日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 文化住宅?
2005年03月31日 (木) | 編集 |

 なんかアパートのお隣同士みたいです。あつし(左のサバ虎)の顔がなんとも…^^;


スポンサーサイト

 大阪の日本酒「秋鹿」
2005年03月31日 (木) | 編集 |

 大阪の地酒といえば大抵の方は池田の「呉春」を思い浮かべるかと思います。大阪に住んでる私も昔はそうでした。しかし、純米系でいえば能勢の「秋鹿」が一番に挙がるでしょう。手元の資料だと平成15年(2003年)の仕込み分から全量純米に切り替わってるとある。それにここは自ら米造りを行ってる全国的にも希有の酒蔵である。

 以前から地元大阪の地酒としてこの「秋鹿」を飲んでみたいと思っていたけどここのお酒を多く扱ってるお店は少なく、近所の酒屋でも置いていない(そのくせ新潟系の地酒を置いてるのはどうかと思うけど…)。百貨店あたりではごく少数のタイプを扱ってはいてお試しなサイズの300ml瓶の「秋鹿 純米吟醸生酒」を買ってみたわけです。能勢産山田錦100%で精米歩合60%ですね。

 一合は燗づけで、残りは冷やで飲みました。生酒なのでフルーティ感は強め、米の甘みがしっかりある中に辛味も少し感じられる。後口はさらりと味切れよい。やはり燗なら甘みはよりふくらむ。フルーティ感を楽しむなら冷やも良いだろう。おそらくこれと同じものだろうと思う酒販店HPのデータでは日本酒度+12度となってたけど、全然辛口には感じなかった。米の旨味ともいえる甘みがしっかり感じられたからだろうか。

 いや~「秋鹿」良いですわ、旨味しっかりな味で当たりな感じ。ここの他のタイプもまた試してみます。



 今日はウィルキンソンジンジャエール
2005年03月31日 (木) | 編集 |

 ここ最近顧みて、金曜日の飲み会を含めて1週間は飲み続いていたので今日は意識的に休肝日としました。ということで酒のかわりに今日飲んだのは「ウィルキンソンジンジャエール」(写真右)です。

 以前は写真左のドライタイプの方(よくあるカナダドライのものに近い)しか知らなかったけどカクテル作りにはまった際にノーマルの存在も知って、ついでにこんなHP(http://homepage1.nifty.com/merino/wilkinson/)もあってものすご~く興味がでて飲んでみて、あの刺激に魅了されました^^;。

 こいつは特定のお店でしか売ってないので買いだめしとくことが多いです。私の場合、ドライの方をカクテル用に、ノーマルをストレートで飲むことが多いですがこれはまったくの好みですね。特に夏場は私の定番炭酸飲料になります。

 昔、小学生ぐらいの頃、国語辞典で「ジンジャーエール:生姜風味の飲み物」って書いてあって「どこが!?」って突っこんでましたがこれ飲んでその意味がわかりました。生姜!!って味で油断して飲むと間違いなく咳き込みます。ドライは普通ですがノーマルは激辛なんでお気をつけを。。。この飲み応えはチューハイなんか目じゃないです^^;

 ちなみに1本200mlで80円ぐらい、デポジット制を導入しているので空き瓶をお店に返却すると10円返ってきます。私は「成城石井」にて購入しています。

 追伸:結構このブログでもすでにウィルキンソンジンジャエールはなんどかupされてるみたい(そういえば一度コメントしたな~)。これネタに使いやすいんですよね~、単体でもお酒ネタでも書けるし。



 2005年3月29日(普通に晩酌日記)
2005年03月30日 (水) | 編集 |

 今日は日付のわりにはなんか寒かったのでウチの晩御飯は「うどんすき」でした。それに合わせてということではないですが、晩酌として飲んだのは宮崎の芋焼酎「松露」の割水燗と鹿児島の芋焼酎「神座」の水割りといったところです。

 ついでに今日のお酒の買い物、巡り合わせがよかったので二本買っちゃいました。「飛乃流 朝日」は最近もう少し黒糖焼酎を経験しときたいなということで買っときました。「さつま寿 桜」の方は黒麹なので今日も飲んだ「神座」との飲み比べしたいし(「神座」の酒質から期待大)、やっぱり花見で飲みたいな~という所です。



 これバカ殿?
2005年03月30日 (水) | 編集 |

 今日、志村けんのバカ殿様がやっていたので何となく見ていたらやたら昔のドリフのコントっぽいネタが多くて驚きました。

 いままでバカ殿は適当に志村けんが遊んでいるだけという印象でシリーズ自体面白いとは思ってなかったけど、いかりや長介が亡くなったこともあって志村けんも原点回帰な心境でコントやっているのかと思いましたよ。パイ投げなんてオンタイムな番組では久しぶりに見たし、たらい落としに階段滑り台…全員集合が懐かしいなぁ。。。



 猫風邪はほぼ回復しました~♪
2005年03月30日 (水) | 編集 |

 うちのネコ、ゆうきとあつしが猫風邪にかかってましたが、ようやく普段の調子に戻ったという感じです。その報告代わりに今日の写真をのせときます♪

 人の布団の上で寝てるところをいじったのでゆうきは不機嫌そうですが…、まだ鼻は傷跡でブサイクです^^;



 こういう場合は間違いなく削除します
2005年03月29日 (火) | 編集 |

 以前ある方からTBを頂いたが削除したことを告知しました(参照 http://blogs.yahoo.co.jp/konekuro/672689.html)けど、今日再び同じ方から同様のTBのつけられ方(こんどはプレミア焼酎)をしたのでまたまた削除しました。つけられ方よりも内容に問題があるということです。

 以下のようなコメントやTBについては削除対象とすることを明記しておきます。

・ダイレクトメールと同様な一方的な宣伝
・人気商品を入手難を理由に通常価格以上で販売する案内及びそれに誘導する内容
・公序良俗に反する内容

 なお、削除対象はこの限りではありません。



 ブログペット飼いだしました
2005年03月28日 (月) | 編集 |


 名前は「しろ」、ねずみです。ネコとのコラボにはねずみが相性イイ!? 色々と試してみてこの背景がやたらとはまりました。背景で動かない「あつし」とちょこちょこ動き回る「しろ」のアンバランスさはモンティパイソンのアニメを連想できて気に入ってます。

 ゆうさんとか酒親父さんとか周りの方がやっているのでブログペットを始めてみようと思い、何とか貼り付けるところまでは来たけど最初は全く設定が反映されていなかった。ウサギで背景無しでセリフが全然増えない(デフォルト状態?)。よくよく貼り付けのアドレスを見てみたら自分のコードをコピペする際に手前の/を含んでしまっていたのが原因でした。それでも一応ブログペット自体は貼り付けれたから???でしたが解決しました。

 設定、特にヤフーブログへの貼り付け方法について参考にしたのはコチラ
→ http://blogs.yahoo.co.jp/deme_king_firth/780725.html 「☆にいづまへの道☆」
 この点だけは一人でまず設定できない。というか元々ヤフーブログは対応する気は無いと思うけどそれでも貼り付け方法を見つけてしまう人がいるし、それがブログ内の口コミで広がる。ネットの底力ですね。ただ、本音はヤフーがWiki文法みたいな中途半端なのじゃ無く素直にhtmlに対応すればブログペットのコードもそのまま使えて良いのに~ってところです。

 


 カンゴシナを1年寝かしちゃいました
2005年03月27日 (日) | 編集 |


 今日は買ってからまだ開栓してなかった鹿児島は佐多宗二商店の初留取りの芋焼酎「カンゴシナ」を飲んでみました。これは同蔵での「不二才」の初留取りに当たるということで、原料はコガネセンガンですね。これは一年に一度の出荷でちょうど今年の分が店頭に並んでるかと思いますけど、これは去年の出荷分です。お客さんが来たとかで何か特別な時に開けようと思っていましたが特別な時が無くて結局ずっとしまったまんまでした(半分忘れていたという説もありますが…)。ちょっとわかりにくいですがラベルの裏に「2004 1 21」の印字がされています(写真参照)。

 飲んでみた感想は正に「不二才」(居酒屋で一度飲んだだけですが…、まぁ風味の強めな芋焼酎)を濃厚にした風味で、香り・味共に強烈ですね。一年寝かしたせいか荒々しさはあまり感じなかった。芋の甘みも濃いけど、もしろそのせいか結構どんどん飲めてしまうような…、あっ調子のって飲んでしまうと気付いたらぶっ倒れてしまいますねぇ、44度ありますし。ロックにした方が引き締まっていい感じだったが、ここは初留取りで定番の冷凍庫でキンキンに冷やして飲んでみないとなぁ、というところです。

 



 祝! オンバト冬の時代終わり♪
2005年03月27日 (日) | 編集 |

 昨日の晩の記事(http://blogs.yahoo.co.jp/konekuro/850705.html)です。「オンエアバトル 爆笑編 チャンピオン大会ファイナル」を見ていて昨日の記事を書いた時点でパソコンの電源は落としましたけど、最後まではちゃんと見届けてから寝ました。

 まずは結果、

1.タカアンドトシ   986KB
2.アンタッチャブル  926KB
3.三拍子       834KB
4.タイムマシーン3号 814KB
5.磁石        790KB
6.麒麟        722KB
7.飛石連休      686KB
8.キャン×キャン   666KB
9.ハマカーン     642KB
10.トータルテンボス 494KB
11.パンクブーブー  362KB

 タカアンドトシの優勝でした。M1での躍進もあってとうとうタカアンドトシに来ましたねぇというところ、計量の際にアンタッチャブルの「926」の数字が見えて一瞬「えっ!連覇!?」と思ってしまいましたけど^^;

 いや大抵の組も気合い入っててどれが来てもおかしくないなというところで他の芸人の大会やネタ披露番組と比べてやっぱりレベル高い。期待していた麒麟は少し伸び悩んだなぁ、ネタは面白かったけどちょっと内容が散漫だったのは否めない。後、数字は正直でトータルテンボスは回を重ねるごとに面白くなってきた(最初見たときは正直面白いと思えなかった)のにファイナルで激しく既出のネタを使っちゃたのは痛かった。パンクブーブーは単純にアニメネタで引っ張り過ぎ(半分内輪ネタになるので)でしょうねぇ。

 よくよく考えるとこのオンバトのC大会、M1みたいに賞金が出るわけでもなく言うなれば栄誉賞である。それでもこれだけの芸人さんの気合いの入れよう…箔がつくのは間違いないが芸人さん自体が楽しんでるというのを試合後の感想にも表れている。今回でC大会6回目でもう6年経っているということは今のお笑いブームの先駆けともいえる存在、しかもトークとかの付加価値無しでネタだけで勝負するというのは他になくてありがたいみたいなことをラーメンズ(どこいったんだろう?)がかつて言ってました。正に競いあって笑いをとったネタだけで構成されるのでいまだに自分にとって現在のお笑い番組のスタンダートであるのは変わらないです。

 昨日のC大会、最後に嬉しいサプライズがあった。それは今年度から熱唱編と爆笑編が隔週になってしまっていたのがこの4月より分離され「爆笑 オンエアバトル」が毎週土曜日、「熱唱 オンエアバトル」が毎週日曜日と独立することが発表されました! お笑い好きは間違いなく隔週化には少なからず不満に感じていただろうし、実際に抗議の声が多かったと思える。そもそも熱唱編の司会にハリガネロックを起用していてもあくまで音楽番組、お笑い番組と内容・視聴者層が異なる。単に会場の審査員のボール投票でオンエアが決まるというルールだけの共通だから同一番組として扱ったんだろうが、その考えがさすがNHKという感じ。この一年は辛かったので爆笑編が再び独立出来たことは嬉しい限りでした♪



 オンバトC大会放送中
2005年03月27日 (日) | 編集 |

 年に一度のオンエアバトルのC大会ファイナルの放送中です♪ 

 麒麟、飛石連休、三拍子、パンクブーブーと来て今はアンタッチャブルですね。一発目に来た麒麟は期待通りファイナルにネタをとっておいた感じで笑わせてもらいました。今回こそ麒麟いけるか!?



 今日ナイトスクープ無いじゃん
2005年03月26日 (土) | 編集 |

 なんかこんな時間まで起きちゃってるのでもう一つ記事書いときます。

 番組放送の時間帯から関西限定な話かと思いますが今日はサッカーの試合のせいでナイトスクープが無し…、はっきり言って私はサッカーにゃたいして興味がなく、右翼に刺されそうだがサッカーで日本が勝とうがどうでもいい(勝てば素直に喜びますが…)。なのでマスコミや芸能人の「絶対日本が勝たなければいけない!!」みたいな姿勢での報道や番組には引いてしまう。むしろサッカーの試合のせいでナイトスクープが中止だったのが個人的にちょっと腹立ちます、なんか金曜日って感じがしない。小学校のころアニメ番組が野球中継で中止だったときの腹立たしさに近いです。

 ただの一関西人のぼやきでした。

 追記:ちょっと修正しました。スポーツの試合なんかで自分の好きな番組が中止になるのは昔から
    いやだった。それを楽しみにしている人の方が多いと思うけど、私みたいな人もいますよっ
    てことだけ言っておこうかということです。



 今日は飲み会でした!
2005年03月26日 (土) | 編集 |

 今日は久々に友人との4人で飲み会でした。もう3月も終わりですが一応新年会です^^;。唯一の救いは今日は真冬並に寒かって一月といっても遜色がないことですね。

 一件目は大阪環状線の京橋駅近くの「大黒」という居酒屋、ここは特に新鮮な魚介類の揃いがよくて安く、結構お酒の揃いもいい。私は注文しませんが遺贈さんも一本一万円ちょいで飲めます。今日は最初に生ビールを飲んだ後、国分酒造の芋焼酎「芋」の4合瓶を一本お湯割りで飲みあった後、「佐藤 黒」をストレートで飲みました。「芋」は芋麹というだけあって芋の風味がストレートに出てスッと飲める感じです。「佐藤 黒」は改めて飲みましたが人気高いのが裏付けるぐらいにくどさが無く、アロマが豊かというところです。どちらもやっぱり美味しいお酒だと思いますね。(写真は「芋」と鮪の目玉の煮付け)

 二件目は心斎橋の行きつけのバーです。私はスコッチの「オールドパー」→「サイドカー」→「キール」×3を飲んでお開きでした。蛇足かもしれませんが「サイドカー」はブランデー・コアントロー(ホワイトキュラソー)・レモンジュースのショートカクテルで私のお気に入りカクテル、「キール」はカシスリキュール・白ワインのカクテルです。

 今日はよく飲んだな~、わいわいと楽しく飲むとこれぐらい飲んでも全然平気で不思議です~。



 無言で対応する酒屋
2005年03月25日 (金) | 編集 |

 ついこないだの話、以前から何度もネット通販で焼酎を買っていたお店(ものすごく遠いので実際には行けない)があった。メールでの案内があり、そこで以前に買った(今のところここしか売っているお店を知らない)焼酎の案内があり、現在は蔵元との約束でHPには掲載できないのでメールで注文してくれということだった。

 その焼酎、もう手に入らないかと思ってあきらめていたところだったので早速メールで注文して買ったわけなんですが、その時のやりとりを実際に酒屋に訪れて購入した場合に置き換えると以下のようになります。
~~~~~~~~~~~~~~

私「この銘柄、売ってもらえるという案内を頂きました。以前に売ってもらった時
  に飲んで気に入ったので1本ください」
お店「…」
(そのお酒を出してくる)
私「ではこれが代金です、確認してください。またよろしくお願いします、それでは」
お店「…」

~~~~~~~~~~~~~~
 お店側が全然言葉を発し無いなんてこと「ありえね~!!」でしょう。でもネット上だとありえるんです。実際にメールで注文した際も注文確認のメールも無しに商品が届く(「注文確認のメールを送る」とHP上に明記している)。それでもめげずに商品が無事届いて代金を振り込んだ旨のメールを送っても無視…、一時期から対応が素っ気なくなっていたのでうすうすわかってたんですけどね、この対応。

 「あんたに買ってもらわなくてもいくらでも売れるんだよ、気まぐれに単発で注文すんなっ!」ていうのがお店の本心かもしれない。そういう態度のお店はこちらから商品到着確認の御礼メールを送っても無視するのが常な気がする。こんな対応ははっきりいって客商売失格ですよ~



 TSUJI STYLEのエンゼルパイ
2005年03月25日 (金) | 編集 |

 阪急百貨店梅田店の地階に新しく入った「TSUJI STYLE byコピーヌプリュス」という洋菓子の店舗(3ヶ月限定らしい?)、まだ食べてなかったので今日買ってみました。

 ここはチョコレート系のケーキやエンゼルパイが中心で売っていて、買ったのはチョコレートのエンゼルパイ(正確な名前忘れた)と季節ものの「桜エンゼル」(白い方)、価格もチョコが210円、桜が262円とそれほど高くなく結構お手軽な価格です。

 味は高級なエンゼルパイです…、適当だな。特徴があるといえば「桜エンゼル」の方で、ホワイトチョコのコーティングに中にはクランベリー(かな?)も入っていてその酸味とのバランスがいい感じで、上にのってる桜の花の塩漬けがいいアクセントになってます。



 猫風邪にかかってました
2005年03月24日 (木) | 編集 |

本題に入る前に、いままで公表していませんでしたがウチのネコの二匹の名前は茶虎が「ゆうき」、鯖虎が「あつし」なんです。まんま人間の名前(兄貴の後輩が名前元)です。何故茶虎(ゆうき)の方がブログのお題になってるかというと「茶虎」の響きがしっくりきたので、という感じです。えこひいきではありませんよ^^;

 しばらくネコネタを書いてなかったのですが、それはうちのネコ二匹とも猫風邪にかかっていて忍びないので自粛してました。

 発端は十日前ごろ、「ゆうき」がくしゃみばかりして鼻を掻きむしっていた。以前にブログでも書いたようにてっきり花粉症にでもかかったのかな?と思っていたら日に日に元気がなくなってきてぐったりしだした。ちょっと具合が悪いから獣医さんに診せにいったらウイルス性の猫風邪でした。

それから目と鼻に抗生物質の目(鼻)薬を入れ始めましたが、いっしょにいる「あつし」の方も間違いなく感染しているということで薬を入れたところ急激に症状が出て(獣医さんも一時的にそうなる子もいると言ってましたが)口半開きで唾垂らしっぱなし状態になって「ゆうき」以上に具合が悪くなったのでこれまた獣医さんところに診せにいったら熱が高くて座薬をいれてもらいましたが、そんな感じで二匹とも数日何も食べずにぐったりしていた状態でした。

 ようやく二匹とも症状は小康状態になって、「ゆうき」のほうはデブ茶虎の本領発揮という感じで食べまくってますが、「あつし」のほうは今だ御飯を食べようとしない。腹は減ってるようだけど、症状出だした時にえづいたせいか食べようとしません。ちょっとまだ心配なんですがとりあえず普通の状態には戻ったというところです。

(写真はつい先ほど撮ったもの。「あつし」はちょっとじっとしてます。「ゆうき」は鼻を掻きむしったせいでかさぶたでブサイクになっているので顔は少し遠景に撮ってます)



 西酒造で芋にハマるとこれを買ってしまう?
2005年03月24日 (木) | 編集 |

 今日は開けてから長らく残っていた鹿児島は西酒造の麦焼酎「一粒の麦」を飲みきった。本格(乙類)焼酎は無謀にも芋から入っていき、クセにやられながらも同蔵の「吉兆宝山」がハマるきっかけになった身としては、麦焼酎のお試しとしてこいつを買ったわけです。

 飲み出した当初は甲類か乙類かわからないようなものに比べて甘みや味が濃く感じたが、結局のところは食中酒向きなバランスのいい味といったところでしょうか、際だった特徴はないけど特にクセは無い(良い意味で)無難な味と思います。



 この髪型に黒色あるじゃん
2005年03月24日 (木) | 編集 |

 アバターの話、髪の色を黒にしました♪

 私の使ってる髪型には黒色が無いものとばかり思って仕方なしに茶髪にしていたんですが(髪の色を染めるのは趣味じゃない)、他の人のアバター見てて「この髪型に黒髪あるじゃん!!!」って絶叫しそうになりました。

 よくよくアバター設定をみてみると私の使ってる「ショートルーズ」という髪型ではサンプル画像をクリックすると黒、それ以外の色はサンプル色のブロックのクリックに対応する。はっきりいって全ての色をサンプル色のブロックに入れておいてくれればわかりやすいのに~、ちょっと愚痴はいりましたが要は自分のアバターの髪の色を黒に出来たのがうれしくて告知しているわけです。



 温暖化で日本酒がダメになる!?
2005年03月23日 (水) | 編集 |

 今日の朝日新聞(大阪)の夕刊第一面のトップニュースは「山田錦 温暖化で異変」となっている。つまりは気温上昇の影響で山田錦の出来が悪くなってきており特上ランクのものの割合が97年以前に25%以上だったのが04年には1%まで減ってきているという話である。山田錦は代表的な酒造好適米(つまり酒造り向きの品種のお米)で日本酒での高級原料というイメージが強い(食用米でいえばコシヒカリ?)。なので上質な山田錦を原料とする高級ラインの日本酒の味や価格に影響を及ぼす可能性がある。

 これは山田錦に限った話ではないでしょう。あらゆるお米の品質も影響を受け、日本酒の味や価格において不利益を被ることになる。温暖化(正確には気候変動)問題は何か地球規模の問題であまり身近な話では無いという印象もあるかもしれないのだが、こういう生態系・農作物への影響というのが顕著に出る。朝日新聞の記事によると平均気温が97年以前の21.7度に対し98年以降は23.7度に上昇している。立った2度の差でこれだけの影響がでること、それがこの近年での話ということがどれだけこの温暖化・気候変動の現状が異常なことであるか、この山田錦の出来の現状が物語っているのではないかと思われる。同時に日本酒を楽しむことにおける温暖化による不利益は温暖化問題のほんの一側面に過ぎないわけです。へたすれば風土における一次産品が激変する可能性も否定できないわけです。

 少し温暖化問題の話題に触れると、つい一ヶ月ほど前の2月16日に気候変動枠組条約のCOP3(京都会議)の際に作られた京都議定書がようやく発効した。この8年何をしていたのだろうというぐらい遅すぎる発効、その間に排出削減量が当時の6%から14%へと倍以上にふくれあがっている。そもそも1990年時点に抑えるという相当緩い削減目標であるのにそれすら実現の危うい状況にある。それに発行された日だけでそれ以降の世論の盛り上がりが見られない。97年当時の京都会議での盛り上がりはどこにいったんでしょう??? 



 「なかむら」を割水燗で
2005年03月23日 (水) | 編集 |

 なんかまたヤフーブログの調子が悪いですねぇ、カテゴリの「飲み物」の記事を見ておきたいのに全然まともに見れない、同時にあまりブログを操作しようという気になれないが晩酌日記だけは書いておきます。

 以前に宴会持ち込みで飲んだ芋焼酎「なかむら」(http://blogs.yahoo.co.jp/konekuro/506493.html 参照)をまだ割水燗(≒お湯割り)にはしてなかったのでそれで飲んでます。割水燗だと甘みがふくらんでより甘口な印象です。ただストレートやロックで飲んだときの一本通ったような芯が崩れてしまいだるい味になってしまうように感じた。う~ん、個人的にはストレートでちびちびが一番美味しいように感じました。



 スパムメールの語源です
2005年03月21日 (月) | 編集 |

 先ほどブラポさんのブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/blackbasser12)で「スパム」の言葉を見かけたのでこのネタを書きたくなりました。

 ネット上での無駄なDMのことをスパムメールと呼ぶのが一般的になってますが、このスパムは元々外国(アメリカやイギリスあたり?)で一般的なハムの缶詰の商品名で日本でも輸入食材のお店で見かけるかと思います。このハム自体がなにか悪いイメージがあるのではなく、語源にあたるのはイギリスのコメディ集団「モンティ・パイソン」のスパムネタに由来します。どんなネタか簡単に言うと、

 大衆食堂の1シーン、なぜかメニューがスパム入りの料理ばかりでスパム嫌いの客との不毛ないざこざになり会話が「スパム! スパム! スパム! スパム!…」と周りのバイキングの客までスパムの言葉を連呼しだして収集つかなくなる…

 という人によれば頭の痛くなるような訳のわからないネタですが、この無駄な「スパム!」連呼のイメージが無駄に連発されるDMのイメージと重なったというのが実際のようです。

 この話自体はネットで調べるとよく書かれてますのでこれまた「何を今更…」という人もおられるかと思いますが、実際のネタを御覧になった方(特にある年代以下の方)は少ないのではと思います。なぜならこの元ネタの「モンティ・パイソン」自体が1970年前後に特に活躍していて、日本での本放送もそのころです。その後はあまりメジャーでは扱われることは少ないと思います。私自身も本放送当時はまだ影も形もないのですが、高校の時に出会いハマってしまいました。なのでスパムメールの言葉が一般化する前から元のスパムネタを知っていて、何よりもモンティ・パイソンには思い入れがあるわけです。

 モンティ・パイソンの紹介自体は前々からしたいな~と思っていたのでまた改めてしますが、言うなればコント番組で日本でもその後のお笑い番組(ドリフやひょうきん族等)は多大な影響を受けています。このスパムネタについての案内をしとくとTV放送版の「MONTY PYTHON’S FLYING CIRCUS」(日本では「空飛ぶモンティ・パイソン」)のセカンドシーズン第12話でのネタで販売されているDVDでは第4巻に収録、編集版の劇場作「ベスト・オブ・モンティ・パイソン」にも収録されています。写真左がベスト版、右が第4巻です。ベスト版の方が値段もお手頃なのでモンティ・パイソンお試しには最適かと思います。(くれぐれも言っておきますが、宣伝じゃありませんよ)

 



 田酒、開栓しました~♪
2005年03月20日 (日) | 編集 |

 金曜日に芋焼酎で不覚にも悪酔いしたので昨日は晩酌自粛した上で今日は日本酒にしました。こないだ運良くゲットした青森の日本酒「田酒 山廃純米」(http://blogs.yahoo.co.jp/konekuro/339900.html 参照)をとうとう開栓しました。かつて一度だけ居酒屋で遭遇(タイプははっきり覚えていないが多分、特別純米か山廃純米。まだ今ほどお酒に興味を持つ前だったので美味しかったという記憶だけ)しただけで長らく探し求めていたので飲むのを楽しみにしてました。

 香りの第一印象は純吟クラスの感じでリンゴ系の香り、冷やで飲んでも燗付けしたみたいに味に膨らみがあり柔らかい。燗にするとより膨らみがでるのは確かですが、冷やでも燗でもあまり表情を変えず、冷やでも米の旨味が堪能できるような印象です。山廃系なのでどっしり感はありますが重たさは感じず、香りに華やかさもありむしろ軽やかな印象…、日本酒らしいお酒とも言えるし特徴的な味とも考えられるし、全体的には人気が高いのもわかるかなという感じです。以前飲んだのもこんな風味だったかな~って気がしますが…^^;



 オンバトセミファイナルですね~
2005年03月20日 (日) | 編集 |

  NHKのお笑い番組「オンエアバトル 爆笑編」(元々爆笑のみだったのでオンバトと呼びます)のファイナルの時期になってますが、忙しかったので先週のセミファイナルAブロックをビデオに撮っておいて、今日ようやく見れました。

 相変わらずオンバトでファイナル大会となるとどのネタも安心して見れますね。個人的な注目はずっと一押しだった麒麟ですわ、世間的にはM-12004の敗者復活からの活躍から最近では注目されてますがやっぱり実力は高いですよ、でもネタ自体は既出のアレンジ版だったので少し新鮮みは無かったがファイナルに良いネタとっているのかな?

 今日はセミファイナルBブロック^^、でもビデオに撮ってまた明日ゆっくり見ることにします。ついでにパソコンにエンコードしてVCDに保存するのでビデオの方が都合が良い。



 TBを頂いたけど…
2005年03月19日 (土) | 編集 |

 先日ヤフー以外のブログの方からTBを頂きましたが、正直言って迷惑なDMです。その方のブログを見てみたところ同時にたくさんの人のところにTBを同時に送りつけたみたいで、しかもシステムの不具合で同じ記事が重複してついてしまって迷惑がってる方がその旨コメントされてました。

 どういう内容かというと、コメントなしで二つの記事がつけられまして、一つはプレミア日本酒の紹介、もう一つは活性系の日本酒の紹介でした。

 まずプレミア日本酒の紹介の方はプレミア価格のお店への誘導という私が特に忌み嫌う内容でしたのでTBを削除させて頂きました。それに大抵がアル添大吟醸紹介がほとんどなので「間違いなく俺のブログ読んでね~だろ?」ってところです。大体「久保田」を紹介するのなら朝日酒造のHPの価格帯・正規取扱店での店頭販売のみ・取扱店紹介の案内の箇所に誘導する必要があると考えてます。

 もう一つの活性系の日本酒の紹介ですがこれが先日書いた活性清酒「あわ咲き」の記事に付いてたら納得出来るのですがそうでは無いのですね~、これまたブログ読んでないのバレバレです。内容がずれているのでこちらも削除しました。

 そもそもまだ交流の無い多数のブログにコメントなしで同時にTBを大量に送るのはちょっとイヤ~な感じです。



 体調で変わるお酒の許容量
2005年03月19日 (土) | 編集 |

 昨日は芋焼酎を複数飲んだわけ( http://blogs.yahoo.co.jp/konekuro/661084.html 参照)ですが今週は忙しくて疲れがたまっていたせいか変に酔いがが廻ってしまい二日酔い状態になってしまった。今日は何も無かったのが幸いしたが、寝不足+風邪っ気だったのもあって昼過ぎまでぶっ倒れてました。

 改めて昨日飲んだ量を確認してみるとせいぜい25~28度の芋焼酎2合足らず程度で確かに普段の晩酌としては飲みすぎたかなという感じです。もちろん普段はこれぐらいの量は自分のアルコール許容範囲内です。そういえば以前も多忙でかなり疲労している状態での飲み会の席で瓶ビールをコップ数杯でグロッキー状態になった時もあります。

 通常の自分の許容量の把握と同時に体調も考慮せねばとつくづく思いましたね、二日酔いなんて大っ嫌い!!



 ウチの芋焼酎更新
2005年03月19日 (土) | 編集 |

 ちょっと忙しかってあまりお酒を飲んでる状況では無かったのですが、今日でようやく山を越えたという感じなので思い切り今日は飲んでます。最近飲み続けていた「さつま寿 旬」がわずかに残っていたので尾込酒店系で「神座」、黒麹系で「蔵の師魂」(これも少し残っていた)との飲み比べ(かなり個人的に強引ですが…)をやってました。

 全然スペックは違うのですが「さつま寿 旬」と「神座」ではまったく違いますね~。黒麹としては「蔵の師魂」よりも濃厚という感じ(元々28度と濃いめですが)で黒麹でありがちなくどい甘さではなくていい感じです。この三種(「さつま寿 旬」、「蔵の師魂」、「神座」)をストレートで飲んだ後お湯割りで飲んでますがどれも美味しいです^^;。あえて言うなら「神座」は個人的にかなりいい感じです、ロックでも飲んでますが美味いっすわ~。かなり酔ってますんでこの辺にしときます…。。。



 人気度LVアップしました♪
2005年03月15日 (火) | 編集 |

 とうとううちのブログも☆が黄色になりました。これも訪問して下さった皆々様のおかげです!! こんな調子でお酒中心で好き勝手書いてるブログですがまたよろしくお願いします!!



 やっぱり土物・焼き締めの酒器はイイ!!
2005年03月15日 (火) | 編集 |

 今日は寝しなに晩ご飯のあまりのマグロの刺身で最近相変わらずの日本酒「三井の寿 麗吟 純米吟醸冷やおろし」をちょっと冷やで飲んだ後、燗づけて飲んでます。お刺身と日本酒の相性の良さ、土物・焼き締めの酒器の効用(参照記事 http://blogs.yahoo.co.jp/konekuro/318765.html)ってのを再確認している感じです。特に冷やでそのまま飲んだ後にその酒器で燗づけてみたら遙かにまろやかになってますわ。



 ネコも花粉症!?
2005年03月14日 (月) | 編集 |

 なにやら茶虎がくしゃみばかりしている。それで鼻や目のあたりを掻きまくっています。見た目完全な花粉症な感じです。どうやらネコにも花粉症はあるみたいで、難儀な話です。

 花粉症、半分人災だし自動車排ガスとかの大気汚染との複合症との説もある。どうにか対策とれないものでしょうかねぇ、ちなみに私は普段そんなに重度の花粉症じゃないです(ちょっと目がかゆいかな程度)。一度風邪の後にやたら花粉症の症状に襲われたことはありますが…。

 追記:花粉症ではなく、猫風邪でした。でもネコにも花粉症があるのは確かなようです。



 焼酎の値も上がってきてますね
2005年03月13日 (日) | 編集 |

 焼酎の値といってもプレミア価格のことではなく、希望小売価格のことです。先日の晩酌日記でも触れましたが、少し前に比べて人気銘柄なんかは値上がり傾向にあります。

 価格改定で先日驚くぐらいに値上がっていたのは佐藤酒造の商品です。公式サイトhttp://www.satohshuzo.co.jp/index_j.html参照ですが、2005年3月の価格改定でえらい値上がってました。特に「げん露」や「あらざけ」は確か前買ったときは2200円前後(げん露はもうちょっと高かったかな?)だったけど関西価格で前者は2840円、後者は2620円になってました。佐藤黒も2930円になってますね~手に入らないうちに価格改定で値上がってしまい、駆け込み購入も出来ないのはつらい(そもそもまともに売ってるのには出くわしたことないが…)。

 吉兆/富乃宝山も去年の10月頃に価格改定で一升瓶で2499円から2610円に値上がってます。蒸留の際の燃料費高騰が理由のようですが、手元にある2003年10月に発行の本には2142円となっていました。大体の人気銘柄も希望小売価格自体この数年でかなり値上がっているようです。

 値上がってるといっても、そもそも焼酎自体の価格が安い訳ですし、ネットのすぐ目に付くような場所でも平気でプレミア価格で売っているような状況では少々本来の価格を値上げても仕方がないでしょうな。別にプレミア価格販売という現象が無くても、ここまで焼酎を求める人が増えて、やはり銘柄の評判の高いものは多くの人が欲しがってしまう状況では値上がりも当然の話かもしれません。それでもちょっと良い日本酒よりか遙かに安い(日本酒で3000円だと標準的な価格)ですし、全体の需要増から適正価格になってきているという状況ではないかと思います。かといって安いに超したことはないのは言うまでもありませんが…。

 少々価格改定で値上げするのは良いんですが、比較的規模が大きめで人気が高いところは公式サイトなんかを設けて希望小売価格や特約店情報の公表はプレミア販売が常態化してる現状では企業として義務的で必要不可欠なのではないかと思います、特に西酒造さんは。(むしろ一部の酒販店では自分ところの意向からネット販売は止めさせるというのは横暴じゃないかと思います。若干新規の客と対応したくない酒販店の都合も含まれてるでしょうけど)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。