日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2012年1月30日 twitter log
2012年01月31日 (火) | 編集 |

Mon, Jan 30


  • 07:32  つぶやきをブログにまとめアップすると言った矢先の昨晩からtwitr2srcに全然アクセスできない(´・ω・`)ショボーン

  • 12:39  twtr2src、ようようアクセスできた。

  • 12:42  2012年1月29日 twitter log http://t.co/U699qTGO

  • 21:49  良い加減ぼちぼち帰る!

  • 22:17  今日は帰るの23時過ぎるなぁ。休肝にするから良いんだけど。


Powered by twtr2src.


スポンサーサイト

 2012年1月29日 twitter log
2012年01月30日 (月) | 編集 |

Sun, Jan 29


  • 12:59  【twitterをブログに記録】2011年1月28日 twitter log http://t.co/VEOc5uOA

  • 13:08  本日宅急便が届けに来たので、ついでに荷物持ってってもらおうと思ったら、荷物いっぱいで断られてしまった・゜・(ノД`)・゜・。

  • 13:21  今日は新訳Zのその二が無料で観れます。

  • 14:30  改めて宅急便取りに来てくれた。さすがクロネコなだけある(←関係ない)

  • 16:32  オールドファッショングラスが欲しいので梅田へお買い物。今月末が有効期限の百貨店系クレカのポイントも使わねば。

  • 18:49  なんだか百貨店の酒売り場を覗いても本醸造がろくすっぽなくて面白くない。

  • 21:03  本日のビール、ベアレン、冬のヴァイツェン。色も旨味も濃ゆく(´Д` )=3 http://t.co/yKQU6aHU

  • 23:54  大黒正宗しぼりたてを開栓する。 http://t.co/2AMB5Be1


Powered by twtr2src.



 大黒正宗しぼりたてを開栓する。
2012年01月29日 (日) | 編集 |
2012年1月29日

本日は亡父の祥月命日、特に因んだ銘を求めてはいなかったが、このような日と言うことで毎年買い逃さぬ素晴らしき新酒「大黒正宗しぼりたて」を開栓し、仏前にも供える。本日は一合程度を冷たいままで頂く。一ヶ月以上寝かしていたためか、新酒の荒さはあまりなくて甘味がしっかり感じるというのが本日の印象。

大黒正宗しぼりたて


 【twitterをブログに記録】2011年1月28日 twitter log
2012年01月29日 (日) | 編集 |
前から構想はしていたんすが、twitterでの投稿は日単位でブログに記録しておくことにします。twilogも考えましたがあくまでブログの延長線上のtwitterという位置づけゆえ、twtr2srcで出力して貼り付けることにしました。サービスとしては自動投稿までしてくれるというt2bというものが理想的だったが、これが新規ユーザー登録を締め切ってしまってて残念。ともかく、ブログサボりブログとtwitterの間で補完関係もでき、どうしても投稿内容が流れてトレースしにくくなるtwitterでの投稿も気兼ねなく出来る。さらにtwitterにupした写真も共有で外部におけるので、同じモノを使う場合は画像取り込み・サイズ調整・投稿の煩わしさがないのが実に楽である。


Sat, Jan 28


  • 01:51  有言実行ならず http://t.co/UqGHTfc5

  • 14:10  本日BCの月額会員なら無料になっている、まだ観ていなかった新訳Zガンダムの一本目(星を継ぐ者)視聴完了。Zは高校の頃にビデオを全話ダビングしたクチでしたがね。

  • 18:31  千里丘なう。

  • 18:56  今から福島酒の会ですわ~ http://t.co/2Utp0EnB

  • 20:31  福島酒の新酒オンパレード、前半はお遊びでブラインドでしてん。利き酒みたいなややこしいことはなし、当然ながら点数つけてトーナメントなどという俗悪三流無礼な行為とは無縁ですわ( ´ ▽ ` )ノ http://t.co/HRv5KLT8


Powered by twtr2src.



 有言実行ならず
2012年01月28日 (土) | 編集 |
2012年1月27日

本日は外飲み宣言をしていたにも関わらず訪れたい店は満席で断られっぱ。22時過ぎても客が引いていないことがイレギュラー、為す術もなく帰宅する。情けない奴?、いえいえこれは「給料日直後の週末」という外的要因のせいです。異論は認めません。

いやはや実際のところ家飲みも好きなタチなので、帰ると決めると気も楽になる。豆腐でも買って帰れば十分、それにベアレン飲んで、磐城壽飲んで、ウォトカ飲む。それで実質1k円もコストがかかってないのだから安上がり、費やす分は後日に持ち越しということですわ。



 旭若松 純米無濾過生原酒 雄町100%
2012年01月18日 (水) | 編集 |
2012年1月17日

今年もこの日、少し寝坊してしまったが、6時半頃に起床して関連の報道を視聴する。

旭若松純米無濾過生原酒 雄町100%


本日は母親が大組織の初釜にて、この日はそこで供される弁当を買って夕食となるのが通例である。この弁当も定番で「なだ万」製である。和食であるので当然清酒、好きな銘である徳島の那賀酒造「旭若松 純米無濾過生原酒 雄町100%」の21BYである。おおよそ2年寝たものとなる。これぐらい寝てくれないと面白みがないのが若松ですなぁ。

雄町100%は若松でもとりわけ旨味の溢れる仕様、また、若松は生であっても燗がデフォ、燗がグンバツに美味し。本日開栓したところなので、しばらく楽しむことになりますわ。


 引用・転載・盗作
2012年01月17日 (火) | 編集 |
2012年1月16日

本日非常に腹立たしい出来事が身近で発覚したので、それに関連してとりあえずこんな事を書く。

盗作は犯罪行為である。公人として恥ずべき最低行為である。発刊される書籍・雑誌等の紙媒体のみならず、それはブログやTwitterでも同じ責務があるものと心得たい。

特にネット普及によるブログ等の情報発信ツールの一般化という現象の罪の部分であるが、批評と誹謗中傷の違いも分からん輩も多いし、引用と盗作の違いが分からん輩も氾濫している。後者は著作権法違反ということになろうが、引用という行為に純然たるルールがあることも知らずに盗作まがいのことをしている。引用のルールについてはググれば出てくるので細かな点は置いとくが、特に重要なのが出典を明記することと、本文と引用に主従関係のあること、である。主従関係というのは、その引用をもってくることで話のきっかけにしたり、自身の主張を補強するために引っ張る、といった具合に、まずオリジナルの本文ありきで、あくまで引用部分はそれに従っているという状態である。逆に主従関係が成立していない、引用が従になっていないというのはつまり、自身の検討内容なしに、「~でこんなことが書いてあります。なるほど、もっともですね」って具合に、他で書かれていることを引っ張ってそれに乗っかているだけってものである。これは出典を明記していようが、引用の主従関係が主張できる要素がなければ盗作と断じられる場合がある。この辺、一般的に普及している記事紹介との線引きは微妙であるのだが、単なる勝手な宣伝にて、タイトルとURLを載せるだけってのなら主義主張もないし本文も転載していないので特に問題にはならないだろう。ライター気取りなブロガーにしばしば見受けられて、ありがちな盗作行為は、どこぞの記事に乗っかって自分の記事にしてしまうこと、ついでに、新聞記事ならばその新聞を写真やスキャナーで取り込んでブログに転載してしまったりする事例も見受けられ、知らぬでは済まされない違法行為である。

 食後にホワイトスピリッツ「ロシアンウォトカ フラグマン」
2012年01月14日 (土) | 編集 |
2012年1月13日

この頃、にわかにホワイトスピリッツ、特にジンやウォトカ(日本では「ウォッカ」が一般的だが、より原語に近い表記としてヴォトカ、ウォトカ、ウォツカ等とする傾向もあり、個人的にはウォトカを用いるのが好み、ただ、文末のストリチナヤの現地CMを視聴する以上はウォッカと聞こえてしまう)の熱が高まっている。永らく家飲みでのストックは切らせていた二種のスピリッツなのだが、勢いで複数本を買い込んでしまった。元々はジンのみの熱だったのだが、最近再視聴しだしたアニメ「オーバーマン キングゲイナー」がシベリアを舞台としている(劇中でも「ウォッカが手に入れば…」といった台詞もある)ことから、ロシア産のウォトカが飲みたくなる。

ウォトカ_フラグマン

ひとまず本日の食後酒としては「フラグマン」、英語でいえばFLAGSHIPの意味。余談になるが、ウォトカというとロシアの地酒であり、そのイメージが強いんだが、ポーランドやフィンランド、アメリカなども主な生産国である。そもそも、ウォトカの製法の基本は蒸留したアルコールを白樺の活性炭濾過をしたもの、製法的に地域的な制約は少ない、純粋なアルコールという表現がしっくりくるものである。実際、国内の店頭に並んでいるウォトカにロシア産が少ないのが実際である。ウォトカでメジャーな銘柄のなかで、これはロシア産だったはずの「ストリチナヤ」も現在店頭に並んでいるものはラトビア産(元ソ連ではあるが)となっている。そんな状況で探した中で、フレーバー系やブレンド系を除いてロシア産のウォトカとして売られていた唯一がこの「フラグマン」だった。

冷凍庫で冷やしておいてショットグラスで頂く。焼き菓子の様な甘い香ばしい風味が感じられ、アルコール感が少なくスルスル飲めてしまう。そういう危ない系である。

最後にこれまた余談ながら、youtubeなんかで海外現地のCMが視聴できたりする。とりあえず目に付いたものを紹介。

ストリチナヤ CM

グレイグース CM

グレイグースはフランス産のウォトカ、正規品は結構お高いんだがネット上で安い並行モノを購入していたりする(それはまた追々)。上のCM、なんとも風刺が効いてて、日本のメーカーじゃまずありえんでしょうな。


 相模灘 本醸造 にごり酒 生酒
2012年01月05日 (木) | 編集 |
2012年1月4日

元旦の一日飲みっぱの後、2日はハムなんぞを切って焼いて赤ワイン、オーストラリアの「Wyndham Estate BIN333 Pinot Noir 2009」を開けたりした。3日は年末からの飲み続きの頃合いで休肝日にする。三箇日の内で、休みの最後の日に酒なしというのも寂しい気はするが、業務前は溜めておいて後にパッと飲む方が性に合っているので。正月三箇日はアニメまとめ鑑賞をしてたが(2日までで『新機動世紀ガンダムX』全話視聴、改めて観てもやっぱり超オモロイ良作ですわ)、2~3日は元日の不摂生を意識して視聴しながらその場ランニングでエクササイズ。

そうして本日4日、個人的には仕事始めと定める。といっても全体の仕事始めは6日なので静かなもので、年末年始でちょっと溜まってたメールの対応(12/28~1/3はメールチェックをしても業務関係は放置と決めていた)と休み明け期限の業務作業でウォームアップ。帰りがけ19時頃に外に出ると雪が降っていた(オフィスのある建物が耐震工事の関係で窓ガラスに囲いが張られ、外の様子がわからない)。積もりはしていなかったので自転車で突っ切れる。

そんな冷え込み本日、家では豚やカンパチしゃぶな鍋物、年末に購入していた「相模灘 本醸造 にごり酒 生酒」を開栓した。コレ、いわゆる新酒の活性にごりにて、その発泡性を期待しての購入だったんだが、よく見ると超残念なガス抜き仕様のフタにて、開栓して吹き上がってくるということが一切なし。出来たてならばもっと元気だったかもしれないが、少なくとも半月は経っているので、ガス感はあるが活性にごりの醍醐味(開栓時の緊張も含めて)はなくてオモロサ半減、次回は密閉栓での入荷を頼んます、Iさん。

相模灘にごり酒

とまれ、酒自体は「相模灘」なのですべからく良い。発酵の進んだにごりなので酔いの回りは強いんだが、それでも麹臭さを感じさせないほどよい甘さと爽快さで素晴らしい。意識して水を飲まねばならぬ、盃の止まらない危険酒である。


 2012年元旦
2012年01月02日 (月) | 編集 |
2012年1月1日

あけましておめでとうございます。

さて、元日は個人的に家で昼から積極的に飲む唯一の日、屠蘇に始まり、昼と晩はお節で飲む。

2012年元旦1

屠蘇の酒器は昨年と同じく、清課堂の屠蘇器に錫半の三ッ組盃の組み合わせ、用いた清酒は山形の「杉勇 特別純米 出羽燦々 生もと仕込原酒 時代(ずだい)」。

2012年元旦2

今年のお節(お昼時点)はこんな感じ。煮豚や鰤はお手製なり。合わせるは冷やで大阪の「天野酒」の山本スペシャルあらばしり、ぬる燗で現在山形で醸造(ラベルの住所も山形県に)の「磐城壽」のしぼりたて、どちらも今期の新酒である。

日中はBCで月額見放題での配信が始まったGXをひたすら鑑賞、本作はリアルタイムでも見てたんだが、自称ガンダムファンからは酷評され、途中打ち切りの憂き目にあった作品ではあるが個人的には結構好きな作品である。20話まで一気に見る。

2012年元旦3

晩にはビールも頂く。祝いの折にふさわしいヱビスビールを寿グラスにて。

2012年元旦4

食中には昼に引き続き「磐城壽」、そんな感じでゆるゆると。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。