日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 iPhoneに機種変更 (1)導入編
2008年12月16日 (火) | 編集 |
2008年12月16日

また、結構更新が空いてしまった。師走ということでなにかと忙しいということもあるが、ビール以外に晩酌で自分的にそれほど目新しいお酒が登場していないということもある。それに、忘年会シーズンのまっただ中なれど、特にそういうこともなく、先週は家呑みが続いている。今週も一日だけ入っているくらいだ。

ま、呑みの話題と関係なしで、先週のこと、11月までの多忙が一息ついたところで、無性に携帯電話の機種変更をしたい欲求に駆られてしまった。というのも、これまで使っていたのは2006年9月のヨーロッパ調査旅行に際して、当時のvodafone(現softbank、旧J-Phone。ちなみに、私は関西デジタルホンの時代から使っております)の3Gで海外ローミング対応に切り替えるべく、契約変更も含めて3G機種を買い求めたことにより、かなりの型落ち感、旧式モデルを我慢して使っている状況だったからだ。機種変更するべくのこの辺の下調べなどに、先週の空いている時間は費やしていたわけだ。で、先に言ってしまうと、iPhone(8GBモデル)への機種変更に至ったのだった。

元々、当時のvodafoneを使っていたことからそのまま3Gに契約変更したという経緯であったりする。それまでシャープ製の携帯端末を用いていたのだが、その時のショップの在庫との関係から東芝製の904Tを選択し、これまで至っていた。この904T、ご存じの方もおられるかもしれないが、当時のvodafoneの提供する携帯端末2006年春のモデルで、3G系で国際ローミング対応でかつ、当時の大半のケータイで出来る機能(音楽プレーヤー、おサイフケータイ、GPS、3.2メガのデジカメ等々)を併せ持つというなかなかのハイエンドモデルということでこれに落ち着いたのだが(ともかく調査旅行前のバタバタで、ともかく国際ローミング対応機種に変更するということが優先した)、当時のそれまで使っていたシャープ機と比べて、操作感の悪さや設定の不親切さ、遊びのなさには閉口ものだった。また、異常にサイズがごついのだ。特に分厚い部分は3cm近い。昨今の折りたたみ/スライド携帯の倍近い分厚さである。細かい不満を挙げていったら切りがないが、こういうものだと慣れてしまえばどうってことはなくなったし、おサイフケータイは便利だと感じて結構使っていた。

ただ、どうしても不便だと感じていたのはインターネット接続、ちょうどフルブラウザに対応する間近ぐらいの機種だったので、一応は一般のホームページも閲覧出来るが携帯用に変換された形でしか閲覧できない。いや、別に携帯でネットサーフィンをしたいと思っていなかったのだが、特に出来れば良いなと思っていたのが普段使いのパソコンメールのチェック、ある時期から私の利用しているメールのプロバイダ(NTT系の某大手)がようやくYahoo携帯からもオンラインチェックが可能になったりはしたのだが、そのチェック画面がやたらストレスが溜まる、なにしろ、メールボックスでのメール一覧がタイトルのみでそれも最初の10文字程度しか表記しないものだから、それが何時、誰からのものかがその画面ではさっぱり解らない。タイトルにしても、場合によってはRe:~と返信の形で同一タイトルでやりとりする場合が多々あるので、それだけみてもすでにチェックしたものか新着したものかの判別がつかない。いちいち展開して、またいったんメールボックスに戻ってと言うのは何ともまどろっこしかった。世にインターネット対応の携帯が一般化している昨今で、この点が非常にストレスを感じていたわけだ。

それでも、二年は使い切らねば料金が高くなるということから、“忍び難きを忍び”続けていたわけだ(ちょうど高機能化と端末のごつさの関係を表す曲線が最も頂点に達した時の機種、とも言えるので、なんか人前に晒すのは恥ずかしいという感覚があったのは確かだ)。それがまあ、今年の9月ぐらいには目出度く二年を超え、その頃の多忙からすっかり携帯には気が回らずにここまで来ていたのが、12月に入って以降に携帯機種変更に気が行き、そう思い出すとすっかりその気になったという次第、当初はこれまでのサービスが継続出来て、かつインターネット閲覧やパソコンメールチェックに対応した機種を考えていた。そのため、おサイフケータイは必須かなと考えていた。しかし、しかしである。どうにもiPhoneが気になってしまった。実際に店頭で触ってみてその操作感に惹かれたということもあるが、ネット接続等に関しては無線LAN接続ができ、なおかつ全国のヤフーBBのアクセスポイント(JRの主要駅か、マクドぐらいしか該当しないが)が無料で利用できるということに関するメリットが大きい。ともかく、携帯のパケット通信はやたら料金がかかる。この頃、パソコンでは容量や時間に関係なくネット接続出来る状況を考えると“搾取”と言っても過言ではない通信代の料金設定が携帯で存在している。少なくとも自宅にいる間だけでも無線LANを利用出来ることのメリットは大きい。Gmail等のフリーメールにもメーラーが対応していることも大きい。そういった点でのメリットは実に魅力的だったのだ。それに、現状では端末にかかる費用も意外なほどに安いと感じる。8MBモデルの場合、分割払いでの割引適応すれば三万円程度(機種変更でそれまでの機種を2年以上使用で、24ヶ月払いで月1,280円)、これは丸一年前の2007年冬モデルの型落ちAQUOSケータイ(SH920)の現状の価格と同一である。また、iPhoneと同様のタッチパネル型でsoftbankの現行ハイエンドモデル、SH931で価格が24ヶ月払いで月2,480円(機種変更、二年以上使用の条件)と倍近い価格差であることを考えると、いかに選択肢の中で安めの機種であるかはわかるだろう。機械自体のコストでは、むしろ現行の選択可能なモデルの中で安い部類に入るといえ、当初感じていたその点での敷居の高さはなかったのである。

次に考慮しなければいけないのは、iPhoneとこれ以外のsoftbank携帯端末との契約形態および機能面の違いだろう。契約形態の変更で特に大きいのはメールアドレスの変更、この点での煩わしさは最も躊躇する理由にもなったのだが、番号ポータビリティで携帯会社を乗り換えた場合も同様の事態になってしまうこともあり、その煩雑さはやむを得なしと受け入れることにした。

機能面での差異、これはよく言われていることだが、日本の携帯で一般標準化している機能の有無という点でiPhone批判の理由にもされているように思える。ただし、ネット上で散見されるリリース当初のiPhone批判記事の多さには閉口する。一定程度、参考になる部分もあるが、勢いでiPhoneを買ってしまったがあまりにもこれまでの携帯と違うという不満を爆発させた恨み節のような記事は情報公害にも等しい。単なる操作性や特徴の違い、パソコンチックな特徴に対して、悪意をこめて無理矢理に批判へ結びつけているような節が多々ある。携帯電話の機種は一度購入すれば、数年程度とはいえ肌身離さず持ち続けるパートナーであるわけなので、良いも悪いも受け入れた上で付き合っていくのが本来ではないのかと思える。どんな機種にしても、100%カスタマイズでもしない限りは、全く不満点がないことなどあり得ない。

私にとっての一般的な日本の携帯との違いについていくつか、第一におサイフケータイ(ICチップによるサービス)がない点である。実際、私はこれまでこの機能を使ってきたので、当初はこの機能を有する機種であることを条件として考えていたのだが、突き詰めて考えてみると、携帯で必ずしもこの機能が使えなければいけないのか、ということでは必ずしもない、という結論に達する。これまでICの機能を使っていたサービスは電子マネーのEdyと、ANAのマイレージ機能の二つである。この二つの機能に関して、ANAからIC機能(Edy含む)付きのマイレージカードが発行されているので、パソコンと連携すればこれまでと遜色なく利用出来る(Edyが携帯操作のみでチャージや残高照会出来たのは確かに便利だったが)ということがあり、必ずしも携帯に付随していなければならないということはない。

第二に、カメラの機能が低い、動画もとれないと言う点、私は始めから携帯カメラに期待もしてません(デジカメを使うと割り切っている)が、何か?

第三に、メールの着信通知が画面表示のみとか、設定が面倒とか言う点、そもそも発行されるメールの性質上、携帯のメールというよりもパソコンのメールのそれに近いのだから、パソコンのメールという風に考えればなんら遜色はなかろう。発行されるメールは着信すれば即時で画面表示が出るのだから、急な連絡を取り逃がすということは考えがたい。また、最短で15分毎にしかGmail等のチェックの巡回をしてくれないという不満に対して、そこまでして病的にメール着信を求める必要ってあるか?

ともかく、機能面の差異で細かいことを言い出したらそれはいくらでも出てくるだろうと思える。また、保証のアフターサービスの違いやバッテリーを自身で交換できないといった点は大きな不満点であることは確かである。しかし、それらの煩わしさを大きく見積もったとしても、それを補ってなお余りある魅力・機能面での良さを感じた次第である。それは実際に入手してからも実感している次第である。

この件、書き始めるとあれもこれもと話がふくらんでしまうので、今回はここまで。次回に続きます。次回はそれこそ個人的な日記みたいな内容(13・14の土日の話)になりますのでご了承をば。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
大きなご決断をされましたな。(^_-)-☆
オブジェとしての色っぽさは最高ですね、あれは。
ネット接続がバチバチ切れるという噂がありますが、どうでしたか。

そうそう、お財布ケータイといえば、
先日Suicaにチャージしようと思ったら、年会費千円取られましたよ。
クレジット入金や履歴確認できるフル機能には年会費がかかるんですね。
思わず払ってしまいましたが、サギみたいなものですな、あれは。

iPhone、後日ご利用感想をぜひ。
特に「後悔情報」も歓迎です。(^O^)
落とさないようにお気を付けください。パネルから落ちたら悲惨そうですし。
2008/12/16(火) 11:35:28 | URL | 太鼓持 #LbmlDI2w[ 編集]
太鼓持さん、まさに清水でしたよ(^^;)
現状では楽しく、快適に使っているという感じですよ。
3G回線や外での無線LAN接続での場合は
よくわかりませんが、家で使っている分には
特にそういう問題は感じておりませんわ~

Suica(モバイルSuicaですよね)は、それだけ
で年会費かかるんですか!? どうも「携帯で
出来ます!!(あるいは、携帯はこんな事が
出来る!!)」という付加価値だけであれこれ
課金してくるのが日本のケータイの悪習に
なっているように感じております。そういう点、
iPhoneではパソコンの延長線上という感じで
自由度が高く、これまで感じていた縛りから
解放されたように感じております。たとえば
“着うた”なんか、iTunes上の操作だけで
手軽に自分の好きな曲をCDから取り込め
ますんで、情報料もパケット通信料も
関係なし(^^)v
※追記および修正、調べてみたら従来の携帯
端末でも複数のツールを使用してパソコンから
自作着うたの作成が出来るみたいでした。
全然知らんかった。。。

そうそう、破損に関するリスクが高いのが最大の
難点だとは思います。とりあえずソフトなシリコンケース
を装着してますが、耐衝撃性を考慮してポリカーボネイト
のハードなケースにしようかと思案しております。
2008/12/17(水) 09:27:06 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。