日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 年末も迫りつつ、「黒龍 垂れ口」
2008年12月26日 (金) | 編集 |
2008年12月26日

昨日は呑みに行ったんだが、すっかり写真を取り忘れてしまったのでそのまま流してしまった。すんません、Kさん。

本日は家呑み、福井の清酒「黒龍 垂れ口」、こちらの本酒造年度の新酒第一弾というところで、私が頂いているのは特別な樽酒仕様、二日ほどの樽日数にて程々の杉の香が伴い、これが絶妙なアクセントとなっている。
黒龍垂れ口樽酒2


樽酒の鏡開きと言えば新年の恒例だとは思える。個人的には年末年始ひっくるめてのこの季節に似合うものだとは思うが、年末の内に樽酒を頂くのは何とも世間に先んじている様な感覚があり、それが妙に優越感につながってしまうものだ。

杉の香りがまず来るが、新酒の瑞々しい甘いメロン様の香味が爽やかで心地良い。さりとてボディはしっかりあり、後口にかけての風味の膨らみに一口ごとの充足感を感じる。今回は一本ぬる燗にもしてみたが、これがすこぶる良い。丁度良いぐらいの風味の膨らみであり、新酒・生酒に伴いやすい麹臭さが(厳密には出ていたと思えるが)くどく感じないぐらいで留まっていたのだ。本日の冷え込み(大阪でも雪がちらついていた)にこの燗酒はありがたく。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
確かに。。。3529
>新酒の瑞々しい甘いメロン様の香味が爽やかで心地良い、、、
もう、思い出しただけでも飲みたくなる心地良さです。
私も大好きな垂れ口、喜んでもらえて嬉しいです(笑)。
燗ではほとんど飲んでないので今度は燗でいきたいです。
2008/12/30(火) 23:42:01 | URL | miyamiya@管理人 #-[ 編集]
miyamiyaさん、素晴らしいですね、これは。
ぬる燗にすると実に甘露なものでした(^^)
2008/12/31(水) 12:49:19 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。