日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 悩ましい夏の晩酌
2008年08月02日 (土) | 編集 |
2008年8月2日

気づいたら葉月も二日目、夏も真っ盛りだ。気候も暦通りというところで、暑いし喉も渇く。そうなるとビールを始め、冷たい飲み物をついつい欲してしまう。水やお茶にしても然り。しかし、そういうものばかり摂取すると胃には悪い。それに加えて、アルコールやストレスでも胃は荒れる。端的に言うと、胃が荒れている真っ最中だ。胃薬が手放せない。

胃が荒れていても、晩酌時にはまず冷たいモノが呑みたい。今日は梅酒のソーダ割りを頂いた。その後は、温度の精算をしてしまおうと燗酒や湯割りを選択するわけだが、それでどうにかなるものではないなぁというのが正直なところ。それでも、ロックでカッカッといくのに較べれば何倍もマシだと自らに言い聞かせながら、杯は重ねてしまっている。

さつま国分


一昨日は「天野酒」の燗、昨日は「青鹿毛」の湯割りなんかを頂いていた。今日は揚げ物に合わせて焼酎、芋の「さつま国分」の湯割りを頂く。涼を感じるとまで言わずとも、温かいお酒も普通に飲めてしまうものだ。ま、二杯程度で切り上げる。

にほんブログ村 酒ブログへ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
私もこの時期は胃薬は欠かせないのですよ。
それでも冷たいものをとってしまい、反省はするのですが。
お料理をしている時点で汗をかいているので
お湯わりや燗はする気がおきなく、つい。。。(大汗)
2008/08/03(日) 23:13:06 | URL | 管理人 #R1xVVY3g[ 編集]
管理人さん、体内はまた異なりますからね。
私も帰宅して呑む前には熱い風呂に入るので馬鹿みたいに
大汗かいてますがね、慣れの問題かと(^^;)
2008/08/04(月) 23:30:11 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。