日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 あつしハウス
2005年06月30日 (木) | 編集 |

 箱にはまってご満悦のあつし。一説にはかつての「さばつむり」から進化したとかしないとか、あるいはつむりじゃなくてヤドカリの仲間だったとか諸説紛々してます。。。^^;


スポンサーサイト

 2005年6月30日 壱乃醸朝日
2005年06月30日 (木) | 編集 |

 今日は6月末日、同時にBY(酒造年度)16年も終わりですね。

 今日も帰宅して早速汗を流してサッポロクラシック(今大丸で普通に売っていたりするのでね)を飲んだ後、黒糖焼酎の「壱乃醸朝日」をロックで食中酒として飲んでいた。献立は烏賊とトマトの炒め物、オムレツ、冷や奴、出来合いのものだが焼き鳥といったところだった。

 以前に書いたが、「壱乃醸朝日」は食中酒向きをコンセプトに造られているので黒糖の風味をしっかりめに感じさせつつ後口はドライで味切れがいい。特に肉料理(今日の場合は焼き鳥)の脂っこさとの相性は良い。



 2005年6月29日 カンゴシナ
2005年06月30日 (木) | 編集 |

 (またもや一日遅れの晩酌日記・・・)

 この日は晩御飯時はあまり飲む気がしなかったのでビールの「プレミアムモルツ」1缶を家族と分配した程度でした。寝しなに芋焼酎の初留取り「カンゴシナ」をロックにて飲んでいた。ちなみに写真の食べ物は晩御飯のおかずの鶏肉のソテーの残りです。

 「カンゴシナ」を飲むのも久しぶりだな、開栓したのは3月27日だし^^;(レビューについてもこの時ともう一回書きました)。
http://blogs.yahoo.co.jp/konekuro/868664.html
http://blogs.yahoo.co.jp/konekuro/1027137.html



 2005年6月28日 猫また焼酎
2005年06月28日 (火) | 編集 |

 今日は晩に会合があって二十一時半ごろ帰宅しての食事、ちらし寿司でした。

 特に意識的に合わせてというわけでは無いですが、飲んだのは米焼酎の「猫また焼酎」(鳥取、千代むすび酒造)の割水燗にて。開栓して大分経っているし一合足らずが残っていたので今回で飲みきった。清酒蔵の焼酎ではあるがなかなかの米のクリーミーなまろやかさが感じられ、あなどれない。ここの本来の清酒も結構美味いんだけど身近な酒屋では取り扱ってるお店が少なくて残念。。。

 今日はもう眠いっす(=_=)



 2005年6月27日
2005年06月28日 (火) | 編集 |
 今日はマジ暑~、熱気と湿気のプレッシャーが真夏を思わせる。まだ6月なのに。。。

 帰宅して早速汗を流し、やはりまずビール、「ヒューガルデン グランクリュ」をゴキュゴキュと飲む。どちらかと言えばゆっくりと飲むのに向く濃さと思うけど喉の渇きを潤すにも全然美味い^^;。改めて思ったのは専用グラスの良さ、チューリップ型なので飲むときにもろ香りが感じられ味を引き立てる。(参照記事)

イメージ 1

 晩御飯はイサキの造りと鰹のタタキ、特に鰹のタタキは最近ハズレが多かったので美味しいのが食べたいな~と思っていたところで、今日のはなかなか美味かった♪ 食中酒で合わせていたのは先日開けた清酒の「亀治好日(亀の尾を用いた純米吟醸)」を冷やで、綺麗な酒質ながら若干の渋味の余韻が心地良い。

 今日の献立はボリュームは少ないながらも満足度は高かった。イサキも結構アタリだった^^


 2005年6月26日 阪急インターにて
2005年06月27日 (月) | 編集 |
(晩酌日記、一日遅れです・・・)

 前日土曜日に焼酎ばかり飲んでいたが、飲み過ぎてしまい翌日日曜日は二日酔いで午前中グロッキー状態に陥ってしまった。。。

 ロックで飲んでいたので量をイマイチ把握できていなかったが25度の焼酎を正味3合以上は飲んでいて自分的には飲み過ぎ、ついでに個人的には焼酎が悪酔いしない・残らないってのは実感として全く持っていない。焼酎だって飲みすぎると悪酔いする。

 焼酎は我が家に結構ストックされているのでついつい量を飲もうとしてしまうので気をつけんとな、確認してみると一升瓶に入っている一合や二合ってやたら少なく見えてしまうので、これぐらいの量飲んでもという錯覚が生じてしまったように思える。

 この前日のダメージの性であまりこの日は酒を飲む気は無かったのだが、おかんが大阪梅田の「ホテル阪急インターナショナル」に友達と一緒にくつろぐために泊まり行ったところ(友達の方が常連でサービス券で無料で泊まれたらしい)、部屋があまりに豪華だったので晩に兄貴共に呼ばれてその部屋に食料持ち込んで食事していた次第ですわ(その友達の人と家族共々顔見知りでもあったので)。

 食事といってもデパ地下での弁当類ばかりなのでそんな豪華なホテルでのディナーという感じでは無かったが、急遽そういう話になったので仕方ない。こういう部屋での食事ならやはりお酒は飲みたいと思い、せめてビールぐらいなら飲もうかと持ち込んだのはヱビスの黒、プレミアムモルツ、銀河高原の小麦のビールといったところでした。

イメージ 1

 ヱビスの黒は黒ビールの定番みたいな感じでなんども飲んでます。プレミアムモルツは以前に一度飲みましたがその時はなんとなくイマイチに感じてしまったのだが、改めて飲んだところ、ホップ由来といった香りが豊かで苦みも強め、今回はなかなか美味しく飲めた。この風味の強さの主張が好みやその時の気分で意見が異なってしまうのかなと思った。

イメージ 2

 銀河高原ビール自体これが初めてだったんですが、うん、米やスターチなどの副原料を使ってなくて酵母入りな白ビールとしていい感じではありますが、酵母由来かなと思う鉄っぽい味があったのが気になった。

 写真に写ってるタンブラーは部屋備え付けのグラスです。タンブラー・オールドファッション・ブランデーグラスが二客づつ、マドラーなんかもあってお酒を飲むには好都合な整備がなされていて、この辺はさすがと思いましたね。本調子ならウイスキーやブランデーをゆったり飲むには最高な雰囲気でした。

イメージ 3 33階だったので夜景も素晴らしい、ちょっとぶれてますが^^;

 ちなみに23時ぐらいに普通に家に帰りました。ちょっとしたパーティー気分でした♪


 音楽の趣味
2005年06月26日 (日) | 編集 |

 ミュージックバトン、音楽の趣味を表明するってのは面白いと思いますがチェーンメイル(特に不幸/幸福のメール)ってのが好きでないですので、五人に回せってのを無視する形なら参加してもいいかなというところです。くろろんさんから来ましたがよくよく見ると酒親父さんも私を回す候補に挙げてました^^;

 内容は?の五人に回せってのは無視してこんな感じですね。

?Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
?Song playing right now (今聞いている曲)
?The last CD I bought (最後に買ったCD)
?Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
  (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

 ?は395MBってところですね。最近は特にMP3なんかに取り込まずCDをドライブに入れて直接聞くことが多いのでそんなところです。

 ?は稲葉浩志(B’zのボーカル)のソロアルバムの「Peace Of Mind」の楽曲です。少し前なら中島美嘉のセカンドアルバム「True」の楽曲です。最近電車内のMDで聴いてるのもこの辺です。

 ?は?にあげた稲葉浩志の「Peace Of Mind」ですね、B’z好きでありながらまだ最新アルバム聞いてないっす^^;

 ?は5曲とかこだわらずに好きなところで、一番はカラオケでも十八番なB’zの「HOME」(シングル)です、聴くのも歌うのもこれが一番好き。B’zの近年の中なら「CHENGE THE FUTURE」(アルバム「BIG MACHINE」収録)です。B’zのアルバム単位なら「SURVIVE」がダントツで好きです。B’z関連以外なら邦楽でTMN・ミスチル・TMレボリューション・矢井田瞳・中島美嘉当たり(ネタ的にはSUPER BELL’’Z、電車の車内アナウンスをフィーチャリングしてる「MOTOR MAN」が有名で音楽と笑い両面で楽しめます)、洋楽ならビートルズやQUEENですね、音楽に関してはあまり広く手を出さないほうですがこれでもかなり広くなった方。。。
 流れで来た関係でいえばくろろんさんの方で、矢井田瞳はセカンドアルバムの「Candlize」はかなりハマリましたね~、特に1~4曲目の流れは最高です!(特にBuzzstyleが好き) 酒親父さんの方で言えばTMNはホントこれONLYな時期がありました、全般的に好きなんですがアニメ関連で「Get Wild」や「Beyond The Time」の印象が強いです、「Be Together」も好きでした。ビートルズはホント良いです!、親が好きで最初アニメ映画の「イエローサブマリン」ではまりましたけど、曲単位なら「Get Buck」が好きです。番外で洋楽のザ・ナックの「マイ シャローナ」、時々ラジオやTVなんかで聴いて気に入ったけど誰の何て言う曲か長年???だったのがようやく去年ぐらいにわかって入手する事ができました、この曲一発屋だったんですね^^;。

 まぁこんなところです、細かいレベルで好きなのはありますが止めどないのでこの辺にしときます。。。
 



 2005年6月25日 「神座」飲みきる
2005年06月26日 (日) | 編集 |


 さばつむり
2005年06月24日 (金) | 編集 |

 奇妙な生き物、さばつむり!

 さっき八十吉さんとこの「大字猫屋敷」にて、子猫がビニール袋に入って頭出しているカタツムリ状態の写真の記事を拝見、そういえばうちの鯖虎のあつしも同じような状態になったことあるな~とネコ写真の保存フォルダをごそごそ検索、やっと出てきたのでupします。三年以上前の若猫のころです~。



 うらめしや~!?
2005年06月24日 (金) | 編集 |

 「この恨みはらさでおくべきか~」

 化けネコなるにゃまだ年季が足らんよ~、どうせデブ茶虎だから御飯が少ないとかいう不満だろうし。。。(ひどい言われよう^^;)



 2005年6月24日
2005年06月24日 (金) | 編集 |

 今日もまた暑い、梅雨のはずだけど全然雨降らないな~

 帰宅して早速汗を流して晩御飯、またもやゴーヤ・チャンプルに赤魚(何の魚だろう?)のソテーといったところ。ビールの「サッポロ・クラシック」にこないだ開栓した鯉川酒造の純米吟醸「亀治好日」を冷やで飲んでました。やっぱこのビール美味いわ~、苦すぎずに麦の旨味豊かで。「亀治好日」は冷やでも食中酒として飲み飽きしない感じでなかなか良い。

 北海道限定のはずの「サッポロ・クラシック」、こないだは大阪梅田の阪急百貨店で売っていて(その間に何本か買っといた)もうそちらでは無くなっているんですが、今日大丸梅田店の方で売っていた^^;。どうなってるんでしょうねぇ。。。このまま全国販売!?



 2005年6月23日 シメイホワイト
2005年06月24日 (金) | 編集 |


 常きげんの試飲
2005年06月24日 (金) | 編集 |
 今日は遅い目の帰路、大阪梅田に着いた時には20時を回っていた。でも、阪急百貨店だけは酒売り場を含む食料品フロアは曜日にもよるが木曜は21時まで開いている、これはホントありがたいんですわ♪

 特に今日は、現在、石川の鹿野酒造の「常きげん」が蔵元ごとの試飲コーナーに来ているのでそれが一番の目当てでした。

 すでに「山廃仕込純米酒」は購入して飲んだことを伝えた上でいくつか飲ませてもらった。その中で聞いたこと・思ったことをいくつか・・・。

 まず「山廃仕込純米酒」の原料米が五百万石に対して「山廃仕込純米吟醸」は山田錦と美山錦をもちいていること、後者はそのためか結構な値段(一升4200円ほど、四合2100円)だが山廃らしい酸味を感じさせつつ吟醸酒の綺麗な特徴があり値段だけの価値はあるように思える。

 ノーマルな「純米大吟醸」(これは速醸ね)は山田錦の精米歩合45%でスペック通りの旨味と吟醸香の両立した綺麗な酒質です、四合で2625円でなかなかお得な価格のように思える。

 場の流れで「山廃仕込本醸造」や「味大吟醸」といったアル添タイプも飲んだがやはり私の口に合わんわ~、特に本醸造は本醸造全般にいつも思う“すねたような酸味”を感じてちっとも美味しいと思えない(これは個人的感想なのであしからず)。

 ついでにルイ・ヴィトンに注目されてこの秋に全米デビューするということで何かと話題の「KISS OF FIRE」(四合瓶、3990円)も飲んでみた。一瞬止まってしまいましたよ、その前に山廃仕込のを飲んでいたこともあるだろうけど香りや最初口に含んだ味が全然しない。。。淡麗で水の如しで、後口に熟成香(悪く言えば老ね)を感じた。聞いてみたらやはり熟成させているとのことです。正直言って、ぜんぜんらしく無い。私はこの値段だせませんわ。

 最終的には燗にすることも考慮して「山廃仕込純米吟醸」の四合を購入、普段飲んでいる清酒としてはかなりお高い目ではあるが上述のような感想で燗にはまりそうと思った次第ですね。ついでに今回持ってきていなかったが風神雷神シリーズの風神(純米吟醸)の方を飲んでみたいと話していたら試飲コーナーに来ている間なら取り寄せてくれるとのことで注文してしまった、出費がかさむ~^^;


 「茶来(さらい)」を衝動買い。。。
2005年06月22日 (水) | 編集 |
 今日は休肝日、その上今日はノンアルコールな飲み物を衝動買いしてしまった。キリンの新発売の500mlペットのお茶「茶来(さらい)」を4本も。。。

 「茶来」は宣伝で見たときから気になっていたが、それはこれのパッケージに鳥獣戯画が使われていること、鳥獣戯画は言わずとしれた国宝ですがこれ密かに好きなんですよね~。

 それで今日コンビニによったら鳥獣戯画に登場するウサギ・カエル・サル・キツネの4種類の携帯ストラップのおまけが付いた形で売っていた! 当然鳥獣戯画フェチ(?)としてはコンプリートせねばとお店や他の客の迷惑も顧みずごそごそと奥まで探す、カエルだけやたら奥にあったんですよね~^^; 何とか4種類ゲットしたわけです。

イメージ 1オリジナルのサイズの画像を見る場合はクリックしてください。

 ちなみに右下にちらっと写ってるのはこれまでずっと愛用してきている鳥獣戯画のウサギのストラップ、コレあるんだったら無理して買う必要無いじゃんと言われそうだがこれはコレクター心ですね、せっかくの鳥獣戯画グッズを見逃す手は無いです(大して持ってないですが)。造形とかはおまけなのでこの際不問にしますが。。。

 一応、飲んだ感想、同じキリンの「生茶」よりも味が濃い感じですね、肩書きに「苦みいっぷく」とあるようにこの手のペットボトル茶では苦みしっかり目です。


 2005年6月21日 鯉川「亀治好日」
2005年06月22日 (水) | 編集 |


 やっとドラフトギネスのグラス付きセットをGET!!
2005年06月22日 (水) | 編集 |
イメージ 1
 とうとうドラフトギネスのグラスセットをゲットしました!!! いや~探し出して道のりは長かったっす。今日、梅田の阪神百貨店に寄ったら1セットだけ残ってたのをすかさず手に取ったという感じでした、今日は阪神は回らんとこかなぁと思いつつやっぱり寄っておいたのが正解でした^^

イメージ 2
 ちなみにこんな箱に入ったセットでした。よく写真で見かけるトートバック入りとは異なります(トートバック分損か!?)。でもグラスおまけだからやっぱり嬉しいです~


 2005年6年20日 またまた丸田(泡盛)とゴーヤ
2005年06月20日 (月) | 編集 |


 2005年6月19日 七輪で焼く
2005年06月19日 (日) | 編集 |
イメージ 1

 今日は思い立って、晩御飯に二階のベランダの所で七輪出して炭火で肉などを焼いていた。焼き鳥、シシトウ、椎茸、焼き肉など、最後は干物のスルメイカやカワハギなど炙ってました。やはり炭火で焼くとともかく美味い。特にスルメイカなど普段炙るとしてもしかたなくガスコンロの火だがら味の差は歴然としている。

 焼がメインで慌ただしいので合わせて飲んでいたのはキリンのビール「ハートランド」ばかりでした。

イメージ 2


 ネコ、お風呂に入れる
2005年06月19日 (日) | 編集 |
 今日は日中にネコどもをお風呂に入れる。ウチの場合年に数回、特にノミの発生するこの時期には間違い無く一度はお風呂に入れるのだが、ネコの方はこれがまたとてつもなくお風呂に入れられるのを嫌がる。

 あつしもゆうきも風呂に入れられている間中「フギャー! フギャー!」で抵抗して踏ん張るは逃走を図ろうとするはで大変っす。。。ちなみに、この間は写真を撮る余裕などありません!!

 やっとお風呂を終え、大体体も乾いて一段落

イメージ 1 実はまだ微妙に警戒しているあつし

イメージ 2 毛が多いので少し乾ききっていないゆうき

 男前になったかな!?(えっ変わらんって)


 あやしいあつし
2005年06月18日 (土) | 編集 |


 2005年6月18日 シメイレッド、マミーテーラー(スコッチ・バック)等
2005年06月18日 (土) | 編集 |
イメージ 1

 今日は先に汗を流した後、まずベルギービールの「シメイレッド」を飲む、トラピストビールですね。シメイはレッド・ホワイト・ブルーと専用グラスのセットで購入していて一度に飲み比べるのが違いがわかりやすいと思うが、順々に飲んでいこうと思う。これはレッドという名前からの味のイメージとはちょっと違うような感想でした、「ヒューガルデン禁断の果実」から甘さを引いたような印象です。ビールとしての麦の風味の濃さやフルーティさ、旨味と言える苦みはいい感じですが、この手のベルギービールでは軽めなのかなと思えた。

 「シメイレッド」も食中酒としてそのまま飲んで、次に芋焼酎の「神座」のロックを食中で飲んだ後、食後酒にたまには気分を変えて久々にカクテルを、「マミー・テーラー(スコッチ・バック)」を飲んでいた。

イメージ 2

 「マミー・テーラー」はスコッチウイスキーとライムorレモンジュースをジンジャエールで割ったロングカクテルですね、今日はウイスキーはジョニ黒、生レモン、ウィルキンソンドライジンジャエールで仕上げました。口に含むとジンジャエールとウイスキーの合わさったなかなか不思議な風味で、後口はスコッチのスモーキーなピート香そのものです。レモンorライムが無いと味がしまらない様に思える。ブレンティッドのスコッチウイスキーを気軽に飲むにはもってこいなカクテルとは思います。


 2005年6月17日 奥 それと「清酒を常温保存すると旨い?という話」
2005年06月18日 (土) | 編集 |


 2005年6月16日 侍士の門
2005年06月17日 (金) | 編集 |
 今日の晩酌は、まずは芋焼酎の「侍士の門」を呑む。

 「まずは」とは言いながら結局ひたすら侍士の門を呑んでいた。と言うのも先日これを割水燗にして飲んでいたらどうもイマイチだったこともあり、やはりこれで一番美味しいと思うストレートで飲んでいたら、止まらなくなった^^; 2合ほど飲んでいた。他にも飲もうかと思ってたけど。。。

 やはりこれを初めて飲んだ時に思ったのと同じく“やめられない、とまらない”な美味さなんです。ストレートが一番パフォーマンスを発揮すると改めて思ったわけですな、チェイサーと一緒に飲んでいたけどこの方が無理なく美味しく飲める様に思える。チェイサーあるいは和らぎ水のどちらでも言い方はいいと思うけど、特に食中で焼酎をストレートで飲むのならチェイサーを用意する方が気持ちよく飲めるように思う。

 今日は食後に久々にケーキを食べる。

イメージ 1

 大丸梅田店に今春新しく入った「ラジー」のケーキ、私が買ってきたわけではないので名前とかはわかりません。。。ここはアジアンテイストが売りな訳ですが、層になっているムースやクリームが別々な味で(杏仁や南国系のフルーツな気がするけどはっきりと判別出来なかった)、これが甘みと酸味が重奏的でなかなか美味い。



 おまけ話「涙のシメイビールセット」

 今日、帰りに阪急百貨店梅田店に寄ったらベルギービールの「シメイ」のレッド・ホワイト・ブルーとグラスのセットがグラスおまけな1200円ちょいの価格で数量限定で売っていた。普段なら喜んで買うところだが、実は先日、これと同じセットのをグラス代込みな1700円ちょいな価格で買っていた。。。くやしいので一つ買おうかと思ったが現時点でもグラスの置き場に困っている状態で、どうせ増やすなら違うものの方が有効であろうと判断し、泣く泣くあきらめました(T_T)

 大阪近辺で興味のある方はお早めに是非どうぞ! 試飲もさせてくれますよ


 2005年6月15日 後編
2005年06月16日 (木) | 編集 |


 猫との遭遇(天王寺公園)
2005年06月15日 (水) | 編集 |
  イメージ 1

 今日、大阪市立美術館に訪れた際に天王寺公園内フェルメールの小径にて日向ぼっこしていた猫。人間慣れしているようで近づいても逃げようとしなかった(かといってじゃれてこようという訳でも無い)。全身白で頭としっぽだけ鯖虎で何ともオモロイのでネタにされてます^^;

  イメージ 2

 背中に少し黒も入ってました。


 2005年6月15日 前編
2005年06月15日 (水) | 編集 |
 今日は完全に休日な感じで、ちょっとお付き合いで大阪市立美術館(天王寺公園内)で開催されている「興福寺国宝展」に行ってきた。大体の展示物はすでに見ているがこの辺の仏教彫刻は面白いので結構楽しめる。

 それでその後に昼食で和食のお店に入る。お酒好きな方と一緒だったのでまぁ形だけでもということでランチ向けに提供しているヱビス生のグラス小を注文して飲んでいたがやはりその方はそれだけでは物足りなかったらしく、ついでにそのお店は清酒・焼酎の揃いがやたらといい(値段も高いけど)。なのでそのまま清酒を飲み出す。

 まず兵庫の「奥播磨」の夏限定という超辛の純米吟醸(16BY)、肩書き通りの辛口を標榜する純米吟醸な軽やかな酒質と辛口でもほのかに漂う甘みと香りという印象でした。

 次に「往馬(いこま)」の吟醸、名前通り奈良県生駒市の地酒で一緒の方がちょうど生駒市に住んでいるけど知らなかったということで注文した。味自体良いんだけどねぇ、アル添のせいか風味が前面にでてしまって後口が中途半端に感じてしまう。先に「奥播磨」の純米吟醸を飲んでしまっているせいで余計にそう感じてしまう、完全に私の舌が純米慣れしてしまってるのもあるだろうけど。。。

 最後に静岡の「磯自慢」の純米吟醸、噂通りの綺麗な酒質で同じ静岡の「開運」みたく軽快旨口な印象を持った。両者とも静岡の酒造技術者、河村伝兵衛が開発した新型酵母を用いているという話なので近い印象を持つのは当然なことかもしれない。

 このお店も清酒はいわゆる「日本酒(燗)」以外は冷やでしか対応してくれない系だったのは残念である。昼からどれだけ飲んでんだという感じですが一杯を分ける形でした(理由になってんのか!?)。

 あっ、そういえば料理や酒の写真撮ってないや。。。^^;


 2005年6月14日 デリリュウム・トレメンス
2005年06月14日 (火) | 編集 |
 昨日は休肝日とした。今日は何を呑むかと思ったら今日の晩御飯はカレーだった。。。やはりカレーに合わせて飲むお酒ってねぇ、昨日は舌平目の煮付けだったから今日を休肝日にすべきだったかなぁ^^;

 まぁ食事と合わせてというよりか食前酒的にビールをば、先日購入したベルギービールの「デリリュウム・トレメンス」を飲んだ。

イメージ 1 ピンクの象が愛らしいなぁ

 これはどうしてもトレードマークのピンクの象に目が行ってしまうけど、味は見た目以上に濃厚なビールという印象ですね、それ以上に表現は難しいです。。。苦みと甘みのどちらも強目な感じかなぁ、印象的にはヒューガルデングランクリュと同じような感覚で飲める気がします、つまりなかなか美味しい。

 ついでに今日のカレー

イメージ 2

 小松菜のカレー・・・私は手を下して無いので突っ込まれてもお答えしかねます^^;(ホウレン草が無かったので代わりに使ったらしい。真似しないのが身のためです。。。)


 「奥 純米吟醸」を飲む
2005年06月12日 (日) | 編集 |
 酒親父さんご推薦の愛知県の山崎合資会社の清酒「奥」という銘柄、ようやくゲットしました! 飲みたいと思っていたところ以前から何度か通販で利用していたお店よりの案内が少し前にあり、それを期に注文していました。

 買ったお店は愛知の酒屋「酒仙洞堀一」、結構有名なお店かと思います。こちらで扱っている中で「奥 純米吟醸酒無濾過無調整 瓶火入れ 仕込み5号」と「奥 純米吟醸酒無濾過無調整 おりがらみ あらばしり 仕込み13号」を買っておきました。今日は前者の「瓶火入れ 仕込み五号」を晩酌にと開栓しました。

 「奥」の前に今日の晩御飯について、献立はトンカツにレンコン・玉葱などの天麩羅、まずはビールの「ヱビス 超長期熟成」を飲んでいた。

イメージ 1

 さて「奥 純米吟醸酒無濾過無調整 瓶火入れ 仕込み5号」について、素直に冷やで飲んでました。これの風味はそれこそ純米大吟醸並! 吟醸香もほどよくしっかり目で甘みも濃厚、あまり酸味は感じない。無濾過無調整原酒ということもあり濃厚な酒質であるが重苦しさはまったく感じなく、むしろこの濃さを十二分に活かしているのだろうか。味切れというよりも後口の余韻が心地よく響くタイプだと思える。それに原酒状態であるがアルコールの刺激はほとんど感じない。この風味で精米歩合60%というのは驚きであり、4合瓶で1500円を切る価格というのはもっと驚きである。確かにこりゃ美味いわ♪

イメージ 2

 「あらばしり」の方を開栓するのも楽しみですな。今回はお試しに四合瓶を選択してこの二つを購入したのだが、やはり燗好きとしては燗・食中酒を想定とした「焚火」の方も飲んでみたいところです~。


 どんな場面?
2005年06月12日 (日) | 編集 |

 どういう場面か謎な猫写真です。茶虎のゆうきが素っ頓狂な顔してますが。。。^^;



 2005年6月11日
2005年06月12日 (日) | 編集 |
 今日から梅雨突入で朝から雨が降っているかと思いきや、夕方ぐらいには雨は止んできた。なので運動がてら大阪城公園にてサイクリングしつつベルギービールに特化している酒屋「ウエハタ」に行ってきた。

 ホームページ上だと「ベルギー麦酒屋 ウエハタ」としてネットショッピングでの品揃えも充実しており、専用グラスの揃いも良い。ここは大阪城公園の南側にかつてあった日生球場の跡地より少し南に行ったところにある。

 今日は以前にHoegaardenさんが紹介されていたピンクの象がトレードマークのベルギービール「デリリュウム トレメンス」を目当てに行ったが、どうやらデリリュウム醸造10周年を記念して造られたという「デリリュウム ノクトルム」というのもあった。こちらの方がピンクの象の絵が全面に出たラベルで惹かれたが、こちらの方が濃厚な感じの様だったので、やはり先にこちらを飲もうと「デリリュウム トレメンス」の方を購入してきた。

 「デリリュウム トレメンス」は冷えてないし自転車で揺られて持って帰ってきたのですぐに飲むのは止めといた。今日の晩酌は芋焼酎の「侍士の門」とした。

イメージ 1

 今日の晩御飯の献立は麻婆豆腐(○美屋や○ook doあたりのパック調味料じゃ無いですよ)とサラシクジラ、枝豆あたり。「侍士の門」は5:5の割水燗にしてみたが、どうもイマイチ。。。やはりこれはストレートが一番なのかと思える、割水燗でも濃いめの方が良いようだ。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。