日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 特定名称酒と原料米
2008年09月22日 (月) | 編集 |
前回の記事で投げかけた一言、意味する所は要するに、清酒の特定名称酒の要件として原料米が「2等以上の国産米である」と断言してしまっている痛い酒販店がいて、それの情報にだけ依拠して好き勝手述べているもっと痛いブロガーがいたりして、あまりのいい加減さに腹立ちを隠しきれなかったわけですわ。

酒販店がろくに調べもせずに書くのは甚だ論外なんだが、いちいち揚げ足取りをしようということはない。ただ、先の記事でああ言った以上、ここで実際の法制度の基準の内容について触れておきたい。特定名称酒の基準を定めるのは「酒税の保全及び酒造業組合等に関する法律」(「酒税法」と密接に連関する法律ではあるが、「酒税法」では無い)の第86条6第1項に基づいての国税庁の告示である「清酒の製法品質表示基準」であり、原料として用いる白米については次の通りにある。

「白米とは、農産物検査法(昭和26年法律第144号)により、3等以上に格付けされた玄米又はこれに相当する玄米を精米したものをいうものとする」

とりあえず、これをどのように解釈したら「2等以上の国産米」と読み取ることが出来るんでしょうねぇ。もしかしたら3の数字に反応してアホになってしまったのだろうか。

仮に、2と3を打ち間違えたという単純なケアレスミス(文章内に複数回出てくるが)、もしくは単純な数字の覚え間違い(書くときに資料を再度チェックするのは最低限のマナーだと思うが)と、善意的に受け取ったとしても、国産米に限ると断言しうるかどうかの疑問が残ってしまう。上記の基準の該当箇所だけではどちらとも判別出来ない。こうなると農産物検査法の内容や、等級制度についても確認しないといけないわけで、(個人HPはやたらヒットしますが)ようやっと農産物規格規定まではたどりついて、等級の内容や醸造用玄米(一般的には酒造好適米)など、大元の規則ではどういう内容であるかは確認したが、実はそういう回り道をせずとも、答えは「清酒の製法品質表示基準」のこれまでの改正内容を確認したら明記されてましたわ。それが端的に確認出来るのは国税庁の毎年発行している『酒のしおり』かと思える。その『酒のしおり』、最新の平成20年3月版ではすでにわかりきっていることであるためか、説明が曖昧なんだが、平成12年2月版をみるとはっきりと書いている。→該当箇所

「清酒の製法品質表示基準」の告示は当初、平成元年11月に出されたものである。それが平成9年2月に最初の改正が成されており、その際に3等以上の格付けに相当する外国産玄米を精米したものについても使用が認められる旨改正されている。それは現在でも特に撤廃されていることも無いので、外国産米を特定名称酒に用いること自体は可能である。つまり、当初は国産米に限定されていたのかもしれないが、現状では特定名称酒の原料は国産米に限定されないのであり、国産米であろうと外国産米であろうと、とにかく等級が付くような品質(破砕米が多く混入するようでは等級はつかない)であることが原料米の条件となる。「特定名称酒に国産米を用いている」というパターンは実際に大半を占めていると思うが、「特定名称酒だから国産米を使っている」というのは現状の規定上、判断は出来ないのである。

個人的な感想として、確かに特定名称酒に外国産米も使用可能となっていることには疑問は残り、これは影響力の大きい酒造家の移行が反映された政治的な意図での改正でなかろうかと思ったりするが、情報や制定されている規則を勝手に曲解したり、筆者の不手際でウソを流したりすることは可能な限り回避する必要がある。また、今回のように特定名称酒に依拠し過ぎる傾向や、その内容を批判する意見、蔵元による特定名称の付け方に噛み付くクレーマー等も散見されるが、単なる目安に過ぎないものに振り回されている事の方が馬鹿げているのではなかろうか。かくいう私もこのような記事を書いている時点で同じ阿呆であろうが。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
帰国後の日本のニュース報道はどれも呆れるばかりで、「同じアホなら飲まにゃきゃ損損」精神で、日々飲んだくれています。件の“痛い酒販店”、すぐに‘特定’できました。
お酒も酒屋も、選ぶのが難しい時代になりましたね。
2008/09/23(火) 02:14:23 | URL | 和 醸 良 酒 #-[ 編集]
正しく御意ですねぇ、和醸良酒さん。
しかしまぁ、今回の事故米の件で、「墓穴を掘る」とか、
「馬脚を現す」といった表現がぴったりな酒販店が多い
ようにも思います。それなら静観しときなはれ、って感じの。

件の酒販店、よくご存じのお店かとは存じます。
取扱の銘柄や色々な企画を拝見していると決して
いかがわしい酒屋では無いとは思うんですがねぇ。。。
2008/09/23(火) 22:46:28 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。