日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ナギサビール PaleAle
2008年09月26日 (金) | 編集 |
2008年9月24日(upが遅くなって申し訳ない)

どうにも晩酌の話がおざなりになっている昨今、腹立ちが多い分、そんなのを忘れるかの如く晩酌するのが健全であるんだが。

少し振り返ると、22日の月曜はとある送別会にて、チェーンの居酒屋にて飲み放題コース、瓶ビールぐらいしか呑むものが無いので瓶ビールばかりを頂く。一番絞りかクラシックラガーが選択でき、全体は一番絞り、私は途中から熱処理ビールをとことん味わっておこうとクラシックラガーに移行、中瓶で丸々4本は呑んだ。一番絞りと合わせて3Lはビールを呑んだか、清酒で換算すれば原酒系を五合程度呑んだぐらいのアルコール摂取、さすがに翌日はちとしんどかった。

ということで、23日は休肝にしておいた。そうなればと久々にちょっとだけ気を入れてカレーを調理。やっぱりあれですなぁ、ガランマサラは炒りたて擦りたてが一番ですな。

カレー0923

基本的にカレー大好き人間であるので、一度に鍋一杯に仕込んでしまう。本日24日も当然にカレーを食す。というか、一度出来れば2~3日は食べれなければ満足が出来ん。とはいえ、休肝明けで酒を呑まないのはあり得ない。なので、ビールぐらいは頂く。

ナギサビール

頂いたビールは、一ヶ月ほど前に行った白浜にて弾みで購入していた地ビール、ナギサビールのPaleAle。アメリカンウィートとの2種類で、アメリカのクラフトビールのイメージであろうと思える。白良浜までのバスに乗っていたら醸造所の前を通りかかったので窓から外見を撮影。

ナギサビール工場

風味の印象は名や見た目に違わぬというところ、カスケードホップの華やかな香りが明確に感じられるし、ペールエールでも完全にアメリカのノリだ。ビーチで頂いていたら白浜の地ビールとしての魅力が見えたのかもしれんが。

にほんブログ村 酒ブログへ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。