日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 酒屋八兵衛 純米ひやおろし
2014年09月29日 (月) | 編集 |
2014年9月28日

長月も最後の週末、この月は何かと立て込んでいたもので週末に限っていえば、前二週は出張であったし先週も土曜日は一日用務が立て込んでいた。特にこれといった予定の入っていない週末は今週だけという状況ゆえ、ややゆるりと過ごす。

あまり更新はできていないが晩酌をとっていることには変わりはない。冷卸の出回り始める時期でもあるので清酒寄りである。個人的には現代においての本源的な冷卸の意義は薄まっており、ほどほどの熟成による妙味の伴う、といった酒質かどうか関係なしに、単なる季節モノとして売り込もうと言うだけであれば、清酒振興のためだからと手放しで歓迎しようという気はまずない(それなら通年商品を選ぶ)。しかしその一方で、造りから約半年後の冷卸として出荷することを前提として、これだからこそ楽しめるという酒質の設計をされるパターンも存在してきているように思える。後者であれば支持もしたいし食指も動くというものである。

DSC04186.jpg

晩酌としてこのところ頂いているのが三重県の元坂酒造「酒屋八兵衛 純米ひやおろし」である。身近な酒屋さんにて、いま飲むなら特にオススメな内の一つとのことで購入し、最初の開栓から一週間ほどかと思う。総評を先に言えば、冷卸としての酒質の狙い所はかなり良いように思える。(清酒の五味としての)辛味や引っかかりはあまり感じない円やかな酒質であり、その点では寝かされた時期と出荷のタイミングはバッチリなのだろうと。香りは控えめで旨味もほどほどで味切れも良く、そのような酒質なので当然ながら燗映えもする。この銘柄であるからこその特別に目立った個性は感じられないとはいえ、この時期に晩酌としてゆるゆる楽しむには最適である。

献立には鰯の梅煮、紅白なます、野菜炒めなど。紅白なますは別に慶事があったわけではなく、普段の酢の物・サラダ枠としてのもの、ちょうどトマトとかが切れていた(ry。。。それはともかく、単純で簡単な料理であるし酒肴としても好適な品でもあるので正月に限らずしばしば造るものである。

スポンサーサイト

 二週続けて
2014年09月12日 (金) | 編集 |

先週と今週と二週続けて週末は出張している。先週は東京経由で盛岡、今週は東京となる。

事後の話であるが、先週の東京では銀座での最近の定宿にて一泊していた。ただ、晩は日中からの流れで身近な数名と新橋にて懇親がてら飲むことになった。その会合自体は非常に有意義なものであったが、新橋にてちと疲れてしまった。

関西に居る者のイメージとして、新橋はサラリーマンの街、仕事帰りに一杯引っかけるようなお安い飲み屋が軒を連ねるところ、だと思っていた。しかし、客側から存在意義が全くない低質店の客引きがごろつき、いわゆる風俗店も多く、通りを歩くだけで嫌悪感が募るばかり。しかもそれが新橋の駅前SL広場からすぐ入った界隈であるのもどうかと思う。

結局、自分では絶対に選択しない、全席個室を謳うような最近よくある大箱業態の居酒屋(ビルの階ごとに各店舗入っている形)に入ることになったが、その前のやりとりで、こっちは一名足の悪い者がいる(実際に杖を持っている)ので階段の昇降があるのはNGだ、といったら、建物にエレベーターがあるから大丈夫という。それでいざエレベーターを使って店に入ったら、中で二階層に分岐する構造、そして我々には階段を使って上の階に行けという。それで話が違うと文句をいったら渋々同階の席に通してくれたが、人数に比べてやや広いスペースの席、店の意図はいうまでもなく、まぁお粗末な話である。

それで飲んでる間にもコンパニオンやら煙草のキャンペーンだとかで頼んでもないのに女性が乱入して会話しようとしてくる。酔いも深まってその手の店に行ったのならまだしも、まだまだ真面目な話を続けている一件目では邪魔なことこの上なし。てか、居酒屋業態ですら風俗店化してどうすんだ? そんなこんなで散会後、そのまま疲れてホテルに直帰してしまった。

先週の顛末はそんなので、今週はといえば用務先が東京でも郊外、滞在するホテルも神奈川の相模原に位置している。銀座は遠くて。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。