日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 キリン秋味、杉勇特別純米山卸生もと原酒
2011年08月30日 (火) | 編集 |
2011年8月30日

「せっかくだから、俺はこの赤のビールを選ぶぜ!!」

キリン秋味

ということで、夏の終わり、先取りの秋を告げるが如く発売される毎年恒例の季節ビールである「キリン秋味」、店頭に並んでいたら手が伸びる。

「熱処理ビールだぞ、気をつけろ!!」

ということで、少なくとも大手国産ビールでは希少な熱処理ビールでもある。現行の商品ではキリンのクラシックラガーか、サッポロラガー(通称赤星)ぐらいしかないはず。少し前にはキリンが主力とすべく投入したゴールドとニッポンプレミアムがあったが、いずれも消滅の憂き目となった。だから熱処理ビールであることの魅力をウリにアピールすべきと言ったじゃん。「秋味」は定着してるからいいのかもしれないが、一切熱処理ビールであることを明言しないもんなぁ。ウチのブログへのアクセス解析すると先のリンクつけた記事の関係で「熱処理ビール」といったキーワードが定番であったりする。ちゃんと説明してよー、大企業なんだから。

0830杉勇

主菜はトンカツにて、焼酎でもよかったが気分が清酒にて、山形の「杉勇特別純米山卸生もと原酒」、生もとにこだわる点は魅力的、ぬる燗にしても良し。夏ゆえの燗酒、流行らんかね?

※台詞は言わずと知れた伝説のクソゲー、「デスクリムゾン」ネタ。

スポンサーサイト

 イタリアン「イルチプレッソ」
2011年08月29日 (月) | 編集 |
2011年8月29日

先週は非常に憤慨する出来事があり、基本ブログ上では公務の事には触れないことにしているので内容は書きませんが、何のために国家政府が存在しているのやら。。。

本日はパン職人な友人と夕食、大阪西天満のイタリアン「イルチプレッソ」、食べログなどを見る限りかなりの人気店の様子である。店の内装は簡素でリストランテ的な雰囲気はあまり感じさせないが、料理の内容およびCPは高評を裏付けるかの如く。量は少なすぎず多すぎず、二人でシェアするにはちょうど良いボリュームである。前菜2・パスタ2・メイン1にデザートという注文で満足満腹、私はそれにビール(カールスバーグ)一杯とハウスワイン白のデキャンタを飲む(友人はアルコールがダメ)。

110829イルチプレッソ01
110829イルチプレッソ02
110829イルチプレッソ03
110829イルチプレッソ04
110829イルチプレッソ05
110829イルチプレッソ06

二つ目の兎のテリーヌは取り分け後のもの。メインは短角牛、4月に岩手に行った際に食す機会があったがあまり出回らない肉牛ですな。デザートは見た目コーヒーだが内実はカラメルのゼリー

 夏バテ気味か
2011年08月24日 (水) | 編集 |
2011年8月24日

21日から一泊の白浜の出張にて、晩はしこたま飲んで翌日は二日酔い気味、故に22日は休肝日とする。昨日23日は遅い帰宅にてヱビス一缶とゴーヤチャンプルの出来損ない(豚肉なしだったんだが、豚肉の存在がゴーヤチャンプルのキモだと感じた次第)等に合わせて芋焼酎「さつま寿 桜」の湯割り。

それにしても、寝ても寝ても寝たりない感がある。色々と調子の出ないこの頃だったりする。そんな中でも、なまった身体を絞らねば気が済まぬで、筋トレやその場ランニングで汗を流す。そしてがっつり熱い風呂にも入ったらかなりへろへろになりますわ(当たり前か)。

0824不老泉備前雄町


本日の晩酌、まずベアレンのクラシックの後、鱧の天麩羅に合わせて「不老泉 山廃純米吟醸備前雄町」を冷やにて頂く。本日は感想保留なれど、購入時の試飲にて、一番身体に馴染んだ一本なり。



 明日から一泊白浜
2011年08月21日 (日) | 編集 |
2011年8月20日

昨日の雨の後ぐらいから気温が下がり、ぐっと過ごしやすくなった。家で寝るときには一切エアコンを使わない私、一昨日までは実に寝苦しい晩が続いていた。確実に一回は水分補給で起きざるを得なかった。それが昨日はどうだ、夜中に起き出すことはなかった。不快度合はかなり低減されている。

晩酌には最初にシルクヱビス、小麦麦芽も用いているアレ、いまでもコンビニでも売っている。ところで、ビールで用いる原料は基本的に大麦麦芽とホップである。麦と言っても大麦の方である。小麦を用いるのはヴァイツェンなど、特定のタイプの場合だけである。

主菜に湯豆腐、飲むは先日購入して飲み出した清酒「花巴 山廃特別純米酒無濾過生原酒」の20BY、よく見ると酵母も無添加にて、野趣の感じさせる香味、されど商品として十分成立している水準、本日の感想として、冷やのままでもゆるゆる染み入り実に美味い。

さて、明日は一泊の予定で白浜に出張というか合宿の予定、数年前にも訪れたことがあるが、眼前に砂浜海岸のホテル、ま、泳いでる間はありまへんが。


 サッポロファイブスター、杉勇、三年越しのデュベル
2011年08月19日 (金) | 編集 |
2011年8月18日

お盆休みの気分が抜けきれないこの頃、本日も21時前には帰宅する(世間一般じゃ遅いって!)。腹筋中心に筋トレして風呂に入って汗を流す。

0818サッポロファイブスター

猛暑が続く中、ビールが実に好ましい。少し出遅れたが、コンビニ限定のサッポロファイブスターの500ml缶を帰りがけに購入してのっけに頂く。飲み比べてみないとハッキリ言えないが、この時期に最初の一杯としてゴキュゴキュ飲んで美味いビールである。食事一歩前に枝豆と共に。

0818杉勇

主菜に頂き物の三重県尾鷲の干し物の内のカマス、好ましい塩加減で実に美味し。合わせる酒として山形県の杉勇の生もと純米原酒(美山錦)、開栓して随分経つが良い具合にこなれている。冷やのままで、原酒とは感じさせない柔らかさでスルスル飲める。

0818デュベル

食後に、いい加減飲まねばなと思っていた、三年以上放置していたベルギービールのデュベルを開栓する。これ、2008年3月のヨーロッパ出張の際に購入していたものだが、なんとなくもったいなくてこれまで置きっぱなしにしていた。劣化してしまっているかなぁという不安はあったが、これがまた、オモシロイ具合に熟成されていた。特徴であるアルコール度の高さ(8.5%)はほとんど感じさせず、後口に栗を彷彿させる甘く香ばしい香味が漂う。純粋に美味い。こういうところがベルギービールの懐の深さですなぁ。


 軽く、花巴 山廃特別純米酒無濾過生原酒20BY
2011年08月17日 (水) | 編集 |
2011年8月17日

お盆休みを引きずっているような、日常に戻っているような、そんな狭間な本日、大阪駅など観光や行楽の客がまだまだ目立つし、一方で帰りがけの天満などは勤め帰りの呑み客で賑わっている。本日は早めに帰ってきて、かなり久々に杉本商店に赴いて清酒購入。

0817花巴

本日購入したモノでさっそく出したのが奈良県吉野の美吉野醸造「花巴 山廃特別純米酒無濾過生原酒」の20BY、濃ゆいタイプであるので主菜の鶏唐揚げにもちょうど良かろうと思った次第。燗にしてゆるゆると軽く一合頂く。

 天満、酒や肴よしむら
2011年08月15日 (月) | 編集 |
2011年8月15日

お盆休みにさしかかってから、ちょうど関西に滞在されている旧知の太鼓持さんよりお声がかかり、本日の晩にご一緒することとなる。お盆も15日となると休みの店が多くなるわけで、いつも行くお店が軒並み休みではあったんだが、以前よりチェックしていたお店で特にお盆休みを設定されていないお店を予約をする。

お店が18時からなので、その前に一杯でも天満の飲み歩き的ノリで止渇がてらということで天満駅での合流でセットしたのだが、定番の目星をつけていた立ち飲みが閉まってて(日曜定休でお盆休みの告知ナシ)、飛び込みで入ったお店で生の琥珀ヱビスを一杯。立ち飲みではなかったので単価はアレだが、生の琥珀ヱビスはやっぱり美味い。

軽く呑んで、予約していたお店の方に移動、大阪天満宮近くの「酒や肴よしむら」、これまで度々訪れている「蔵朱」さんや「かむなび」さんと一緒に日本酒イベントを企画されていたり、懇意の酒屋「杉本商店」さんと交流があったりと非常に気にはなっていたのだが、訪れる機会を持てずにいた。ということで、こちらも初訪ということではあったのだが、なかなか期待通りだった。日本酒の揃いは充実しており、料理も惹かれるラインナップで、実際に注文したモノに外れはなかった。また再訪いたしたく。

0815よしむらさんにて

お酒は利き酒セット(天寶一、鶴齢、宗玄)から始め、愛媛の川亀や香川の誉凱陣、日置桜などを主に燗で頂く。ほろ酔い気分にて、お盆も終わりなので今回は早めにお開き。マッスルホルモンなど、今回閉まっていたお店にはまたの機会に是非。


 かどや酒店、お盆のワイン飲み会
2011年08月13日 (土) | 編集 |
2011年8月13日

ということで、本日はかどやさんのワイン飲み会、ワインを飲みまくって、空けた分の代金を参加者でシェアするというわかりやすい内容。

0813かどやさんのワイン飲み会

デイリーワインの率が多かったので、結果、たったの2K円でしたわ。(安っ!)


 お盆休みにさしかかり
2011年08月13日 (土) | 編集 |
2011年8月13日 昼

先だっての一週間超の東北出張から帰った後、どうにも疲れが抜けないまま溜まった仕事に追われたりと、あれよあれよとしている内にお盆休みにさしかかる。13~15日は、仕事場がサーバーや水道等の定期メンテナンスに入って機能しなくなるので、人並みに休暇となる。14日に関しては丸一日墓参りのハシゴと母方実家のお参り、会食にと立て込んでいる。

昨日12日、お盆休みを目前として、その間の飲みをがっつり楽しむことも踏まえて休肝にする。ついでに、身体を絞らねばと筋トレやその場ランニングで汗をかく。野菜ジュースもガンガン飲む(それは普段通りか)。食事に合わせては炭酸水のペリエ。そんな健全な一晩。

本日、朝は夏休みの小学生並に遅くまで寝てて、起きてから鯖虎あつしがノミにやられて首回りを中心に腫れてしまっていたので動物病院に連れて行く。ここ何年もノミは付かなかったんだがなぁ。フロントライン(ノミ取り薬)を塗ってもらって、飲み薬を処方してもらう。それでしばらく様子見。ノミが移る場合もあるので茶虎ゆうきとチビ黒キキの分のフロントラインも購入し、一気にノミ駆除とする。

さて、本日はかどやさんとこのワイン飲み会。用意した持ち寄りのアテは、超ベッタベタで被る可能性大ですが、この飲み会で私が持ってくる定番品なのでご容赦のほど。


 琉球泡盛 春雨ブルー25度
2011年08月08日 (月) | 編集 |
2011年8月8日

一週間超の出張から帰った翌日、温泉有りの宿に泊まっていたりしても、やはり疲れが溜まっている感じ。本日は振り替え的(いつの分?)に休みとする。鍼灸(これは前から予約が入っていた)いったり、自転車で走りに行ったり。月曜日だと身近(大阪府内)の馴染みの酒屋さんがどちらも休みなので、そちらへの訪問には当てれなかったのが残念。

春雨ブルー

本日の晩の主菜にゴーヤチャンプル、となれば泡盛を持ってきたいのが自然な発想、先だっての沖縄出張の際に買い込んでいた泡盛の内、宮里酒造所の「春雨ブルー」25度(本来なら30度を選択するところだったのだが、購入時はそこに気が回っていなかった)、「春雨」は泡盛として誉れ高い銘であるが、その3年古酒(クースー)に当たる。ラベルの白抜きの部分が青みがかっており、3年というほどほどの熟成(定義上古酒を名乗れるライン)で、まだ気軽に買える価格でもある。

ストレートでも荒さは特に感じない。ロックで飲めば甘いバニラ様の香味が楽しめる。水割りではスルスル飲める。そういうバランスの良さが完成度の高さを体現しているかのようである。逆に優等生すぎて面白みがないという感想があるかもしれないが、状況や体調に関わらず安心して選択できるという点では高評価であることに変わりないだろう。


 国内としては長期出張から帰る
2011年08月07日 (日) | 編集 |
国内で一週間超の出張は珍しい。

0807杉勇

とりあえず本日はベアレンのクラシックと杉勇を燗で。久々の家飲み。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。