日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2011年大晦日
2011年12月31日 (土) | 編集 |
2011年12月31日

なかなか慌ただしい日々にて本年はブログ更新も停滞気味でございましたが、この一年もなんとか終わりまでこぎ着けたという感でございます。来年もこれぐらいのペースはせめてキープしようかというところでございますが、お付き合い頂ければ幸いです。

一応〆は本ブログの看板でもある茶虎ゆうきの顔見せにて、それではよいお年をお迎え下さい。

2011年〆

スポンサーサイト

 磐城壽しぼりたて生酒
2011年12月31日 (土) | 編集 |
2011年12月29~30日

29日は、こんな年末でしかできないこと、そう大掃除である。出来る範囲は自ずと限られるが、今回は数年来できずにいた、酒器類を収納していたサイドボードの総まとめでの清掃・洗浄を行った。さらに風呂のカビ取りやらなんやらしていたら結局外出ゼロ。30日は一転して新年を迎えるに当たっての買い物の一日となった。

29日に開栓して連日飲んでいるのは鈴木酒造店「磐城壽 しぼりたて生酒」である。蔵は元々、福島県の浪江町にあり、東日本大震災で壊滅的な被害を被った上、福島第一原発の20km圏内の立ち入り禁止区域となってしまったのだが、その多重苦を乗り越え、山形の地にて今期の酒造りにまで至ったことは、震災からの復興の象徴の一つとして、各種メディアでも取り上げられている。私自身は身近に取り扱われているお店があることから以前より幾度となく飲む機会を持っており、今回の新酒が出荷される運びとなった折りに一本予約していた次第である。


磐城壽しぼりたて
そのような背景はあるものの、酒そのものは楽しんで飲むべきだ。価格もお手軽な普及酒のラインで出されているし、風味的にも身構えることなくざっくりと頂くのがふさわしいと思える。29日は冷たいままで頂いたがわずかながら飲みづらさを感じた。30日はとっても寒くて献立も湯豆腐だったりしたし、これはと思って人肌燗にしてみたら実に良い。しぼりたてでも燗向きだと思える。


 きき隠れ
2011年12月31日 (土) | 編集 |
忘却の彼方な猫系記事、サボりっぱでしたm(_ _)m 
とりあえずついこないだあったちょっとした出来事でも。



ベットに異常なふくらみが…

キキ隠れ1

[READ MORE...]
 ANA修行な一日
2011年12月31日 (土) | 編集 |
2011年12月28日

28日からは世間一般より一足早く年末年始の休みに入ることにする。これは業務上の母体が早々に27日から一斉休暇に入ったという背景もあるんだが、普段は土日も祝日もほぼ関係なしなので後ろめたさはなし。

28日は単純にANAで伊丹-羽田往復、いわゆるプレミアムメンバーのための修行である。プラチナにはまだ全然だが、これで来年度もめでたくブロンドである。ブロンド会員はSFCも作れないし、たいしたことはないなという感はあるのだが、それでもマイル換算が150%(年会費の高いANAワイドカードでも125%)になったり、預けれる荷物もファーストクラスと同じ扱いになったり、ビジネスクラスにアップグレード出来たりするポイントが付いたりと、あるとないとでは雲泥の差である。特に手荷物の優遇については出張業務の多い(てか、出張目的以外の単純な観光・レジャーでの海外旅行経験はゼロ)私にとってはかなり重要。どうしても持参の資料やら手土産やら、先方からもらった資料などで荷物が嵩張ることが多い(紙ってまた重いんよ)。ということで、業務遂行を円滑に進めるためにもキープしておく意味があるんすわ。とはいえ、往復で約30k円の運賃を自腹で払うのは馬鹿らしいので、貯まっているバブリ-なマイルをeクーポンに交換して充当、今回かかった経費は伊丹空港までの交通費と、昼飯がてら購入したおにぎりぐらい。機内ではお茶を頂けるし、羽田ではラウンジでコーヒー・ジュース類は無料、ちょうど昼時だったのでクロワッサンも用意されてた。ちなみに、マイルの使い道として王道な特典航空券の場合はプレミアムポイントは一切付与されないので、これを使ってしまうと本当に飛行機乗るだけになってしまう。

やっぱり飛行機だと移動時間は短い。昼頃の便に乗り、夕方には大阪に戻ってお酒の購入。晩は亡父の縁で家族共々チケットをもらっていたので、大阪城公園近くのいずみホールにてクラシックコンサート鑑賞。その後、亡父の友人の方々と共に遅めの食事がてら京橋に出た次第。


 奥丹波 にごりざけ 醪(ろう)
2011年12月28日 (水) | 編集 |
2011年12月27日

いよいよ年の瀬、周りも公務上の休暇に入り、こちらもひとまず年末年始休みに突入しつつある。この頃になると、暖冬気味であっても冷え込みが厳しくなり、大阪・京都でも実に寒い。

同時に、いわずもがな新酒の時候、本日は友人よりもらった活性にごり酒「奥丹波 にごりざけ 醪(ろう)」、醪の字を当てているのはストレートな表現、公式サイトによると桶底に溜まったもろみ部分のみを詰めたとある。醪は概して「もろみ」と呼ぶ場合が多い(ATOKなんかでも変換できる)し、それが一般的であると思っていたが、手元の電子辞書の漢和辞典を見ると音は「ろう」のみであった。

奥丹波 にごりざけ 醪(ろう)

噴き出すかもしれないので、底に滓を溜めたままで恐る恐る開栓するものの、全然反応なくて拍子抜け、一応、微炭酸程度にガスを含んでいる状態だった。やや麹の風味が重いかという印象ではあるが、ガスを含む新酒は概ね美味しく頂ける。

さて、28日は日中にプレミアムポイント調整のためにちょいと羽田空港へ(苦)、晩は大阪にてクラシックコンサートの予定。



 クリスマスに赤ワイン「PARCELLE A335 BORDEAUX ROUGE 2008」
2011年12月26日 (月) | 編集 |
2011年12月25日

この土日に作業していた、最低でもこれだけは本年に仕上げなければいけなかった分が概ね執筆し終わった本日である。

PARCELLE A335 BORDEAUX ROUGE 2008

イブは粕汁と清酒で全然らしくなかったが、本日の25日クリスマス、洋風よりなハム類などもあって赤ワイン「PARCELLE A335 BORDEAUX ROUGE 2008」、シャトーモンペラの、成城石井専売のデイリーワイン。取り立ててここが悪いと言うこともないんだが、開栓してからしばらく経っても硬い印象、普段に気軽に飲むワインとしてはリピしようかどうかの評価はし難し。食後も継続して頂いている時分には良い感じになった、今回は。


 2011年〆な東京出張
2011年12月23日 (金) | 編集 |
2011年12月22~23日

現在東京滞在中、おそらく本年最後の出張かと思う。23日に用務があり、前泊で東京に入った次第。

22日は連休前日ということで、羽田までの飛行機はほぼ満席、かなり後ろの方でかろうじて通路側を確保できた。東京に着いて、銀座の定宿に向かうわけだが、やはり銀座は人出が多い。忘年会もピークでしょうしね。21時もそれなりに過ぎてから、まずは夕食とポール(旧ポンデュEx)に向かうも、こんな寒い中で二組ぐらい外に待っていて断念。サクッと腹ごしらえにと一風堂で餃子とビール、そしてラーメンを食し、定番のBAR酒仙堂へ。

この時点で22時過ぎ頃、とりあえず一人ならばなんとか潜り込めたが、当初は満席状態で混み合っていた。23時頃には客が引けて一人に。しばらく主にいじられる。その後にちょこちょこ常連さんも来て安定状態、0時半ぐらいだったか、別途忘年会に行ってられたT.J氏が合流して歓談、今度はみんなにいじられつつ、すっかり営業時間を過ぎて解散、ゆるゆると夜更かしでしたわ。


 今期新酒の第一弾、写楽純米酒初しぼり
2011年12月17日 (土) | 編集 |
2011年12月16日

師走とはよく言ったもので、あれよあれよと日が過ぎている。もう今年も半月を切ってしまった。なんとも嫌になりますわ。

写楽初しぼり

この師走の候は、一方で年間を通してとりわけ嬉し困りな時期でもある。そう、続々と新酒が蔵出しされる時期。ここ四日ほど、連日飲んでいるのは福島の宮泉銘醸「写楽純米酒初しぼり」、私にとっては今期の新酒第一弾。微妙に滓が入ったメロン様の香味にて、新酒の生酒というものをストレートに味わえる出来である。このところ魚や鍋物といった献立が続いているので(赤ワインを出すには無理がありすぎ)、必然的に清酒となる、ということもある。すでに毎年絶対外さない「大黒正宗」のしぼりたても手元にあるし、一本は予約している分もある。それにIさんところでSのにごりを買うつもりだし、大晦日には本年の〆としてSさんところで何本か求めたい。なのでピッチ早めにガッツリ飲んでいかねば冷蔵庫が、ね。それに来週は現時点ではゼロだった忘年会やら飲み会やら出張が入っており、月~金で家での晩酌は一日のみという見通し。


 案外早かった
2011年12月10日 (土) | 編集 |
すでに書いていた様につい先日に楽天プレミアムカードを作ったが、主目的はプライオリティパスの取得である。ネット上によく転がっている話だと、「カードが手元に届かないと発行依頼はできない」、「プライオリティパス発行の依頼をしてから申請書が届く」、「申請書を出してから発行まで二週間程度」ということだったので、私も気長に待つつもり(直近で海外行くことないし、年内の国内出張はせめて次年度もANAのブロンズ会員をキープしておこうとプレミアムポイントを貯めるため、プレミアムクラスに乗るつもりだし)だったのだが、あまりにも簡単かつ早く届いたので、楽天カードさんの対応を評して記しておく次第。

まず手続きの話だが、カード本体が届くまでは依頼できないのは変わりないが、いちいち申込書を送ってくるということはなく、楽天カード会員の管理ページである楽天e-NAVIにて、プライオリティパスの申し込みボタンをクリックするのみ、かなり手続きは簡便化されている。

そしてカードが発行されて手元に届くまで、私の場合は一週間かからなかった。申請受付が今週の月曜日で、手元に届いたのは金曜日だった。カードの発行申し込み自体が先月末だったので、カード発行申請から計算しても二週間を切っている。案外早かったわ~。

 KIWI CUVEE pinot noir 2009
2011年12月09日 (金) | 編集 |
2011年12月8日

KIWI_CUVEE_pinot_noir_2009.jpg

赤ワインを飲んでいる記事が続く。いやはや、記事にしていない日には清酒の方をよっぽど飲んでんだが、この頃は赤ワインの方がテンションが上がる。つぶやいてはいたが、赤ワインをがぶ飲みした翌日にやたら顔のお肌がスベスベ・ツヤツヤになったことがあったので、「赤ワインは身体に良い」という俗説に荷担したくなった次第。以前から赤ワインは性に合ってるとは感じていて、白よりも選択する割合が高かったが、それに拍車がかかっている。この頃は産地を問わずブルゴーニュ的なものを買いがちで、系統的には先日飲んでたJACOB'S CREEKと縁のある醸造家がフランスで作っているという話のKIWI CUVEEのpinot noir 2009、上代千円台で舶来物のワインが十分楽しめる時代というのは喜ばしいことかと。

ところで、10月にあった健康診断の結果が届いた。実は血液検査を含む健康診断を受けたのは今回が初めてで、お酒を嗜む者としては最も気になる肝臓関連の検査、特にγ-GTPの値は怖かったのだが、数値自体は全くの正常(念のため、特に制限もされてなかったのでその前日もほどほどに晩酌していた)、むしろ相当低かった。ちょっと低血糖だった以外は全て正常範囲内。我ながら丈夫な肝臓ですわ(しょっちゅう二日酔いしてるんだが)。

 JACOB'S CREEK pinot noir 2010
2011年12月04日 (日) | 編集 |
2011年12月3日

昨日は晩の飛び込みで映画館に『スクライドオルタレイション TAO』を観に行ったが、いやはや基本テレビ放送版の前編(1~13話)の編集を基本に、一部新規追加シーン(といっても極少ない)があるというもの、全然知らない人にとっては流れが掴みきれない感もあろうし、すでに全話視聴しているものにとっても目新しい部分が限られる。それでも、映画館の大音響の良さというのもあるが、全般的に各シーンのBGM、さらにクライマックスの盛り上がり場面も大きく変更していてしっかり盛り上げてくれてる(正直13話を視聴した際にはカズマが第二形態を発動してすぐ向こう側の扉が開いてあまりカタルシスはなかったが、グッと良くなった感じ)。それでエンディングに本編のOPのReckless fireの2011年バージョンがスタッフロールと共に流れる。観客は少なかった(スクライド好きばかりなのは確かだろう)が、誰一人としてスタッフロールが全て終わるまで立たなかったのは映画館に来たことのある経験の中で初めてだ。また追加シーンもクリエイターつながりでの『無限のリヴァイアス』からのセルフパロディ(ネーヤやこずえがホーリー隊員になってる、他にもいたかも知れんが確認できなかった)なんて、あれはファンサービスですなぁ。

JACOBS CREEK pinot noir 2010

昨日はこの間の海外出張の疲れが一気に出た感じにて、休肝にして早めにバタンキュー。本日も朝はゆっくり寝てしまった。そして今日、むしゃくしゃしてしまっていた時にはワインを開けたくなると言うことでオーストラリアの赤ワイン「JACOB'S CREEK pinot noir 2010」、ブルゴーニュ的なボトルにて、風味のイメージはその系なれど、日本で1k円強で売られているワインとして納得の内容、個人的には良い印象の意味にて。


 海外出張二連発を終えて、やっとボージョレ・ヌーボーも堪能して
2011年12月01日 (木) | 編集 |
2011年11月30日

Twitterでしか触れることが出来ていなかったが、この11月の下旬は台湾と韓国への海外出張が二連発、年内の最大のヤマ場とも言えるところ、なんとか乗り切った。韓国の方の出張を終えたのが28日のこと、まぁ忙しさは相変わらずで、自身の課題も満載。なかなかままなりませぬ。

2011年ボージョレ


そうそう、昨日29日は話題遅れまくりでようやっと購入していたボージョレ・ヌーボーを堪能する。実際には解禁直後にも一応ボージョレ・ヌーボーを口にしたが、家族が買ってきていたもので大手量販系が扱っているいわゆるペットボトルもの、あんま悪口は言いたかないが、いくら何でもこれはないわって代物、なのでその翌日に成城石井でほぼ毎年飲んでる定番のヴィラージ規格のノンフィルター仕様、マノワール デュ カラを購入していた。このラベルもすっかりお馴染みだ。今年も旨味十分で期待通り。

ところで、昨日、かつてクレジットカードのダイナースクラブに申し込んだが瞬殺(機械的なスコアリングで即お断り、確か今年の夏頃のことだったと思う)された旨をつぶやいたばかりなのはまず関係ないと思うんだが、本日午後にシティカードジャパン(ダイナースクラブは現在シティカードジャパン傘下)より「ダイナースクラブ」と明言して携帯の番号に電話がかかってきて、クレジットカードの案内だとのことだったが、ちょうどその時、結構重要な業務上の電話を待っていた時でそっちに意識が行っていたし、時間がない旨を告げたらまた後日かけ直すとのことでひとまず終わった。メインバンク以外に海外出張時のキャッシュ確保の手段としてCitibankの口座も持っていることもあるし、「シティカード」と聞いた時点でシティリワードかシティエリートあたりのプロパー的なカードの勧誘だろうと高をくくっていたが、だったらわざわざ「ダイナースクラブ」とは言わないよなぁ。多分、件の瞬殺された時の申請内容を元に連絡してきたんだろうが、入れてくれるのかしらん? 再度の連絡が来ないとよく分からんが。

一方で昨日、楽天プレミアムカード(年会費10,500円で年会費399ドルのプライオリティパスが付帯する、国内クレジットカードで破格の最安値)を申し込んだところ即審査通過で発行してくれる運びになったが、本日カードのショッピング枠等の設定内容の連絡が来たところ、いきなり現在所有している三井住友のゴールドと同額設定とのこと。「クレジットカードの与信枠は所有分合算で年収の三分の一程度」、という話が今でもしばしばでるが、それはもはや都市伝説ですな。キャッシング枠については近年総量規制で年収の三分の一までということになっているが、それと混同されているせいか。私の場合はすでに楽天プレミアムの申し込み前の時点でショッピング枠合算が年収の半分に到達していたぐらい。ショッピング枠については各クレジットカードの裁量にまかされているといったところだろうが、これだけ与信枠をつけてくるのはメインカードとして使って欲しいという意志の表れかと。基本的に決済は楽天利用時しか考えてないんですが(汗)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。