日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 年末も差し迫りつつ、樽酒バージョンの「黒龍 垂れ口」
2008年12月21日 (日) | 編集 |
2008年12月21日

iPhoneの話題ばかりで晩酌ノートおざなりになってしまっているが、その間も呑んでいることは確かだったりする。その辺はまた取り上げることがあるかもしれない。だが、今回は本日の話題のみ。

本日は年末の楽しみの一つ、M1グランプリの放送、今回の中での島田紳助氏のコメントに近く、殆どがオモロイ漫才を披露してくれて実に笑かせて頂いた。以前の○イズン○ールズ○ンドとか、○鳥とか、全く笑いのツボが見いだせないのに連続出場していた(過去の成績で底辺固定であったのが物語っていよう)、固定ファンによる出来レースでかろうじて決勝に残った、というだけの組があまりいなかったのが今回実に素晴らしかった。

黒龍垂れ口樽酒



さて、昨日は休肝日にしていた。おそらく本年最後の休肝日だろうと思う。本日はM1を鑑賞しながら、造り主体の晩酌、頂くは福井の清酒、黒龍酒造の本年新酒「黒龍 垂れ口」の、特別な樽酒バージョン、個人的に購入した中では本年の最初の新酒でもある。

新酒のフレッシュさにメロン様な甘い香味が心地良いが、それに加えて杉の樽香がアクセントになってすこぶる美味い。冷やのままで杯を重ねて二合ほど頂いた。

にほんブログ村 酒ブログへ


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
私は昨夜は同じ黒龍でも「九頭龍」の吟醸の方をいただいていましたよ。
大吟ではない方です。
燗専用酒ですが、なかなかの完成度でした。
2008/12/22(月) 07:45:43 | URL | 太鼓持 #-[ 編集]
太鼓持さん、「黒龍」が被るとは奇遇ですね(^^;)
もちろん、これまで幾度となく頂いたことがありますが、
家呑みで頂くために購入したのは実は初めてだったり
しますもので。。。

私も「九頭龍」は純吟の方を一度頂いたことが
ありますね。あれを呑んで「燗酒は苦手」という
人はほとんどいないだろうなぁと思わせる完成度
は感じました。
2008/12/22(月) 12:53:19 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。