日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「早瀬浦吟撰秋上がり」飲みきり、「秋鹿 山廃純米 槽搾直汲 山田錦」
2009年10月26日 (月) | 編集 |
2009年10月25日

近頃は基本多忙にて、やむを得なくブログはないがしろ状態である。

どうにもこの頃イライラすることが多いなぁと思っていたのだが、ふと考えると、「そういやぁカルシウムをあんまり摂ってないなぁ」と。牛乳も朝にコーヒーに入れるぐらいしか飲んでいなかった。ということで、意識的に牛乳、ちりめんじゃこ、煮干しなどを飲み食いしている。特に煮干しなどは酒の肴にもってこいであるし、下手にジャンクフードを食するよりも遙かに健康的である。ということで、煮干しにちょっとハマっていたりする。本日も、煮干しを煎ったものに、餡掛け豆腐など。

早瀬浦秋上がり飲みきり、秋鹿山廃純米山田錦


ブログは書かずとも、晩酌は基本欠かせない。それも清酒の方が多い状況である。一合強残っていた「早瀬浦 吟撰 秋上がり」を飲み切って、数日前に購入、開栓して一回は晩酌にて頂いていた「秋鹿 山廃純米 槽搾直汲(ふなしぼりじかぐみ) 山田錦」(20BYで精米歩合70%、協会七号酵母)も持ち出す。秋鹿を購入するのも、頂くのも、かなり久しぶりである。どうしても大阪酒としては「天野酒(山本スペシャル)」を支持する思いが強い上に、「全量純米蔵を目指す会」の活動に全く賛同できない(むしろ、対立の構えである)ために食指が動かなかったという事情がある(その蔵が全量純米であることは全くかまわない、そもそも私がかつて秋鹿を好んで飲んでいた時点で全量純米であったし)。しかし、「酒に罪なし」、そのようなことに囚われては飲み手としては本末転倒、イカンのである。なにはともあれ、全量純米だろうがなんだろうが、その蔵を支持しようというならファンドに出資するよりも、その蔵の酒を一本でも多く消費するべきではなかろうか。清酒を飲み、正当に評価し、良酒ならまた杯を重ねる。これ以上に清酒業界復興の道、健全化の道があるだろうか。

さて、「早瀬浦」の方はさすがに開栓して数週間経つこともあり、秋上がり・冷や卸としてのほどよい熟成感も感じられて好ましい。燗にすると風味が口内に響き渡るがごとくで染み入る。香味はパイナップル系という評価がネット上で散見され、当初はそういう様相もあったかとも思うが、ここまで落ち着いた状態で燗にするとリンゴ系に近いように感じる。いやはや、美味かった。

「秋鹿」の方は、購入時に試飲したものは良い感じだったが数日前の開栓時はどうしてもまだアルコールが目立つ感じだったので、とりあえず開栓後数日は置いておく必要があろうと思った次第。思った通りに風味が落ち着いた。いまだわずかにガスが絡み、生原酒の山廃らしい果実的な酸味に日本酒度+10と軽快で爽やかな口当たりである。それでいて、充足感を損なっていないのが秋鹿の無濾過生原酒版山廃純米(精米歩合70%)の良いところ。常温に近づいてくると香ばしい甘味を余韻に感じられる。秋鹿は商品ラインナップが多い分、そのすべてが素晴らしいものであるとは言い切れない(商品銘柄ごとに印象の差が大きい)が、今回は秋鹿でも特に良いと思える時の印象そのもので、やはり大阪酒としては無視できない存在であると改めて思える。個人的には「秋鹿」の中でもこの70%精米の山廃純米の無濾過生原酒が以前より断然好きである。七号酵母を用いられているのも実に良い。そういう好印象の「秋鹿」をリピートできたのも、これをいままで囲んで保管されていた杉本商店さんのおかげでもある。


スポンサーサイト

 琥珀ヱビスに早瀬浦の秋上がり
2009年10月18日 (日) | 編集 |
2009年10月17日

基本的にカンヅメ状態にて、身近な飲み回りイベントにも参加できず状態なり。外に飲むことによるカタルシスを欲しつつ、まぁ、基本的に遅くとも家で飲んでおりますが。

琥珀ヱビス

季限ものとして定着しつつある琥珀ヱビス。当初はあまり良い印象を持っていなかったんだが、昨年に銀座のライオンにて頂いた樽生が妙に美味かったので一転好みになった。造りを重ねたことによる技術の向上という側面もあるかもしれないが今年の缶は何度もリピートしそうである。

1017早瀬浦秋上がり


明日から兄が半月ほど欧州の方にいくということで、献立には刺身や寿司が並ぶ。刺身であればストックの清酒の中ではやはり早瀬浦ということになる。今年、購入して飲んでいる冷卸(に該当するもの)はまだこれのみ。今、ストックが多くて仕入れれなくて。。。

ごく簡単にレポート程度にて失礼。



 真澄 辛口ゴールド
2009年10月10日 (土) | 編集 |
2009年10月9日

季節の変わり目は一雨一雨でぐっと気温が変化するものだが、今回の台風で一気に秋めいてきたように思える。神無月の衣替えにてジャケット着用にはしていたが、本日夜の帰りの自転車走行中は肌寒く。

基本的に夏に強いが冬に弱い私、それでも冬を好ましく感じる点が二つある。一つは就寝時の暖かな布団の心地よさ(その分、起床時の反動もあるが)、もう一つは燗酒の美味さである。ということで、普及酒のラインにて新たに開栓する。先日にまとめ買いした内の一本、長野の宮坂醸造「真澄 辛口ゴールド」である。糖類は添加していないが、低価格ラインにある普通酒である。一応はこの下に「銀撰真澄」があったりはするが、一升瓶で50円強の価格差でしかない。ラベルでは明記していないがHPによると原料米に長野県産の美山錦を100%使用し、精米歩合も65%、もちろん七号酵母である。

真澄辛口ゴールド


これまでの経験として、「真澄」は柔らかくも優しい甘味で実に好印象である。他の銘柄を何種も頂いた後に飲んで、ハッとさせられるほど美味いと感じたことが幾度となくある。七号酵母発祥蔵の名声は伊達ではない。ちなみに、概して七号酵母を使用した清酒が好みだったりする。さて、今回の「真澄 辛口ゴールド」の印象だが、やはり「真澄」である。「真澄」と聞いて期待する内容と大きなズレはない。普通酒であっても酒質は実に柔らかくやさしい。度数が15度ということもあって甘味のボリュームには欠ける部分はあるが、そこは辛口と銘打っているので不問にすべきだろう。それでも甘味は十分に感じるし、燗にすれば旨味のボリュームは増す。HPの紹介では「是非お燗でお試しください。飲み飽きとは無縁です」と記されているが、正にその通りである。冷やで頂いていると普及ラインゆえの雑さも感じたりするが、それは普及酒にとっての魅力としてのクセでもある。そこにケチをつけるのは野暮というもの。たまにこういうのを添加アルコール味と勘違いしている方もいるような気がしているが、醸造アルコール自体は概して無味無臭、あえて言うなればエチルアルコール味である。甲類焼酎やウオトカを飲まれれば一目瞭然である。アルコールを添加することで香りや旨味の成分を粕から引き出す作用があり、低精白気味となる普及酒や本醸造の場合はより旨味を引き出すことになって、それが勢い余って、ということかなぁと考えたりしている。ま、ともかく普及酒の楽しみも清酒の魅力の一つに変わりなく。ともすればリンゴ系の風味が伴うこれは杯を置くのが悩ましい。もはや純米や吟醸とは(どちらが上ということではなく)楽しみ方の次元が異なるのである。



 10月4日に、「早瀬浦」のアレ
2009年10月04日 (日) | 編集 |
2009年10月4日

10月1日の「日本酒の日」より、10月4日。

さて、清酒を好む酒徒としては「日本酒の日」は無視できないのは確かであるが、個人的にはどうしても霞んでしまう。自分の誕生日と近しすぎるため、「とっておきを開ける」という行為はどうしても10月4日の方になってしまうためである。どうにか日程を離してもらえんものかね(←横暴)。今年の10月4日は日曜の大安吉日でめでたく、世の中では結婚式や結納が目白押しなのではないかと思う。

本日のために用意するのに何が良いかと考えた場合、季節的には冷卸の類が旬である。そういうことで、今年の注目株である「早瀬浦」のアレ、もとい、「早瀬浦 吟撰 越の雫 秋上がり」を持ってくる。他の「早瀬浦」のラベルパターンでは見かけない赤を基調としたレトロなラベルが実にラブリーである。冷卸系は概して純米仕様の場合が多いというイメージがあるが、その点では珍しく精米歩合50%の吟醸である。

1004早瀬浦秋上がり

料理は、ご飯が赤飯であることを除けばいたって普段通りのものである。なんだか身体が欲したので牛レバーを賄ってソテーしたものを用意する。

頂いた印象はラベルと銘の印象通りのほんのり味乗りした好ましいもの。若干の香りは伴うものの、甘味を主体とした風味がしっかりと感じられる。余韻の響きは十二分、さりとて「早瀬浦」の持ち味でもある後口の軽快さもあるので次の杯を誘う。燗にしてもなかなか良い具合である。

私信、Tさん(Y!方面ではzunさんになっちゃってますが)にはお祝いとして地元でしか手に入らない「早瀬浦」を用意して頂きありがとうございました。本日これを購入の際にかどやさんにて受け取りました。



 日本酒の日は先取りにて
2009年10月02日 (金) | 編集 |
2009年9月29日

この日は家族と母親の友人の方と晩に飲みに行くという約束があった。場所はこちらにお任せということがあり、相手の方は日本酒を好む方(ただ、冷酒を好まれる)でもあるので、清酒がメインのお店にて、大阪はマイドームおおさか・大阪商工会議所前の蔵朱さんに、えらい久しぶりに訪れる。確か、太鼓持師と訪れたとき以来なので2年半ぶりか。しばらく諸事情により個人的な飲み歩きがままならぬことがあった故なれど、やや申し訳ないような思いもあり後ろめたさがあったが、訪れたら顔を覚えて頂いていたのは素直に嬉しく。

0929蔵朱01

0929蔵朱02

0929蔵朱03

私はヱビス生(小)で喉を潤した上で、基本的に燗・五勺で清酒(「生もとのどぶ」のような濁りも含むが)を飲み続ける。こちらは五勺・八勺・一合の単位で清酒を提供して頂ける。五勺という単位は一杯あたりの単価が安くなるので気軽に注文していけるし、一晩の呑みで何種類も楽しめるというメリットがある。多分、今回は四~五合分ぐらいとがっつり頂いたかな。とはいえ、最後以外はすべて燗にしており、和らぎ水も頂いていた(志太泉のにゃんカップの空きグラスを用意されたのは偶然か?)ので、悪酔いはせず。とはいえ、許容量ギリギリぐらいは来ていたので、寝る前にクエン酸やウコン、糖分・水分を摂取し、きちんと二日酔いは回避する。一方、ずっと冷やで飲んでいた兄貴は翌日二日酔いでぶっ倒れていたが。

ということで、日本酒の日の宵々にがっつり先取りしたので10月1日はおとなしく家飲み(さかずきんちゃんバッチは購入していたんだが)。家飲みとはいえ、「酒一筋 赤磐雄町 本醸造」を燗にて、きちんと清酒を嗜んだ次第である。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。