日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 【R25とか】相模灘、純米吟醸雄町に本醸造【言わないで】
2011年01月29日 (土) | 編集 |
2011年1月28日

唐突であるが、どうもリクルートの発刊しているフリーマガジン『R25』について、嫌悪の伴う違和感を抱いていた。そりゃ人間、そんなことを挙げていっても切りがない。なぜ、この雑誌を名指しで挙げるかというと、なんだかとっても自分を侮辱されているように感じたからだ。

件の『R25』、広告業界ではM1世代と呼称される20~30代半ば、特に25才に読者層の焦点を搾った雑誌である。これが創刊されたのは2004年の7月、ちょうどその時、毎日放送系の土曜日22時から放送していた「ブロードキャスター」でこの雑誌の特集をしていたので印象に残っているんだが、25才を指して主体性がないだの、何とも情けない年代だというレッテルを貼り付けていたので、やたらに血が上ったのだ。なぜ血が上ったかって? 私は1978年(昭和53年)10月生まれ、つまり、『R25』が創刊した当時、その読者層のターゲットの中心であった25才にドンピシャだったからである。単純に嫌悪を抱いている理由はそれだけではなく、記事を実際見てもイラッと来てしまう。文体が馴れ馴れしくて締まりがないということもあるが、何よりも取り上げたテーマに関する言及が中途半端。私の知識探求欲から見れば不完全燃焼な内容であったり、わかりきったことを知ったかぶりで曰っている様な内容と感じてしまう。たまにYahoo!ニュースで記事が取り上げられる際に見出しに釣られて開いてガッカリしたことが何度あったか。言及が中途半端である理由は明確であり、この年代は活字嫌いだからという判断で一記事800字(たった原稿用紙2枚分!)に制限しているためである。この扱いは特に侮辱的である。

本当はボロクソに批判したいところ(←十分してるだろ)なんだが、元編集長の書いた日経プレミアシリーズ『「R25」のつくりかた』に目を通してみて矛を下げる気にはなった。意識調査を通しての私の年代の分析には一定の的は射ていると思えたこともあるが、何よりも読者層のターゲットは25才(1978~79年生まれ)でも大卒ですんなり就職したビジネスマンが、通勤の電車内で読むというシチュエーションに限定しているといって良い。この世代は「日本経済新聞を読みたくても内容が分からなくて読めない」といった趣旨のことが言われていて「は?」と思っていたが、それはその辺の連中がアンケートでは見栄張って読んでなくても読んでいると答えていたから(ケインズの美人投票説みたいなもんですな)らしい。一記事800文字も、一駅区間に読み切れる分量を想定したという側面もあるらしい。とまれ、『「R25」のつくりかた』を読んでハッキリしたのは、自分が年代自体はドンピシャでも読者層の対象からは完全に外れているということ、そりゃ自分の事を言われていると思ったら嫌悪も違和感も抱いてしまって当然だなと。

まぁ私の言いたいのは1978年生まれでも誰もが『R25』の読者層として想定された人物像に当てはまるとは思って欲しくないということに尽きる(一度はっきり言っておきたかった)。ただ、どうしても『R25』の存在で1978年生まれは世間よりそのレッテルを貼られているように感じて仕方がない。そのこともあって、自分とは違う道で活躍されている同年齢の人が存在するとスターの如く非常に好ましく感じるのが人情であろう。近年評価も高まっているであろうと思え、今日も含めて最近盃を重ねている清酒「相模灘」、この蔵元杜氏も1978年生まれとのことである(久保田酒造の公式ページに明記されている)。現状、私が調べた限りでは1978年生まれの杜氏というのは他に確認できていないが、少なくとも若手杜氏といっても30代後半からという印象のある中では稀であろう。私が「相模灘」に興味を引かれた第一の理由は、なによりも同じ1978年生まれで活躍されている杜氏が造られる酒を飲んでみたいと思ったためである。もちろん、私はまだ直接お会いしたことはないし、このような話題に出すことは僭越的なことかもしれない。ただ間違いないのは、実際に飲んでみて、自分のツボに入った酒であったということである。単に1978年生まれだからという点を除いて純粋に酒と向き合っても期待通りだったこと(前回の記事が体現している)、それがこの記事を書く動機付けにもなっている。

相模灘本醸造

晩酌については、故合って出来合の鮨が主体の献立において、「相模灘 純米吟醸 雄町」と地元流通向けの「相模灘 本醸造」を交互に飲んだ形である。「雄町」については前回に取り上げたので「本醸造」について触れておく。この本醸造、最初に開栓して飲んだ時に思わず言葉を失った。なぜなら良くも悪くも大手の普通酒を連想させる味だったからだ。特に開栓した直後は粗ばかり感じてしまったために寝かしておいたのだが、日を置いたら酒質が丸くなってグッと良くなった。とはいえ、イメージ的には昔ながらの普及酒であり、「相模灘」として抱いたイメージとは違和感があった(晩酌上は全く支障なし)。ここでわざわざ「地元流通向け」と強調しているのはその辺に理由があり、ネットでググった程度の情報で恐縮だが、どうも現行の酒造体制になってから一度この本醸造も現在展開している各仕様と同系統の造りに変えたらしいが、地元からの評判が悪くて従来の造りに戻した、という話である。合点がいくと同時に、外野がとやかく言うべき酒ではなかろうとも思え、私のような県外人がそのラインを求めるなら「特別本醸造」を買い求めるべきところである。まぁ一度は体験しておくのにも意義があるでしょうということで、無粋な点はご容赦のほど。ただし、これの購入は地元酒販店からの通販ではなく、全く県外の京都市内の取扱店である。しかも、そこは「相模灘」を求めだして最初に訪問した酒屋であるが、この「本醸造」しか在庫がなく、これを買うしか選択肢がなかったという不可抗力もあったということは明記しておく。

追伸:ちなみに本記事の文字数は約2,400字なり。いかに800字が少ないかわかるでしょ。
スポンサーサイト

 こっち見んな
2011年01月28日 (金) | 編集 |
こっちみんな

まだまだ小っさいキキである。

 昨日は休肝
2011年01月28日 (金) | 編集 |
え~22日土曜日からのこの間の事ですが、二回休刊日しとります。

22日は毎度お世話になっているかどや酒店さんの飲み会に参加。新酒を中心にしっかり楽しんだ次第。途中で大黒正宗のビンテージの大吟醸が出てきましたが、その方向に水を向けた張本人は私です。あ、集合写真のどれが私かは詮索せんでね、いずれにしてもピンボケ気味なのでわかりにくいですが。

会自体は無理なく楽しんで、それは良かったんだが、ちと飲み食いが足りないかなぁと帰りがけに天満でマッスルホルモンに一人で立ち寄る。最初に瓶ビールを飲んでいる当たりは良かったんだがいつものノリでホッピーに行ったのがマズかったか、一気に身体に負荷がかかってきてしまい、なんとか会計を済ませて帰途についたのはかろうじて覚えているが記憶飛び気味、翌日二日酔い。。。そんななかでも駅前のローソンでジュースとパンを買って帰ってたみたいなので、そこは大丈夫だったんだろう(爆)ここ最近は身体のアルコールのリミッターの精度が高まっていて、自然とブレーキがかかる様になっていたんだが、チャンポン気味で最後に度数強いのに飲みやすいモノに行くのは危険だと改めて思った次第。そういうことで、23日は昼頃にはひとまず酔いは抜けたがさすがに休肝に。

24日は遅めの帰宅、妙にポリフェノールを摂取したくて赤ワインを開けたが、本調子ではなくて半分以上残してしまう。25日、「相模灘 純米吟醸 雄町」を二合ほど飲んだ後、アジアカップの日韓戦を観ながら昨日の赤ワインを飲みきる。26日は「大黒正宗 しぼりたて」を飲んでいた。27日は、献立がカレーだったので、早い周期だがどうも調子が悪いのでもう休肝にしてしまう。腹がふくれたら妙に眠気に襲われて早々に就寝。


 【時代は】相模灘 純米吟醸 雄町【S53だぜ】
2011年01月22日 (土) | 編集 |
2011年1月21日

親が茶道に身を置くゆえ、その教えは幼少の頃より聞きかじってはいるのだが、思い立って家の本棚に転がっていた千宗室(先代。現在の玄室)『お茶のこころ』(文藝春秋、1966年)を読んでみた。改めて思ったが、飲み手、引いては飲食に関わる者は茶道の教えには最低限少しは触れるべきであろうと。「金を払う客ならば慣習や文化など知らずとも好きな様に振る舞っても良い、個人の自由だ」、インターネット上のサイトやブログのツールがあるからと「相手の事を気にせず、自分の思いのまま好き勝手レビューして当然である」、そんな風潮がはびこる昨今、それがいかに恥ずべきことかを諭すには十分過ぎるであろう。ホストとゲストの関係を再考するのにも実に有益である。また、現在から見て二代前に当たる淡々斎の言葉として語られる「いたずらに世人をまどわすが如き知ったかぶりほど俗悪なものなし」(29ページ)、ブロガーやレビュアーを自負するならば常に心に留めておきたい言葉であろう。

それはさておき、自身のアイデンティティーを成す情報の一つにちなんで非常に興味を抱いた清酒の銘があった。それは神奈川の久保田酒造「相模灘」である。現在確認できている範囲ではその条件に適う唯一の杜氏の醸す清酒である。ちなみに、その収集し読み込んでられる資料の厚さから敬意を払ってしばしば拝見させて頂いている方のブログでも高い評価をされていたことでも興味を引かれていたことも明記しておく。

0121相模灘雄町

満を持して開栓したのは純米吟醸の雄町、製造年月の表記から21BYであろうと考えられる。肝心の中身であるが、正直なところ、ここまで五味のバランスに長け、かつ薄いだけの没個性ではない酒に出くわしたのは久々なように思える。上立ち香は皆無で口に含むと清楚に香りが佇む。突き詰めれば甘味も酸味も捉えられるが、それらが渾然となった旨味が明確に現れるが潔く切れる。後味には苦味や渋味の伴う響く余韻、それに辛みと言うよりもドライさが舌を引き締めるゆえに次の盃を誘う。無濾過の仕様であるが、変な雑味は皆無である。いや、これは正に「水の如き」である。それは「水の様な」と混同される淡麗辛口ではなく、故坂口謹一郎博士の言う「うちに千万無量の複雑性を蔵しながら、さりげない姿」(『日本の酒』岩波文庫、40ページ)という酒質の調和に適うであろう。また、料理との相性という点でも、調整役としての奥行きは深い様に思える。それゆえ、飲み飽きない。いくらでも気持ちよく盃を重ね続けられるのである。

個人的には古典的で蔑ろにされがちな7号酵母や9号酵母が好きな質であるが、こちらは9号酵母を旨とされており、それが象徴的に、公式サイトを見る限り造りの姿勢は信念の伴うほどよいストイックさが見受けられる。今回の飲んだ感想でも、それが結果に表れているように思える。他の仕様も飲んでみたく。

と、実は勢い余ってすでに買い込んでいたりする。この純米吟醸の雄町に至っては(購入した一本は生酒仕様だと思い込んだり、別々の店で購入したという背景があるが)同じ造りのものを一升瓶で二本購入していたりする。それが失敗でなかったことは開栓して飲んでみて確定したのである。


 忙中、南部美人 吟醸しぼりたて生酒
2011年01月22日 (土) | 編集 |
2011年1月19日

このところ多忙にて、朝は普通に早めに出て、日付が変わる頃に帰宅するという日が続いている。飲み過ぎではなく(むしろ時間がとれずに飲んでられない)、寝るのが遅くなって疲れがとれない感じ。

本日はその多忙の原因が一段落してちっとは落ち着き早めに帰れる、とはいえ22時頃の帰宅だ。とりあえず風呂にもゆっくり入って、てなことをしてたら晩酌は23時過ぎになった。一般的には「遅過ぎ」ですなぁ。

飲むのは成城石井で目に付き久々に購入した銘「南部美人」の新酒、吟醸しぼりたて生酒。精米歩合は60%にて昨年までは本醸造として出されていたとのことなので、その当たりの線引きは曖昧かとは思うが、新酒というのは原酒で濃いめにしたり、オリを絡めたりする方がノリとして「らしい」感がある。また、こういう評価を否定する傾向もあるかと思うが、アル添は搾りたてでも好ましい酒質に上げやすいという点で相性が良いのかもしれない、という印象もあったりする。

0119南部美人しぼりたてのコピー

それでこの「南部美人」、リンゴ系の香味にてトロッと濃ゆく、狙い所が新酒の搾りたてとして当を得ているかと思える。


 1.17 大黒正宗しぼりたて
2011年01月18日 (火) | 編集 |
2011年1月17日

あれから16年である。あの年もこれぐらいにやたら寒かった。

本日、大阪市内は単に寒いだけだったが、高槻あたりから以北はちらほら積雪がみられ、京都市内はもろ積雪していた。おかげで自転車を駆るのに苦労をした。

0117大黒正宗しぼりたて

本日も帰りが遅くて、結局はちょうど日付が変わるぐらいの帰宅になってしまったのだが、本日飲むのはこれしかなかろうと灘の「大黒正宗しぼりたて」。食事は簡易的に「なだ万」の弁当。茶事の初釜に用意されたもののようである。

なかなかゆっくり記事を書いてられまへんわー。



 恒例の『dancyu』日本酒特集も目前なので
2011年01月12日 (水) | 編集 |
プレジデント社の雑誌『dancyu』、年一回のペースで日本酒特集が組まれるが、それは大概三月号(2月発売)となる。メイン記事は旬の銘柄の紹介であり、他にも色々と特集が組まれることになる。まぁ個人的には良くも悪くも日本酒のトレンド(=有力酒販店がどんなのを売ろうとしているのか、有識者とされる方がどの蔵に関心を持っているか)を知るバロメーターにはなるだろうというところである。ともかく、日本酒ファンを自認されている方、おおよそ酒ブログを展開されている方ならば十中八九チェックすることになるであろう。それ故にちょっと強調しておきたいことがある。

ふと『dancyu』の公式HP内の日本酒特設サイトを訪問してみた。そこで松崎晴雄氏監修のコラムが目に付いた。個人的にはというか、私ごときが言うのもおこがましいが、いわゆる昨今の日本酒に関してメディア・雑誌に頻繁に登場する有識者の中では松崎氏は数少ない傾聴する価値のある方と認識している(つまりは私ごときの目から見ても他に明らかに偏見まみれ・適当な記述・事実誤認な方が多すぎる)。『新版 Tastes of 1635 日本酒ガイドブック』が好例だが、蔵元や基礎知識に関する記述、その利き酒による評の姿勢は実にバランスがとれており、一つのお手本となりうる。それはさておき、その件のコラムの最新記事、利き酒についての、酒好きが趣味で行う場合の指針となるべきことが適確に述べられている。まぁ私も似た様なことを前々からちょくちょく言っていることなんだが、その酒の粗探しなどは「無粋」と切り捨てられており、楽しむことを追求すべきとされている。その点は共感するとともに、『dancyu』日本酒特集を読むブロガーならせっかくなのでこれぐらいは目を通しておいて欲しいと思った次第である。



 初詣に、大黒正宗しぼりたて
2011年01月02日 (日) | 編集 |
2011年1月2日

本年も早二日目、どちらかと言えば家でだらだらと過ごしてしまう質ではある。とはいえ、家に居る以上は元旦を除いて滅多なことでは昼から酒を飲まない私、理由は単純で、旅先や外でのイベントならば別だが単に家飲みで昼から飲んでしまうと夕方には妙にしんどくなるし晩餐のモチベーションにも支障を来すことが多いためだ。なので本日の昼食には肴として用意していた唐墨を流用してパスタに仕立ててアルコールは飲まない。その点、いくら晩酌の飲酒をデフォルトとしていてもアル中とは一線を画するところである。これは見栄でもなんでもなく、身体からの請求に素直に対応した結果である(実は昨日も昼から飲んで夕方しんどかった)。念のために言っておくと、朝酒・昼酒を否定するわけではない。特定の休日やシチュエーション、とりわけハレの日(元旦や披露宴のような記念イベント)に敢行するからこそ価値があり、そういうときだからこそ気分もそのモードになる。ま、一人で家飲みではさすがに昼酒はね…という気持ちが大きかったりはする。朝酒に至っては身上を潰すし(オイ)。

住吉大社

本日は午後に、遅まきながら初詣で、大阪ではおそらくメジャーな住吉大社に赴く。天王寺から阪堺電車(いわゆるチンチン電車、大阪でも現存してるんすよ)に乗って、鳥居から歩行者渋滞の中、太鼓橋を渡って本殿に五円を投げ込んでお参り。ちょうどピーク時だったからかもしれんが、阪堺電車にも行列を並んで乗り込み(普段は全然空いているんだが、この時ばかりは超観光地化しているサンフランシスコのケーブル電車の始発駅で並んでいる時を彷彿とさせた)、住吉大社もごった返していた。出店には少し惹かれるところもあったが、酒の販売には全然気概が感じられないこともあってスルー(樽酒をボンと置いて升酒とかしてたら飲みますよ、ええ)。帰りに阿倍野の近鉄百貨店に寄って、奮発して本マグロの大トロを柵で賄う。養殖物とはいえ、一塊で2.5k円、刺身にして15切れほど、写真のもので半分ぐらい、なかなか買い得だったと思う。

0102大トロ
0102大黒正宗しぼりたて


まだまだお節もあるが、いかんせん全般的に味が濃かったり少量でも重たい(高タンパク・高コレステロール)ものが多かったりするのであっさり目の料理も欲してしまう。そこで共に湯豆腐を持ってくる。そんな献立の中で持ってくるのは新酒である「大黒正宗 しぼりたて」、今回は本日に満を持して開栓した。新酒というと「新酒らしさ(あえて内容は言明はしてませぬ)」を楽しむだけという趣が多い中でこの大黒正宗は突出していると感じる。特に少し燗をつけたぐらいに顕現する甘味は実に心地よい。数年前の正にこの日に冷やのまま「大黒正宗 しぼりたて」を家飲みにもかかわらず一人で五合ぐらい飲み干して翌日大変な思いをした経験もあり、燗にしつつゆっくり飲み進めたが、それでも二合超は頂いた。新酒の原酒でこのぐいぐい飲めてしまう魔性はそうそうない。


 2011年 元旦
2011年01月02日 (日) | 編集 |
2011年1月1日

新年明けましておめでとうございます。記事は一日遅れで失礼いたしますが、本年もよろしくお願いいたします。

正月1お屠蘇

年始はやはりお屠蘇から厳粛に幕を開ける。今年は昨年の経験を活かして屠蘇飾りも手作りして装飾し、三ッ重盃で年下から順に三回に分けて頂く。用いたお酒は「旭若松 責め合併」、それに「三河みりん」を少し混ぜて一晩屠蘇をつけ込んだ。みりんの甘味と若松はそこそこ相性が良かった様に思える。

正月2お重その一

昼食時(朝はお雑煮に餅入れたもの)、お節料理のお重、第一弾。出来合も多いですが、煮しめや鰤の焼き漬けなどはお手製、唐墨は台湾出張の際のお土産(私信、賞味期限がギリなので次の機会でまた買ってきますm(_ _)m)。ちなみに家族が甲殻類アレルギーなのでお重の定番の海老は入らない。

正月3玉川

昼食時には清酒の新酒、ラベルが目出度い仕様の「玉川 福袋 純米吟醸生原酒しぼりたて」を頂く。簡易的に奉書紙の雄蝶折りだけだがこの三が日は提子(ひさげ)も正月仕様に。

正月4ベアレンオンリーファースト

晩にはまず、本年最初のビール。ベアレンの季節もの「オンリーファーストウォート」、一番麦汁のみを用いて正月を意識した仕様。新年一本目にふさわしい鮮烈さを感じ実に良い。

正月5お重その2

お節のお重、第二弾。出来合だがテリーヌなどを入れて洋風にしているのは頂き物の赤ワインを開けることになったため(写真は取り忘れ)。煮豚は自家製である。それと、焼肉をしたりで元日は過ぎていった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。