日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 キタ━(゚∀゚)━!!!!! 本醸造ばっかwww
2008年10月11日 (土) | 編集 |
本醸造三種


やっと来た! 一升瓶の入った宅急便。
ネットで発注してからドキドキしながら待ってましてん。
中身? そりゃあんた、全て一本2k円を下回る本醸造ですわ~。
3本買って、送料込みで6k円ちょっと、安っ!!!

基本的に酒は店頭購入したいタチではあるんだが、全国に散らばる数多の清酒蔵の「普及酒」はその地元でないと入手が難しい場合が多々あり(中には、地元県内にしか出荷しないという方針の蔵元さんもいてはる。国産大手のビールで言うところの「サッポロクラシック」をイメージするとわかりやすいか)、そのような条件下にあっては流通網やネットワークの整備が実に有り難い。その恩恵を受けるべきところでしょう。ま、感情的な好き嫌いはありますが、何でも使いようだなぁと、そういう前段階の引っかかりでその酒を愛でることが出来ないというのは突き詰めると不幸な話であるわけだし。

ここで使っている「普及酒」という言葉、Google大先生にて完全一致のキーワード検索をかけると429件は引っかかる(2008年10月11日現在)のでそれなりに使われることがある言葉であるが、一般化して共通認識された言葉では無く、特に意味が確定しているわけではないだろうと思える。

私が文中で用いる際の「普及酒」の定義は以下の通り。
「特定名称酒か否かに関わらず、一升瓶換算で2,000円前後かそれ以下の清酒であり、特にその酒造家のラインナップの中で最も低価格かつ地元の呑み手の定番としての地位にあるものが該当する」

似たような字面の言葉に「普通酒」があるが、これは「特定名称酒以外の清酒」を指す言葉として意味や定義が明確に定まっており、上の定義に該当する清酒は世に多いのだが、意味は全く異なる。また、上の定義に当てはまるものに「本醸造」や「純米酒」といった特定名称酒の場合も多く、「普及酒」と「普通酒」を同様の意味で用いるのは不正確である。今回取り寄せたのも全てその蔵の最も低価格のラインナップ(と思える)ものだが、全て「本醸造」規格である。

兎にも角にも「本醸造」か、それに準じる「普通酒」がこの領域でのメインアクターであり、それらの酒は清酒を楽しむ中における一つの趣向として実に好きだ。だから純米だけが好きな方、アル添酒の廃絶を望む主張や活動は自重して下さい。はっきり言って迷惑です。本醸造系の普及酒が楽しめなくなる。「代わりにその価格帯の純米酒を提供している事例が多いではないか」という意見もあるかもしれない。確かに私自身、「普及酒」に位置する純米酒をいくつも頂いているし(現在、家に在庫のある「金鼓 山廃純米酒」は正にそれに該当)、その価格と風味に関する努力に敬意を払うと共に楽しく呑んでいる。しかし、私にとっては純米系と本醸造系はそれぞれ別次元の楽しみなのだ。「純米酒」は「本醸造」の代用たり得ないし、その逆も然り。

ま、しばらくはこれらの本醸造を楽しみまっせ~。ちょっと継続的(断続的?)に各地の「普及酒」や、その蔵の銘柄自体は馴染みがあるが身近にはなかなか出会えない「本醸造」のラインを愛でる機会は持っておきたいと思う今日この頃。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
同感です。
極めて同感です!
アル添酒廃絶なんて 寂しい限りで・・・

個人的にも 2千円後半~3千円以上の酒を
そうそう続けて呑めるほど余裕は無いわけで
低価格の美味なもの探し・・・も 
これまた楽しい飲酒ライフになっています。


2008/10/14(火) 10:04:46 | URL | tetsu4200 #lq7dnfrU[ 編集]
tetsu4200さん、はじめまして。
ご同感賜りまして恐縮の限りであります。

純米かどうかというのは二の次で、
ハレの酒とケの酒のそれぞれを楽しめる
というのが幸せな事かと存じます。5
2008/10/14(火) 23:37:01 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
同じく同感です。
画像中央、なぜぼかしを入れているのか謎ですが、すぐにわかりました(笑)。私も先日、某百貨店で、(konekuroさん的にはNG)の「池田酒」普通酒を購入しました。最近、糖添加を止めたようです。で、価格は1700円弱。いいですよ。
2008/10/15(水) 14:30:57 | URL | 和 醸 良 酒 #en9qG856[ 編集]
和醸良酒さん、それはあれですわ、わざわざ「生酉元流」と入れているのは特徴的と感じたからですが、そもそも全てが特徴的ですわね、その辺もこの蔵は興味深く(^^)

ほ~、とうとう糖類添加を止められたのですね。よっぽどのことが無ければ、と思ってましたが、いずれは見直してみたいかなぁと。
2008/10/16(木) 01:33:50 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。