無源氏」、現状では原酒での出荷のみ、年一回の限定販売であり、今回のものは平成19年仕込み(いわゆる19BYに該当するか)でつい一週間ほど前に発売されたばかりである。これまで試飲程度はしていたが原酒のみで一升瓶のみの販売ということもあって、いざ購入するのに尻込みしてしまっていたが、国分酒造さんの芋焼酎には高い好感を持っていることもあり(芋焼酎がマイブームで色々な蔵を漁っていた時分に出逢いがあれば、もっとぞっこんだったろう。こればっかりは運や偶然の結果でもあるが)、今回の販売の際には購入してがっつり味わおうと密かに心に決めていたのだ。国分さんの湯割りグラスも晩酌時には重宝しているし。「大正の一滴 蔓無源氏」については公式のURLも参照にされたい。

大正の一滴_蔓無源氏


生(き)で頂くと濃くて爽やかな甘味を感じつつ、全体的に引き締まった印象である。湯割り(原酒であるので薄めに4:6)にすると荒々しい芋臭さが全開になってしまうが、そういう芋臭さを楽しむ分にはありかと思う。むしろ水割りやロックの方が甘い風味を楽しむのに好適かと思う。バニラ様の香味を感じられて、実に好ましい。今後、25度程度に割水をかけ寝かしたりして堪能していきたいと思う。

ところで、先ほどブログを確認したら私が購入した酒屋さんでは本日で完売されたらしい。今回のものは出荷量も少ない様子だが、同じ原酒を割り水したものを今秋に発売予定とのこと、蔵元謹製での加水バージョンもそれはそれで興味深い。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こねくろ 様

ワタクシが行かぬ間に入荷し、終了しておりました・・・ 残念無念雨霰・・・
しかし、ある意味更に希少な「蔓無源氏 芋そのもの」が手元にあるので、
こやつめに焼きを入れて憂さを晴らそうかと思っております・・・

ところで、我が本家に○○○○○がゴチャマンと存在しておるらしいのですが、
どーやって視界から消えて貰えば良いのでせうか・・・ 実際に「使われていた」
モノの様であります・・・
2009/01/25(日) 23:08:50 | URL | タマシロ #-[ 編集]
まいどです、タマシロさん

あらら、それは残念。。。しかしまぁ、この芋焼酎熱が
冷めてきている現状で、一週間足らずの間に完売して
しまうというのは国分さんの底力というところでしょうかね。
先週買いに行ったときも、私が居てる間に、予備知識無しで
その場で試飲して選んだ人も含めて、3本ぽんぽんと
売れていきましたしね。

本家というと、あっち方面のアイテムですかね。
一度ツアーを組んで行きたいものです。。。

私信:ところで、以前、H急A駅近くにB娘を扱っている
お店のことをお聞きしたと思いますが、そこって商店街
の中ですかね? こないだ探してあの辺をうろついたの
ですが該当するお店がみつからなくて。。。
2009/01/26(月) 09:15:00 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/27(火) 19:52:58 | | #[ 編集]
タマシロさん、レス感謝致します。

後半の件も含めて、またお話出来ればと思います。
2009/01/28(水) 09:04:54 | URL | こねくろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。