日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 大晦日にて
2012年12月31日 (月) | 編集 |
2012年12月31日

早くも今年も大晦日、毎年変わらずバタバタしている。何はともあれ新年に備えての買い物に奔走し、ちょいお節料理献立の追加(毎年定番の鰤の焼き漬け)をしたり、掃除をしたりで普段と変わらないぐらいの時間にはなる。飲む前に滑り込みでこの書き込み。

買い物でそれなりに散財したが(普段の自炊節約の感覚に比べれば、だが)、その内の七割強が酒類の購入って自分らしくもある。なんとか懇意の酒屋のかどやさんと杉本さんところにも駆け込みで訪問して新酒の購入ができた。夕方以降に掃除に取りかかったが、風呂場ぐらいしかできんかったな。まぁ、風呂場が一番酷くてここだけはしておきたかった。しかし、普段こっちに居ない人間がすることかねぇ。後はなんとか自分のPC・机周りの蓄積した書籍、書類、小物等の整理で打ち止めだ。

本年も何とか過ごしてこれたわけで、半ば根無し草のような立場なれど年末年始はいつも通りの形に落ち着いた。ま、色々な意味で、美味しく酒を飲み、食を楽しむということを持続していきたく思う。身体を健やかに、ということもその一つ、向上ベクトルでのストイックさを心がけて、やせすぎない程度に今ぐらいのバランス(BMIで19~20)を保っておきたい。

末筆ながら、本年もお世話になった方々、拙い記事にお付き合い頂いた方々には感謝申し上げます。来年もよろしくお願いいたします。さて、年越し蕎麦を食べて興の新酒でも飲むべ。

スポンサーサイト

 年越しに向けて
2012年12月31日 (月) | 編集 |
2012年12月30日

ひとまず本年の仕事納めは昨日29日とした。エクセルへのデータ入力および整理に集中していたので、終いには目の焦点が合わなくなってきていた。なんだかんだで下宿に帰ったのは22時半は過ぎていたし、結局は自分へのご褒美としての本年の一人外飲み忘年会は持つことができなかった。とはいえ、その前日、前々日が友人とのサシでの忘年会的外飲みだったのでそこで一定満足していたということはある。ともかく、昨日は下宿での本年最後の自炊晩酌とした。時間が遅かったのでゆっくり記事を書く余裕はなくなったのだが、先だって開栓していた灘の安福又四郎商店「大黒正宗 蔵囲い熟成酒 鶴」を燗にして頂いていた。スタンダード商品の「大黒正宗 原酒」の長期熟成版にあたるが、それとの価格差はわずかなもの、にも関わらずそれとは熟成年数が格段に異なる(一応、公表はされていないようなので、嬉々として書くような無粋な真似は避けておく)とのことなのは驚きなのである。長期熟成にありがちな紹興酒に近い古酒っぽさは全然感じられなく、純粋に酒質が円やかなったという様相なのである。こういう、一週間には満たないとはいっても下宿に居る本年最後という区切りの機会に飲むにはふさわしいものかと。また1月3日にはひとまず京都に戻るつもりである。

本日は下宿の方の整理をした後、大阪の方に戻って(いままで未経験の、年末年始の帰省だ)ごちゃごちゃと溜まったあれこれ。その一つにノートPCのネット接続に使っていたdocomoのデータ通信の解約があった(以前に記したとおり、下宿のネット回線としてwimaxとの契約に切り替えたので)。解約するにショップに直接赴かないといけなく、本来は今月の早めに行きたかったものなんだが、その気分的余裕がなくてこんな差し迫った機会となってしまった。解約なのに対応が迅速丁寧で、こっちが申し訳なく思えてしまうぐらい。Xiの条件・料金体系(現状では特に通信容量制約がネック)の動向次第では再考したく思う。

本日は家族との普通の晩酌、豚しゃぶの鍋に泡盛「宮之鶴」のロックを飲む。明日大晦日はお節への追加的な献立の食材やら酒(自宅にはまだ本年度の新酒がない、オーソドックスなビールのストックもない)やらの買い物、新年に合わせて靴も新調したいし、屠蘇散もまだ買ってないわ。


 まだ忘年に至らず
2012年12月27日 (木) | 編集 |
2012年12月26日

一応、職場の方は年末年始の休暇期間に入ったのだが、相も変わらずあんま関係ない。さすがに大晦日~三箇日は施設そのものがストップするし、いくら何でもそこぐらいは作業する気はない。といっても、年明けにも色々と立て続けにあるので、それに向けての宿題もごちゃごちゃとある。まだ忘年できず、少なくとも28日には確定した予定がある。毎年恒例の一人忘年外飲みをしたいので、それを考えると29日には切り上げたいところであるが、さて。

今日は故あって単発的に大阪の方に帰っているのだが、晩に職場から一旦下宿まで自転車で戻って、それから電車で大阪へという道程で、途中の下宿に戻った際に、職場にキーケースと定期入れを忘れて帰ったのに気付く。片道30分で結構な距離ではあるんだが、仕方がないので自転車で職場に再度一往復、プラス1時間の夜錬という格好になる。師走になにやってんだか。

そんなことをしているのと関係あるかどうかは定かでないが、風呂上がりに体重を量ってみたら52.6kgと相変わらずの水準、BMI的には19台半ばで美容体重(20)とモデル体重(19)の間に位置する。やせすぎるのもイカンとはわかってるんだが、19切ってないからまぁ良いかなと。ただむしろ、腹回りの皮下脂肪は結構あるんだよな。これは元肥満児としての宿命かもしれんが、そこをなんとか絞れんもんかと悶々としてしまう。

昨日飲み過ぎたということもないんだが、胃の調子がそれほど良くなくて、年末の大詰め~正月に備えてアルコールなし。おそらく今年最後の休肝日になるだろう。うどんすきに菜っ葉の煮浸しや生サラダなどを食し、ゲロルシュタイナー(まぁサッポロが取り扱ってるし、ややメジャーな発泡硬水)を飲む。この頃飲んでる水もエビアンが多いし、硬水贔屓である。あんまり硬いのは店頭に売ってないのが困りものなんだが。


 クリスマスのプレゼント、みたい
2012年12月24日 (月) | 編集 |
本日メールにて案内がきました。

anaプラチナ


次年度プラチナ到達、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

悪ノリはさておき、修行行為、プライベートでの観光旅行はゼロでこれって、

どんだけ出張してんだオレ?
そりゃ自分の誕生日ですら出張してるぐらいだもんなぁ。用務があるから飛んでる、ただそれだけのことですが、なにか。棚からぼた餅のようなものでもある。

ともかくこれでSFCが作れる。ANAワイドVISAカード所有(ついでに三井住友のプロパーのゴールドも所有)してるので、「プラチナ会員なったけどカード審査で落とされた」というオチはありえないっす。



 日本大都市巡り、をしているわけではないが
2012年12月17日 (月) | 編集 |
2012年12月17日

本日は晩に神戸での所用、明日は伊丹より空路で東京日帰りなので大阪の実家に泊まり、そして明後日はまた京都って予定。たまたま移動が多いってだけですがね。

さて、昨晩は速報段階でけったくそ悪くて、憂さ晴らしについつい過飲気味になってしまった。こういうのは酒に対してもいかんなぁ。二日酔いというわけでは全くないが、胃腸の調子がすこぶる悪く、今日は酒抜きでカレーを食べた(今日は無性にカレーが食いたかった)。用務後にそのまま飲みに行く流れになるのがしばしばあるが、今日はそうならなかったパターン。実家には食事はいらないとしていたし、大阪まで戻ってきたらそれなりの時間でサンマルコとかのめぼしいカレー屋はLO過ぎちゃってたのでレトルトで済ます。済ます、といっているがレトルトでも十分に満足なのである。レトルトであってもカレーを愛でるのが本当のカレー好きである。

ま、あんまりイデオロギーやポリティカルな話には触れんのがブログでのスタンスであるが、ますます大阪府民・市民であることが嫌になってる。ウチの選挙区なんかもモロそういう結果だったし。あっとちなみに投票日は京都のオフィスに籠もってたが、先週火曜に大阪へ戻ってたのでその際に不在者投票を済ませておいたのである。

 紀土純米酒を飲みきり
2012年12月15日 (土) | 編集 |
2012年12月14日

ちょいと更新滞り気味、師走であるのでね。

更新やつぶやきもししてないけれども、相変わらず下宿では自炊ばかり、楽をするとしたら刺身購入か冷凍もの(以前に作った料理の余りの冷凍)という感じ。それが偉いとかいうのではなく、なによりも単純に、食うことが好きなので(自分では"舌と食道と胃から先に生まれた人間"と思ってる)、至極当然の流れとして料理を作ることは好きなのである。下宿で一人であれば自炊か中食・外食せざるをえない、という見方もあろうが、むしろ、自分で料理する機会が毎日のように持てる、という感覚である。遅めの帰宅でも、やっぱり料理はしたかったりする。となるとついつい晩酌も寝るのも遅くなるという流れ。

DSC03549.jpg

本日の晩酌はこんな感じ、定番になっているモヤシの酢の物(若布とちりめんじゃことすり胡麻入り)と、きんぴら(蓮根と人参と鶏の砂肝)をつくる。献立としては少なめに見えるのは燗酒を飲むための惣菜的な肴であるため、残り一合余りだった和歌山の「紀土(きっど)純米酒」を飲みきることになる。写真のような錫のちろりがすっぽり入る焼酎用の大ぶりの陶器グラスで燗をつけるのがこの頃のスタイル(下宿にはまだ手頃なサイズの手鍋がないこともあるが)、熱湯を沸かし、一回湯を張っただけならちょうどぬる燗に、もう一回お湯を張り替えれば上燗~熱燗ぐらいになってくれるので熱すぎることはなくて実にわかりやすい。大半の飲食店ではこういう単純な仕組みの提供すらしてくれなくてろくな酒が飲めないということの方が多い。外食や中食より経費も安上がり(自炊の場合は原価と己の注力のみで形成されるし、私のように料理好きの場合は注力は労働的支出ではなくて効用を得る行為でもある)で、かつ制約なく好きな形で酒が飲めるのなら、自炊を旨とするのは当然の帰結ともいえる。可能な限り経費を軽減しようと試みてもいるのでね。

そして肴としての役割でも献立としても、一人での自炊ならば他に縛られることなく気兼ねなく、単純に食べたいものを好みの味付けで用意できる。そして時間に縛られずに悠々と晩酌できる。下宿するようになって解放された気分にて、実に気楽になれたのである。これだけでも家賃や一定の生活用具を揃えた経費に応対して余りある利益を得られたものと感じている。

ちなみに、本日の晩酌の〆には、昨日作ったラタトゥーユ的なトマト煮をベースにしたカレーライスを食したので、決して食事量を無理に制限しているわけではない。バランスというか献立内容はきっちり意識しているが。


 健康診断結果、中性脂肪でひっかかり
2012年12月05日 (水) | 編集 |
2012年12月4日

今年の健康診断結果が帰ってきた(毎年10月に実施される)。昨年は血糖値がわずかに基準値より下回り引っかかったのだがそれは正常値に、といっても90~140mg/dlの基準値に対して昨年は88で今年は94なので大差はないんだがね。その代わり、脂質代謝、もっといえば中性脂肪で引っかかってしまった。。。

中性脂肪の基準値は40~149mg/dlに対して昨年は51、そして今年は24と格段に下がってしまっていた、って低いんかいって突っ込まれそうですな。結果についてきたアドバイスには「低値だから偏食せんとバランスよく食べろ」ってな趣旨のことが記されていたんだが、これって脂っこいものをもっと食えってことですね、普通逆だろー。ついでにいえば昨年でも基準値内だったんだが、HDLコレステロールは微増でLDLコレステロールは約20%減でバランスとしては改善されていたりする。内臓脂肪を貯め込みやすくなってメタボの可能性が格段に上がる30代の半ばにさしかかってこれって、なんとあまのじゃくなことかねぇ。すでに把握していることだが体重も昨年61kgから53kgで-8kg(BMI肥満度は+3から-10へ)って、どこかのダイエット食品の宣伝みたいな結果になっている。年齢的にメタボ検診の対象にギリギリなってないんだが、検査されても引っかかる要素がゼロですわ。今ぴったりで着ているパンツのウエストは73cmだし。

で、脂質の摂取も若干増やさないかんなと思いつつの今晩の献立の結果がこれだよ。
DSC03535.jpg
一応、鰤の刺身は脂乗ってるよ。

後はサラダはキャベツとプチトマト、干しエビに味付けは塩と白ワインビネガーだけだし、湯豆腐は味付けもなにも昆布だけの出汁に醤油かけるだけだし、むしろあっさりを地でいってるな。こんなんになったのは故あって、この健康診断結果を受けて昼飯に、手製のチャーハン弁当に加えてクリームコロッケと唐揚げの弁当のおかずだけを買い足してがっつり食したんだが、胸焼けしてしまったのである。身体がそうなったんかねぇ。

ちなみに、飲み手としてはもっとも気になるγーGTPは昨年よりも低くて18(昨年は23)、これってもっと日本酒の消費に貢献しろってことかいな? とりあえず今日は紀土(きっど)の純米を燗で飲んだ。

 慌ただしく冬支度
2012年12月04日 (火) | 編集 |
2012年12月3日

すでに師走に入ってしまって本年ももうわずか、それと同時に一気に冷え込んで冬も本格化してきている。いままで伸ばし伸ばしにしてきた冬支度も慌ただしく進める。昨日には冬用の羽毛の掛け布団を買い求めた。毛布は冬向きのをすでに入れていたがそれに夏向けの薄手な布団とケットを重ねてなんとか凌いでいたが、高級品ではなくとも羽毛でそれなりの容量を有していると格段に暖かい。

本日は福井へ日帰りの出張、帰りがけのついでに京都駅近くのヨドバシによってカーボンヒーターを買い求める。下宿には元々エアコンが設置されているので室内暖房としては一定の整備はあるし、エアコンがもっとも省エネで効率の良いこともすでに常識のことと思う。とはいっても、元々寒がりで手足の冷えはつらいので補助的にスポット暖房は欲しいってことである。やせ我慢して風邪引くようでは元も子もない。

ヒーターも合わせて荷物を下宿に持って帰ってから、再び京都駅方面に出て、京都アバンティのジーユーで冬物の部屋着の買い足し、寒いのに洗濯物がうまく乾かなくて着る服がないなんて事態にも対応できるようにする。そこまで出たので、酒楽座いのうえさんところでカンティヨン・グーズと大倉の陽の光の中取りを飲んでから帰る。

DSC03534.jpg

再び帰宅してからは、まだ何も食してなかったので豚肉とキャベツとピーマンで炒め物と作り置きしていた酢の物や漬け物などを食べつつm少し「杉勇 時代(すぎいさみ ずだい) 本生」を頂く。締めがてらに昨日の残りのクリームシチューと冷やご飯を温めてしっかり食べる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。