日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 7月も終わりかけのバカンスシーズン
2011年07月30日 (土) | 編集 |
2011年7月30日

なにげにブログもつぶやきもしてられる状況ではなかったこの間、むしろ飲みの約束が続いて休肝ができなくて辛かったりした。とりあえず一昨日にアルコールをなしにできた。

本日、出勤していて、帰りは酒楽座いのうえさんの立ち飲みに寄る。そこでベルギービール三種、ヴェデットの生、フローレフ・トリプル、カンティヨン・グースと頂く。

食はつまみ程度だったので、腹を満たすことも含めて、帰りがけに天満のマッスルホルモンに寄ってがっつり食す。これでひとまずスタミナ供給。

明日からは一週間ほど東北、宮城県の仙台方面へ出張。合間に一日空きがある(そのため出張経費での滞在費をその分差し引いて申請している)ので、ちょうど世界遺産への登録確定した平泉を散策し、一関で酒蔵併設レストランを訪れようかと画策している。ま、そんなこんなで8月上旬はほぼ関西にいまへんわー。

スポンサーサイト

 前半も大詰め
2011年07月23日 (土) | 編集 |
2011年7月23日

20日の台風接近に伴って延期となった仕事が22日に連れ込んだ形になったが、まぁ無事に最終回が終了し、今年度の前半も大詰めな状況にはある。明後日は天神祭だが、その日は日帰り東京出張、花火が終わる頃に帰宅だろうな。

昨日はそのこともあって、酒楽座いのうえさんの立ち飲みに一人打ち上げな感覚で赴く。加えてこの日、後輩から生ものの菓子を多め唐突にもらい(ヤレヤレ┐( -"-)┌ )、持ち帰ってもウチの家だけではもったいないなということもあり、せっかくなので立ち飲みに来てはったお客さんで一緒に頂こうという考えもあったわけで。

FARO.jpg

飲みは定番のヴェデットの生に特別提供中のアベィデロックの生、それにランビックのリンデマンズのファロ。食事メニューは結局注文せずだったのだが、場が盛り上がって23時近く(一応、閉店は22時)に先んじてドロン。

杉勇生もと特別純米原酒2回目

本日、一応はフィクスした予定はなし。通常なら月月火木金金感覚のルーチンで業務に入るところなんだが、疲れからか昼前まで寝てしまったのでもう完全休日にする。昼下がりにヘアカットとヘッドスパを入れ、その後はサイクリングも兼ねて要本人確認の郵便物の受け取りにいったりと、私的な用事を済ます。本当はご無沙汰している馴染みの酒屋さんにも行きたかったが、時間がなくなって諦める。帰宅してからはすっかりエントロピー増大しまくりな机周りの整理、20時半ぐらいには切り上げて、風呂入って晩酌という流れである。

飲むは数日前に開栓した山形の「杉勇生もと特別純米原酒」、割り水かけて、燗にして、すこぶる良い。


 杉勇 生もと特別純米原酒
2011年07月21日 (木) | 編集 |
2011年7月20日

台風が最接近し、特に警戒が必要とされた本日、ハッキリ言って、昨日・一昨日の方がよっぽど荒れていたし、雨も降っていた。京都では朝方に暴風警報も出ていたが、昼過ぎには日差しも出てきて台風一過状態。とはいえ、午前中に警報出ていた関係で延期事項が出たりと、迷惑だけはキッチリ残してしまっている今回の台風。

杉勇生もと特別純米原酒


本日は少し前に購入していた山形の清酒「杉勇 生もと特別純米原酒」を開栓する。原酒なれどそのような重たさは感じず、生もとなれど変にクセがあるような事もなし。「飲むと幸せになれる」系である、土用の丑にちなんで主菜は鰻。

 あいかわらず
2011年07月19日 (火) | 編集 |
2011年7月19日

くそ忙しいっす。どれぐらいかというと、撫子JAPANの決勝戦の話題を丸一日遅れで知ったぐらいだ。Superflyの楽曲や「少し楽しくなる動画」で何とかふんばっとりますわ。

明日の午前中、近畿地方に台風直撃の予報、もう勘弁して欲しいわ。明日は前期最後の○○なので、警報で休みになって延期になったら非常にマンドクサイ('A`) 明日でケリつけさせてー。

昨日は原稿締め切りに追われていたこともあって休肝、本日はサッポロ黒ラベルと神亀の樽酒の燗、疲れでプッツンきそうな体調にはまぁちょうど良かったのかなと。



 気の落ち込み
2011年07月15日 (金) | 編集 |
10日の日曜から12日の九州方面への出張、10日晩は佐賀駅近くの宿泊ホテルの前にあった居酒屋に入ったがこれがなかなか当たりで、料理は2,700円のお任せコースで頼むことになったんだが、これがまた豪華で、近海の天然モノの魚のオンパレード、美味いし量もがっつり、それで佐賀の「鍋島」等の地酒を飲みまくって一人5k円以下、実に良い。11日は小倉にて、駅南部の商店街内の割烹的な居酒屋に入るが、こちらも奥座敷の環境が良くて当たりな感じ。昨日ほどのコスパでないが、魚料理を中心に九州の地酒を飲んで堪能する。

12日は出張帰宅後、作業も詰まっていることもあり休肝日としてアルコールなし。

13日は和醸さんと落ち合う形で京都の酒楽座いのうえさんとこの立ち飲みに赴く。

14日は東京日帰り弾丸出張、つぶやいていたとおり新幹線の席の巡りが往復共に最悪レベルで、すっかりメンタル的に落ち込む。大阪に着いてから、このむしゃくしゃをどうにかしたいと外飲みしようと彷徨ったのだが、どうしても不運・トラブルが続く様な気がして門戸を叩く気になれず、結局帰宅する。がぶ飲みワインをしようと、ほぼ一人で飲む形で赤ワイン、成城石井販売のアッセンブラージュ2008を一本開栓・飲みきる。時には家飲み自らにも関わらず飲み過ぎるぐらいのことはアリですわ。やり過ぎるとアル中だが、業務での失敗などで非常に落ち込んでいる時などにはそれが救いになるのだ。

 ホルモンが続いたりと
2011年07月10日 (日) | 編集 |
2011年7月6~9日

6日、とにかく帰りが遅かったということは覚えているが、何を飲んだかはすでに忘却の彼方。

7日、和醸さんと一緒に京都のAbats奥村さんと酒楽座いのうえさんの立ち飲みに赴く。奥村さんではもう食べ納め?な生のレバーやハツなども頂く。鳥取県が先んじて禁止条例を出すなど規制が加速度的にかかってきてて、某焼肉チェーンと某卸、食文化の破壊という意味では某テロ環境保護団体・ナンチャッテ環境保護団体と同レベルである。なんちゅうか食中毒の危険性では魚の造りをはじめとして生もの全般に伴うし、実際に目立った食中毒問題を起こした訳ではない生レバーに照準を合わせた規制、素直に受け入れられない感がある。とまれ、奥村さんところでは蛸の子や赤ウニなど希少なものを食せ、いのうえさんところでは普段飲むことの少ない特別なランビックを二本ほど空ける。美味しゅうございました。※私信:『ランビック-ベルギーの自然発酵のビール』、和醸さんから一冊買い取らせて頂きました。またじっくり読みたいと思います。

8日、家族が外食ということでこちらも晩は一人で外飲み、帰りがけにマッスルホルモンに立ち寄る。昨日の飲みがやや過ぎたので酒は瓶ビール(大)一本とマッコリ一杯ぐらいに抑えて、串を中心に頂く。連日ホルモンを食すことになる。

9日、普通の晩酌、ベアレンのシュバルツと「写楽 純米吟醸生酒 備前雄町」を少々。

さてと、10日から12日にかけて九州北部方面に出張。少し前に沖縄を訪れたりしたが、九州本島は中学の修学旅行以来だったりする。とりあえず行きは福岡まで空路で行く予定なので、ゴールドカードのラウンジを初利用してみようかなと(海外出張時の機会に恵まれ、ビジネスラウンジならば何度も利用したことがありますがね)。



 2011年7月5日 休肝日
2011年07月06日 (水) | 編集 |
前記事でクレジットカードの話題をしたが、グーグってみると私と同じ肩書きではクレジットカードは作れないなんて話まである(まぁこれは特定のパターンであって、私の場合は当てはまらない)。まぁ立場云々よりも30代にでもなってから、ようやく初めてクレジットカードを所有しようとすることの方に難があるんではないかと思うが、ともかく私がしたみたいに大学生の内に学生専用カードを作っておくのが最もハードルは低い様子である(概して三井住友などの銀行系のカードは審査厳しめらしい)。それでクレヒスを積んでおけば今後の審査の評価対象にもつながるわけだし、○○○○であってもヘタな事故を起こさなければクレジットカードをキープしていられる。私の場合は学生時分から持ってたことからクレジットカードなしの生活など不便で考えられんぐらいだが、そもそもクレジットカードなしでは完全に支障を来す場合もある。海外出張の場合は特にそう。ホテルの宿泊一つとってもチェックイン時にデポジットでクレジットカードの提示がまず求められる(グループの場合やツイン部屋なら代表1名だけでいいことはある)。

さて、本日は休肝日。この頃、水曜日の前日は万全を期して体調を整えとかねばなと。

 ゴールドカード
2011年07月04日 (月) | 編集 |
2011年7月3日

学生の頃からメインのクレジットカードは三井住友(以下、SM)のVISAで、長らく標準のクラシックだったが、そろそろ現在使用しているものの有効期限が近づいてきていた。そしたらカードの更新に際してゴールドカードへのアップグレードの案内、いわゆるインビテーションが来ていた。自分の場合、ゴールドカードを持てるような身分でねーなと、端から考えたこともなかったし、それよりもANAのスーパーフライヤーズカードが欲しいところ(ゴールド版も存在するが、基本はあくまで標準ラインのカードなので、条件さえ満たせばすでにANAのワイドカードを所有している私の場合は切り替えになるはず)なんだが、なんだかんだとメインでお世話になっているSMの基本カード、ゴールドにアップグレードしてくれるというのは願ってもないことである。

いきなり突撃しても、属性的にまずゴールドは無理だろうと確信している。余談ながら、先日空港にてANAのAMEXカードのキャンペーンブースで冷やかしがてらに勧誘に付き合った際に、「多いときにどれぐらい海外出張されますか?」という問いに「月に2~3回(事実だし)」と答えたら、何か勘違いされてゴールドカードを進められたが、○○○ワーキングプアとかホームレス○○なんて言葉もあるようなしがない立場、まず無理だって。ただ、SMの場合だけは可能性はあった。理由として保有していたクラシックカードでは、

(1)ずっと昔に一回支払い日に入金が間に合わなかったぐらいで、少なくともここ7~8年のクレヒスは綺麗。なおかつ経費立替等で月10万円越えの支払いも多い(優良顧客)。

(2)上記の経緯もあって与信枠も限界以上に育っていて、すでにゴールドの最低限度額ラインを超えている(ゴールドの限度枠に与信が足りずに落ちるという事はまずない)。

(3)何よりも、更新に際してインビテーションが来ている(事前の審査ではすでにクリア)。

といったことが挙げられる。この時点で所有しているカードはSMのクラシック以外に、関西私鉄系のICカードPiTaPaを使うため(かつ阪急・阪神百貨店での買い物で割引き)に阪急のペルソナSTACIAカード、空路の出張時のお供であるANAワイドカード、陸路の出張時のお供であるJRのJ-WESTカード、それと若気の至りで作ったMUJIカード(かつては無印週間の10%割引きでアドバンテージが高かったが、最近では全くメリットがない)といったところで、MUJIカードは置いておいたら、基本は実用性重視の交通系ばかりである。この中でペルソナとANAはSMと提携していることから、所有していたクラシックカードと利用枠を共有化する形で非常にすんなりと作ることができた。J-WESTは三菱UFJニコスとの提携だったので、最低ラインの限度額でかろうじて作ることが出来たという際どさだったりした(現在ではそれなりに与信枠は増えている)。つまりはSMだけにはクレジットの面で優位性を持っているのである。

さりとて、実際に申し込んでからカードが届くまでは不安なものである。二週間前に申し込み、一週間前にキャッシング事前確認書が届き(これが届いたら9割方審査合格と判断できる様子)、そしてこの土日出張の間にカードが届いたという次第である。現物が届き、ようやく実感を抱く。それに、限度額もこれまでのクラシックカードに比べて66%増の大幅up(正直、限度額はクラシックから据え置きになるものと思っていた)、それだけ認められたということで実に嬉しい(そこまで使うことはまずないけど)。ということで、ゴールドカードホルダーとなりましたとさの巻。

追記:SMBCだと銀行のキャッシュカードと一体化したクレジットカードと紛らわしいので修正。ただ、三井住友VISAカードの公式ページのアドレスはwww.smbc-card.com/である。

 清酒を飲まねば
2011年07月04日 (月) | 編集 |
2011年7月1日

結局普通の平日である本日。帰宅して、風呂上がって、まずはビールという段に携帯に連絡が入っていて急な業務、ごく簡単なメモながら英語の書類作り。それを理不尽だとか言っていては物事は動かんのですわ。

よくよく考えると先週金曜の東京出張帰りに新幹線内で山形正宗を飲んで以来、清酒を口にしていなかった。そりゃ心身ともにおかしくなるわ、ってなぐらいに清酒は自分の中でデフォ、本日はベアレンアルトの後、福島の宮泉酒造「写楽 純米吟醸 備前雄町」を頂く。

写楽備前雄町91


この写楽の雄町、実はそこそこ前に開栓していたものだが、開栓当初は甘味ばかり目立ってちっとも良くなかったが、(冷蔵庫で)寝かせておく内に芯が一本通った均整のとれた香味になってきた様に思える。口に含むとナッツやレーズン様のほんのり甘味が来て、味切れ良いが苦味の伴う余韻も残る。つまりは重たさを感じずに杯を重ねてしまうレベルである。気分もほぐれる酔い心地。

2日、3日と一泊二日で東京出張、当然業務である。

 基本頑丈
2011年07月01日 (金) | 編集 |
2011年6月30日

昨日は記したとおりにかなり身体にガタが来ていたし、本日出張なのに朝も起きるのが辛かった。なかなかベットからでれないものだから朝食の時間もなくなって、ギリギリの時間で新幹線に飛び乗ることになる。途中にコンビニや売店に寄る間もなかったので、車内販売でサンドイッチとホットコーヒーを購入し、日経を読みながら食す。そうしている内に、朝にはガタガタだった身体が復調してくる。なので日中の出張業務も問題なく終える。基本的に、病原菌や毒にでもやられない限りは回復の早い私、以前に過労で腸にガスが溜まって寝込んだことがあるが、それからは同様にガスが溜まりだしても早々に排出するようになるといった具合に、一度やっちまうと免疫ができて順応も早いのである。少なくともここ十年以上は予防接種なしでインフルエンザにもかかっていない。

そういうことで、体調は普通、正直なところ次の土日も出張で潰れるし、明日は時間がフィックスした予定もないので振り替えがてら休みにしてしまおうかと思っていたが、それは御破算だなと。体調が元気ならば、時間を割くべき相手がいなければ、休みにした方がサボっているようで精神衛生上悪い。だから、何も予定のない、数少ない土日も貯まった業務のバッファとして使ってしまうことが多い。それが一番イカンのは分かっているがね。

本日の晩、家族方面でのつきあいで外食でお好み焼き、休肝日明けながら、ビールのみ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。