日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 東北泉 本醸造辛口
2008年10月23日 (木) | 編集 |
2008年10月23日

晩酌の主菜が鮪や鯛の刺身だったことから、海に近い蔵の清酒を頂く。先だって予告した本醸造三種の第二弾、山形県の高橋酒造店「東北泉 本醸造辛口」を開栓した。
東北泉 本醸造辛口


実は恥ずかしながら、東北地方には足を踏み入れたことが無く、地理感が全く無い。どちらかと言えば山が多い印象があった故、この高橋酒造店も内陸にあるようなイメージを勝手に持っていたが、地図上では海沿いと言える立地にありちょっと驚き。

ちょっと余談になるが、酒蔵の立地を確認する上でGoogle Mapが非常に便利だなぁと実感している。なにしろ、その酒蔵名(社名と言った方が正確か)で検索かければ即座に蔵の立地が確認出来る。その地の食材を考察する上でも非常に参考になる。今回の高橋酒造店の立地もGoogle Mapのおかげで実感できた(似た屋号も複数存在するので、山形県の、という念頭で検索する必要はあるかと)。

いざ、今回の「東北泉」を頂く。これは一升瓶で1,700円台で、おそらくこちらの最低価格のラインだと思う。辛口と言っているが、冷やで頂くと結構に甘味を感じる。後口は言うだけあってかなり切れ、燗づけるとまさしく“辛口”というにふさわしいぐらいに軽快にするする呑めてしまう。開栓当日故の感想かもしれないが、燗の方が軽快に感じるのは興味深く、同時に飲み飽きない普及酒としてのノリに一切の不満が出てこない。個性的では無いが、CPの高さはかなりの水準かと思える。

東北泉 本醸造辛口 肩ラベル

最後にもう一つ余談、いちいち瓶に“辛口”とか書かれるのは好きでは無く、今回のものもあえて書いておかなくても…という気がある。しかし、色々と調べていると、「本醸造甘口」のラインもあるらしい。そこまでされてるとぐうの音もでませんわ。

にほんブログ村 酒ブログへ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
チョイス絶妙
群馬泉といい今回といい、チョイスが絶妙ですなあ。
大いに支持するところです。

しかし、東北に行ったこと無いなんて珍しいね。
平野もいっぱいあるで、荘内とか。クマソちゃうで。
2008/10/24(金) 08:53:53 | URL | 太鼓持 #-[ 編集]
太鼓持さん、なかなか良いでしょ! このチョイス(^^)v
実の所、前々より特に呑んでみたかったのがこの東北泉
の本醸造だったんですわ~。

どうも今のところ東北に縁無しなんですわ。北海道は
二度ほどあるんですが、どうしてもずっと関西にいると
いうこともあるかと。

クマソ、最初は「流石に九州とは混同しませんぜっ」って
なところでちんぷんかんぷんでしたが、どうやら某社の
社長による有名な失言が元ネタっすね(^^ゞ
2008/10/25(土) 01:28:52 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。