日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 プレミアムモルツ 黒
2008年12月09日 (火) | 編集 |
2008年12月9日

実に一ヶ月ほど前からのことであるが、店頭で見かけるようになって購入し、すっかり気に入っている大手国産ビールがある。それはサントリーの「プレミアムモルツ 黒」だ。

プレモル黒


これは元々、プレゼントキャンペーンでのみ入手可能な景品として登場し、昨年頃に期間限定で発売されたように思う。その際の印象ではプレモルの持ち味である強いホップの香りがシュバルツ/デュンケル的なローストされた香ばしさの中で浮いていた印象があり、どうしてもイマイチ感が拭えないでいた。それがである。近頃に再び販売が開始されたらしく、一月ほど前にコンビニに並んでいるのを見かけ、なんとなく購入して頂いてみたところ、以前のイマイチ感がすっ飛んでしまった。プレモルの持ち味であるホップの香りがロースト感にやたらマッチしているのである。マイナーチェンジをしたのだろうと推察されるぐらいに、以前に感じた不満が改善されていた。現状の大手国産のシュバルツ/デュンケル(これはシュバルツというべきでしょうかね)系の中でダントツで繰り返し頂いている。ホント、可処分所得が潤沢であれば、店頭のそれを買い占めたい衝動に駆られるぐらいなのだ。

1209侍士の門

本日もそれをまず堪能した上で、食中には鶏の唐揚げと合わせて芋焼酎「侍士の門」、ハレの範疇の焼酎として、銘酒だとつくづく思える。

にほんブログ村 酒ブログへ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。