日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 冬至に燗酒、大倉 山廃特別純米 直汲み本生 備前雄町17BY
2007年12月23日 (日) | 編集 |

2007年12月22日

朝から延々と雨の降る本日、風は強いは雨露は冷たいわ、足下どころかかなりかなり濡れてしまうわで辛いものがある。寒いのは間違いないのだが、この時期ならば雪が降らねばならんのではないかとツッコミたくもなる。そこまで行けば冬だから当然と諦めもつく。

本日は冬至であるので柚子風呂につくもり、燗酒を頂くことにする。ここ一週間ばかり自宅の晩酌にて燗酒を頂く機会に恵まれず、待望感がひとしおだ。ということで、元々燗酒で呑みたいという想いで購入した奈良の大倉本家「大倉 山廃特別純米 直汲み本生 備前雄町17BY」を引っ張り出す。おおかた二年近く寝かされたノリノリの無濾過生原酒であり、「直汲み本生」として「生まれたてのお酒です」と裏ラベルにありつつも製造年月(清酒の場合は蔵出しの時と認識するもの)は19-11、つまりはつい先月のもの、確信的である(蔵元よりも酒屋さんの方かもしれないが)。

結論から言うと、期待通りである。よく味乗りのした無濾過生原酒の醍醐味そのものである。冷やの状態ではミント系の爽快な赴きであるが燗にすれば甘味が先行した濃醇な風味、後口の口内に響く余韻の強さ、なおかつくどさの感じさせない味切れ感と、好ましい風味そのものである。燗冷ましがすこぶる柔らかい口当たりで好ましい。やはり無濾過生原酒を適度に寝かしたものの燗はすこぶる良い。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
瓶火入れですが私も呑んだので、勝手ながら本文中にてリンクさせていただきました。
生原酒とは違うでしょうが美味しくいただけました♪
2008/10/26(日) 23:07:01 | URL | どん #-[ 編集]
どんさん、レスが遅くて申し訳ないです(^^ゞ
そちらにお伺いしますわ~
2008/10/27(月) 13:18:45 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。