日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 常きげん 純米生詰
2009年05月30日 (土) | 編集 |
2009年5月29日

先日、モザイクをかけた写真の清酒、石川県は農口杜氏の醸される鹿野酒造「常きげん」でしてん。一升瓶は数ヶ月前に購入してストックしていた山廃本醸造なれど、四合瓶は全てひやおろしとして出された純米生詰(ラベルには純米生となっているが、ひやおろしの定義及び実際に飲んだ印象からも確実に一回は火入れしている)、何も書いていないところから農口杜氏お得意の山廃ではなく速醸かと、原料米は五百万石の55%、使用酵母は協会十四号、といった使用である。

読み手にとっては、この時期にひやおろしという秋の季節商品が出るのは合点がいかないところでしょうが、要するに、昨年秋の売れ残りで、半額セールで出ていたのをまとめ買いしましてん。これまでもひやおろしとして季節商品として出されることに色々と疑問を抱えてたんだが、その一つに「シーズンが終わったらどうすんの?」というのがあって、それが具現化した事態に遭遇したわけ。しかし、考えてみたら一年程度寝かされた純米酒なので、よほどぞんざいな環境下におかれていない限り、商品価値および酒質・風味が減退するとは考えられないし、むしろ昨今のひやおろしは冷蔵設備の進展から一夏寝かしたと言っても若い場合が多々あり、これぐらい寝かした方が良いのではないかと思っていた。今回の「常きげん」、それに見事にハマっていた。

常きげん 純米生詰


冷え冷えの状態よりも常温に馴染んだ方が良い感じかと思える。甘味、爽やかな酸味が伴う肉厚な風味で飲み応えがある。燗にすると濃醇さが数割増で、度数17~18度という高めの濃さ(原酒かそれに近い濃さ)を存分に楽しめる。ということで、季節外れのひやおろしという点でのマイナスは特になく、あえて銘柄を主体とした本記事のタイトルにも「ひやおろし」の文字は省いている。

追伸、酒器は石川県にちなんで九谷焼。伝統工芸士の方の作で、なんだか申し訳無いぐらいの安さで購入させて頂いた。



スポンサーサイト

 琉球泡盛 忠孝原酒 沖縄県産マンゴー果実酵母仕込
2009年05月25日 (月) | 編集 |
2009年5月24日

インフル騒動が収束しつつある大阪に在住の私ですが、私自身いたって健康。しかし、金曜から次の水曜まで自宅待機の扱いにされております(泣)。そうなると、なんだかホントにインフルにかかっているような気がする。熱っぽいような頭痛いような、プラシーボ効果の如き感覚を抱いてしまう。実際には平熱だし特に何ともないんだが。

ギネス買いだめ


その一貫というわけではないが、楽天の買い回りでポイント倍増キャンペーンに乗せられて、ドラフトギネスをケース買いしてたり。

清酒買いだめ
清酒も○○○○(銘柄はいずれ晩酌の際に)祭り状態。格安だったんす。

ギネスに枝豆

忠孝原酒マンゴー酵母


さてと、早速枝豆とドラフトギネスを頂いた上で、本日はゴーヤチャンプルに合わせて「琉球泡盛 忠孝原酒 沖縄県産マンゴー果実酵母仕込」、名の通り、マンゴー果実酵母を使用したことが特徴である。このマンゴー酵母の場合、従来に比べて古酒のバニラ香の元となる成分がおよそ十倍生成されるらしい。2007年に実用化されたとのことで、今後の展開次第というものである。

これは古酒ではなく、マンゴー自体は原料に含まれないのだが、どことなくマンゴーを思わせる甘酸っぱい香りが感じられ、まろやかな飲み口である。原酒で44度あるにも関わらず、5:5ぐらいまでの濃さが良い。それ以上薄まると水っぽく感じてしまう。実は今回で晩酌三回目ぐらいなんだが、すでに結構消費してしまっている。





 ネット広告における、提供者ならば何でも許されるというものではない、という話。あるいは、「益若つばさ」ヤフー広告は止めて欲しいの件
2009年05月25日 (月) | 編集 |
「典型七公害」というものがある。水質汚染、大気汚染、土壌汚染は生態系や人体に物理的に被害をもたらすもので、地盤沈下は文字通り基礎となる地盤の破壊を意味する。

そして残る騒音、悪臭、震動の三つは主に人間の五感に影響し、精神的な影響から健康被害をもたらすことになる。対応するのは聴覚、嗅覚、触覚ということになろう。となると、残る二つの感覚に対応する被害も、公害に近いものがあり得るのではないか、という気もしてくるもので、どのように被害や責任の所在を立証するかは別として、例えばとある集団組織の構成員全員が出席を強要されるような(いわゆるパワハラの類ですな)宴席の場で、構成員全員が苦痛に感じるようなマズい料理を提供された、という場合には「悪味」とでも表現するような事態と言えるかもしれない。

残る視覚の場合、ポケモン騒動のように激しい点滅で健康被害を引き起こした事例もあり、生態的な被害を引き起こす場合もあるが、ここで取り上げたいのは視角に関わる精神的被害という事態である。要するに、一般化しているTV放送やネットサイト内において、それを見ることが生理的に受け付けなく、見るたびに精神的苦痛を感じてしまうような映像や画像の類を、否応なしに見せられてしまうという場合である。視聴者に恐怖感を与えるTVCM(近年ではゲーム「サイレン」のCMなど)にクレームが殺到して内容が差し替えられた、という事例を考えればわかりやすいだろう。

最近、私にはネット広告でそれがある。絶対的に強要されるわけではないが、そのサービスを利用するためにはそれを見なければいけない、というトレードオフの関係にあり、どうにもジレンマに悩まされてしまう。

件の広告、Yahooのサイト内で出てくる「益若つばさ」という、モデル?のオフィシャルファンクラブのflash広告である(広告内では「カリスマモデル」とか書いとるが…)。普通の状態の写真はどうということはない。しかし、唐突に馬鹿でかいリボンをつけて、やたらと真っ赤に強調したオバケ唇の姿に変化し、その姿でのスナップショットがいくつも続く。この「馬鹿でかリボン」と「オバケ唇」がどうにも生理的に受け付けない。見るたびに「イーッ」と来てしまうんだが、そこは忍耐と寛容、しばらくすれば出なくなるだろうと我慢をしていた。ところがである。もう何ヶ月も経つように思うがいまだに流れる。しかもここ最近にマイナーチェンジした様子で今後もガンガン広告を流す気満々であるのが見て取れる。もう、我慢の限界である。カリスマモデルだか、経済効果数十億円(どういう統計やデータを元に計算したのか、キチンと説明されたし)だか、従来のファンの押しつけがましい擁護など関係ない。本人のプロフィールや人格なども関係ない。あの不快な画像の伴う宣伝だけが問題なのである。そもそも、あの宣伝ぐらいしか接点のない私の様な場合は「モデル、益若つばさ」ではなくカリスマ性など微塵も感じさせない「オバケ唇の色物お馬鹿タレントさん?」といったイメージしか抱かない。これは本人というよりも広告の造り方、見せ方の問題であろうし、本人にとってもマイナスの影響の方が大きいのではないか、と思えてしまう。実際、ネット検索したら、私と同様にこの宣伝がどうにかならないか、という意見が散見される。私の心情は「件の広告を見たくない」というだけのことで、本人やファンを否定したいわけではない。ファンはファン同士で集まってわいわい楽しくやってなはれ、ってことなんですわ。一部で強烈な人気があるからと誰彼かまわずしつこく押しつけるなと。その方がお互い幸せでっせ。

ちなみに、それならYahooのサービスを利用しなければいいではないか、という意見もあろうが、そうは問屋が卸さない。検索自体はGoogle大先生が主なんだが、以前からポータルサイトとしてYahooを利用してきたので、ネットニュース等を見る習慣がついているということがある。一度ついた習慣というものを変えるのはなかなか難しい。それに、諸事情でYahooメールを利用していたり、Yahooグループのサービスにおいて公務上で自分の管理するメーリングリストがあったりと、利用せざるを得ない状況にあったりする。

ということで、Yahooのサービスを利用継続する前提で、あの広告を見ないで済むような対処法を探ってみたわけである。最も確実かつ単純な解決法は、ブラウザにFirefoxのみを使用し、adblockを導入してあの広告を拒否するように設定することである。しかし、一般的にIEを基準にサイトが作成されることもあり、基本IEを使用することが多いので、そちらの対処法も調べてみたが、これは結構難しい。IE7の場合ならIE7Proを導入することで広告ブロックが出来るらしいが、自宅でのデスクトップはWindows2000なのでIE6縛り、ノートはIE8を使用しているので適応外。少し前のセキュリティソフトならば全般的な広告ブロック機能を搭載していたようだが、多方面からクレームが来たせいか、最近のものは実装していない。私はカスペルスキーの7を利用しており、ポップアップ広告やバナー広告を拒否することは可能だが、件の広告はどうやってもブロックできない。

そこで、IEで対処するには元を絶つこと、件の広告に使用されているFlash Playerを停止するのが確実である(ちなみに、IEの設定で「画像を表示しない」にしてもFlash広告は出ますた…)。Flash Playerが無効の場合でも画像の広告自体は出てくるが、件の広告の画像版ならばあの「唇オバケ」画像は出てこない。さて、Flash Playerを無効化する方法はIE8の場合は上の「ツール」内にある「アドオンの管理」で簡単に有効/無効を切り替えられるので簡単だ。ただ、IE6の場合はそういう設定が出来ないのか、Flash Playerをアンインストールするしか方法が見つからなかった。Flashがないと一部のサイト(例えばyoutube)が利用できないといった問題があったりするが、Firefoxでも利用出来るし、当面はそれで運用するしかないか。

このような対処、提供者側からすればとんでもないこと、と受け止められるかもしれない。「サービスをタダで提供してやってんだから、そのコストを補う宣伝広告は全て受け止めろ」と。しかし、金銭ベースで精神的苦痛は計ることは出来ず、ゆえに無料提供だから精神的苦痛を伴うかもしれないが広告を全て受け入れろ、というのは理屈が通らないのである。それに私は、全ての広告を拒否してサービスだけを享受するフリーライダーになろうとしているのではない。特定の独善的な宣伝だけを問題にしているだけである。今回の場合、Yahooのサービスを利用するなら選択の余地がないのである。提供者と受け手のコミュニケーションの断絶、あるいはその宣伝の対象とする社会集団と実際の受け手の間のギャップを原因とするものである。むしろ提供者の立場ならば少々のことは許容されるとするモラルハザードである。このような事態のために、広告ブロックに存在意義があるとも言えるのである。その広告を繰り返し視聴するかどうかの選択権を与えないというならば、拒絶するしかないのである。


 お好み焼きに焙煎など
2009年05月20日 (水) | 編集 |
2009年5月19日

結局、水際で止まらずに神戸や大阪で新型インフルの感染が拡がりつつある昨今、毎日、十三で神戸方面の乗客が流れ込み、北摂地域をもろに走る阪急京都線を利用するのでどうしても意識せざるを得ない。私ゃ普段の冬でも全然マスクをつけない質(タチ)なんだが、今回ばかりは流石に電車内や梅田を通過する際にはマスク装着していたりする。その辺りの場で他人のマスク装着率を見ていると、昨日は三分の一程度という印象だったのが本日は半分ぐらいと増加傾向。マスクで防ぎきれるというものでもないだろうが、マスクをつけることが一種のマナーのような様相を呈しているというところか。手洗い・うがいと体調(特に食生活)に気をつけていればそんなに心配することもないだろうと思える。
サッポロ焙煎

今日は久々に家で焼くお好み焼き、それに合わせてサッポロビールの限定復活「焙煎」や焼酎などを頂く。この「焙煎」、元々は1992年に発売されていたビール、手元の『サッポロビール130周年記念誌』によると「香ばしい中濃色ビール」とされている。当時のものがどうだったか、まだ年齢上お酒は飲めない頃だったので定かではないが、今回の印象のみで言うと謳い文句通りの風味の強さがなかなか良い。


 特に変わりはございませんが
2009年05月17日 (日) | 編集 |
他のことに気が取られて、どうにもブログに気が向かないままでありますが、
週一ぐらいには更新しておきたいところではございます。猫写真程度でご容赦をば。

座ってるゆうき


 豊永蔵 自我田、直燗
2009年05月11日 (月) | 編集 |
2009年5月10日

本日も昨日に引き続いての自愛的な休養日、昨日は夕刻に針を打ってもらったりので、それが今日に効いてきて眠い眠い。そんな中で自宅の机周りを整理・片付け、貯まっていた酒瓶のラベル剥がしなどをしていたりしたが、夕刻ぐらいに家にスズメバチが侵入して一騒動。入り込んで居ついた場所の構造上、外に出て行ってもらうのは難しく、全身フル装備(顔面に調理用の金だらいを被ったり・・・)した上でハチに効果的というピレスロイド系殺虫剤(使用したのはアリキンチョール)を直射したら、思いの外すんなりくたばってくれた。ともかく心臓に悪いですわ。

焼酎サーバー

ところで、ひょんなことでいわゆる焼酎サーバーを頂いた。せっかくなので早速使用することにして、「さつま国分 蔓無源氏」(原酒で37度)を約25度になるぐらいで割り水をかけておく。ま、これは一日二日は寝かしてからにしたいので今日はこれまで。

今日の家の整理の中で撮り貯めていたビデオの確認もしていたが、そんな中で球磨焼酎の豊永酒造さんの特集番組(当時の参照記事)が出てきて、それを見てたら無性に球磨焼酎の気分になる。ということで晩酌には「豊永蔵 自我田」を直燗で頂く。

自我田直燗

主菜には辛子蓮根といきたいところだがそこまで即興では難しいので、蓮根の素揚げに辛子をつけあわせて頂いたりした。それにしても、自我田はやっぱりヤバイ。生で直燗しているのに、キツさやエグさはまるで感じられずにスルスルと飲めてしまう。「豊永蔵 常圧」のような飲み応えを期待してしまうとやや物足りないところがあるが、十分過ぎるぐらいに風味を楽しめる。球磨はやっぱり良いっすよ。



 もうGWも終わり
2009年05月09日 (土) | 編集 |
2009年5月9日

告知程度のものを除けば、かなりのお久しぶりの更新であります。豚インフルの騒動ニヤミスで香港出張などもありましたが、基本的に多忙にて、GWは基本的に平日と変わらんかったし。昨日でちょっと一息だったんすが、緊張が緩んだのか、今日は9時過ぎまで気付かずに寝入っていた。ま、そんな状況だった。ということで、今日は久々の休日という感覚。

コエド瑠璃

ところで、最近は朝が楽しみだったりします。どうせみるならやっぱりべっぴんさんです。前作の双子の○○○○はもはや悪夢でしたよ、ええ。そういう支持の意味もこめて、舞台にちなんでのコエドビールの瑠璃を頂く。意味、わかりますよね? あっと、今日はお昼にみますた。

0509大黒正宗

諸事情により特に目新しいものや新規の購入を控えているので代わり映えのない晩酌状況ですが、量はそれほど変化は無し。今日は大黒正宗原酒の熟成モノでありんす。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。