日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 通勤用自転車の買い換え
2014年04月30日 (水) | 編集 |
京都市内では通学・通勤に自転車を利用しているが、これまで愛用していたブリヂストンのいわゆるシティサイクル、ブリッド(BRID)がいよいよ限界に達しつつあった。購入したのは2002年4月に中古車としてなので、少なくとも12年の使用、消耗部品はしばしば交換してるし、タイヤも前後ともに二回ぐらい交換しているが、とにかくフレームは全然頑丈で機関部も最近まで現役バリバリでしたよ、ええ。

少し前からタイヤのスポークの故障は発生しつつあったが、それでも私の酷使にも十分応え続けてくれていた。ところが、このところチェーンが外れやすくなってきたと思ったらクランク部分にがたつきが発生してきまして、あまり負荷をかける運転ができなくなっていた。そんな折りに前輪のブレーキワイヤーが切れてしまったので、一気に修理してもらおうと自転車屋さんに持って行ったら、もう寿命ですと宣告された。無理に修理できないことはないが機関部をすべて交換するぐらいのことは必要な上、前輪のベアリングなんかももうダメになっているのでもう長くは乗れないといった旨を告げられる。とりいそぎ自転車を使う必要があるなら応急的にワイヤー交換だけに留めて買い換えを検討することを勧められ、ひとまずそれに従う。その時に修理をお願いしたお店は基本スポーツ車専門の店舗だったので、こちらが求めるタイプの自転車をおいていないこともあり、修理のみで済ませた。

一応、ロードとかにも興味がないわけでは決してないし、スペシャライズドのシラスを所有していたりする。ただ、通勤車としてはあくまで運搬能力を有した実用車でなければいけないんだわ。書類やPCなんかが詰まった鞄を収納できる頑丈なカゴが装備されていることが絶対条件で、そりゃリュックとかの背負える鞄を使う手もあるでしょうという意見もあるかもしれんが、軽くても4~5kgの荷物の負荷を肩腰にかけるのはホント避けたいし、道すがらにおいそれと買い物もできん。一方で、上り坂で電動自転車を普通に追い抜かす程度の、人並み以上にはチャリ筋を鍛えてるので、変速機能は二の次だ。さらにはタクシーや路線バスといった車道走行との相性最悪な存在も多くて慢性的な交通渋滞にある京都市街においては歩道に退避すべき場面も多く、細かな段差をものともしない程度の頑丈さは必要になる。そうなると理想はやっぱりこれまでと同様、しっかりした造りのシティサイクルということになる。この条件を満たせして費用対効果が高ければ新古にもこだわらないのであり、費用面であれば中古が理想的である。そのような想定において寄れそうな店を回っていたらばっちり見つけることができた。

これまでと同じくブリヂストン製、アルサス(ALSUS)である。2003~2006年頃に生産されており現在はラインナップにはないのだが、当時は現行モデルのフラッグシップ的存在であるアルベルトと並び立つ位置にあった。名称の通り、アルミフレーム・リアサスペンション構造が特徴であり、細かな段差の多い町中走行に適した仕様となっている。2003年のグッドデザイン賞も受賞しているという誉れも有する。
http://www.bscycle.co.jp/design/archive/2000.html

ただし、頑丈なフレームと構造ゆえに重量感があり、リアサス特有の力の抜け感もあって爽快な走行とはいえない。そういったことがネックになってか廃番となってしまったのだろう。とはいえその頑丈さと安定感の高さは少なくとも7年以上前のモデルとは思えぬほどで流石である。入手したのは変速機能なしで、中古で格安だったとはいえ粗悪激安新品自転車が二台ほど買える価格ではあるが、非常に買い得であったのは間違いない。以上の特徴から、高速走行には制約があるものの、重量と構造から得られる安定性は頼もしく、重さのハンデはチャリ筋で十分カバーしうる程度のものなので、自分にふさわしきマシンと思える。傾斜を含む普段の通勤においてもこれまでと負荷や時間に差はない。

新たなマシンとの巡り合わせと同時にこれまでのマシンとの別れもある。ブリッドとは12年来の相棒だったわけだしもはや足の一部分なほどになじんでいたし、名もCV:杉田智和って感じで気に入っていた。やはりお名残おしい気分もなきにしもあらず。これまで使用していたカゴやライト等の各パーツはアルサスに引き継がせ、つらいけどご苦労さんとお別れする。

そうして新たな相棒となったアルザスなのだが、購入時点では一つ難点があった。それはサドルが低すぎるのである。デフォルトのシートポストでは全長20cmしかなく、調整の余地が少ない。このままでは漕ぎにくくて仕方がない。基本的にサドルに腰を下ろした状態でも足が地面にべたつきすることを想定している(安全性を重視される場合はそのように推奨されるのでしょう)。しかし、ペダリングを優先する場合はペダルが最も下に来る位置で足が伸びきる状態にするのが基本である。この場合は当然、つま先立ちでかろうじて地面につくかどうかの高さである(それでは不安定と思う人、停車時にはサドルから降りて地面に立てばいいだけなのです)。その高さに調整するにはロングシートポストを入手し、交換するしかない。念のため調べてみると、ブリヂストンの自転車は一般的なシティサイクルと規格が異なっており、シートポストの直径が27.2mmなのでどこにでも売っているのではなさそうだったが、長さが30cmのものがヨドバシカメラ等で売っているということがわかったので、購入翌日に京都駅前のヨドバシの自転車置き場に赴く。オンラインショップでは取り寄せ扱いになっていたので発注のつもりで行ったんだが、意外と店頭在庫で2~3本転がっていたのですんなり購入、早速交換することができ、三日目にはベストポジションにて走行することが可能となった。

それにしても、この少々の段差を意に介せずに重厚・安定で進む様はキバのドッガフォームのイメージだわ、CV:杉田智和つながりのイメージもあってね。


スポンサーサイト

 踏み抜きのパンク修理
2013年09月08日 (日) | 編集 |
2013年9月8日

一昨日にパンク修理についてツィートしたんだが、結局事態が解決するのは本日までずれ込んだ。苦労した反面、自前でのパンク修理をしたことがこれまでなかったので良い経験になった。なにせ経験回数が0から一気に3になったもんな。

自転車乗りは自分でパンク修理ができて一人前、と見る向きがあるかもしれんが、少なくとも成人してから、修理で済むような単純なパンクが起きたことが1回もなかったんだ。といっても乗車頻度は平均以上だろうし、日々通勤(通学の時代もあったが)に使っている一般車は中古で買って10年以上常に使っている。パンクしたと思った時にはタイヤがすり減って内部のチューブが露出した使用限界の状態で、パンク修理をすっ飛ばして前後輪共に2回ぐらいのタイヤ交換をしてきている。

今回も交換してから2年は経ってる後輪(前輪は半年ぐらい前に交換したところ)で、職場に向かってる走行中に一気に空気が抜けた(それだけ大きな穴が空いた)のでタイヤの寿命を考えたんだが、そこそこ溝はすり減っているといっても限界までは行っておらず、パンク修理で対処すべきと判断、途中でホームセンターでパンク修理キットを入手して修理に望んだわけだ。修理方法はネット上でも詳しい解説が存在しているので割愛するが、職場の方なので手元に使えるバケツや洗面器がなく、チューブに顔を近づけて空気の漏れる音から穴の場所を探すという簡易的な方法(実際にこの方法で解説しているものもあった)で代替した。結局これが修理が長引く原因となる。

パンク当日(一昨日)、手順に沿ってチューブを引っ張り出したら、ものの見事にチューブに釘みたいな朽ちた鉄片(1cm程度、L字に曲がってた)がチューブに突き刺さっていた。タイヤの方にもその頭らしき鉄片が刺さっており、これを踏み抜いたのが原因だと特定できた。鉄片が刺さっていた箇所も含めて計3つの大きめの穴があり、それぞれにパッチを当てて穴をふさぎ、裸チューブの状態で空気を入れ直しても特に空気が漏れてる感はなかったので修理完了と思い、タイヤをはめ直した。試しにぐるっと少し走行しても違和感がなかったので大丈夫と思った。しかし、云時間後のその晩に帰る際に見たら修理したはずの後輪タイヤがペコペコ状態。見逃した穴があったのだろうが既に日が暮れてしまっているし、チェックは翌日に持ち越してバスで帰った。京都駅行きのバスに乗って駅前のヨドバシでパッチを追加購入(修理セット内容の5枚に対し、すでに3枚消費しているので予備を見越して)、ついでに酒楽座いのうえさんの立ち飲みに寄る。

翌二日目(昨日)、再度タイヤからチューブを引っ張りだしてチェック、相変わらずバケツがないので無いよりマシかとペットボトルに入れた水道水をかけながら昨日の修理箇所周りを確認していたら、その近くにたまたま小さな穴が1つ見つかった(空気漏れの音などでは全然目立たない)のでこれが原因としてパッチを当ててタイヤにはめ込み再度修理完了、と思いきや再び晩の帰る段にはタイヤペコペコ。。。連日あきらめてバスに乗る。

そして三日目の本日、素人の生兵法ではダメとして自転車屋さんでタイヤ交換するかとも考えたが、やっぱりキチンと王道的な手順を踏むべきだとして百均でバケツを入手して三度修理に臨む。チューブ一周、もれなく水につけていったら1箇所ごく微細な穴が見つかった。どれだけ微細かというと水の中でぐっと手に力を入れて圧力をかけても小さな気泡が一秒間隔ぐらいで一個ずつ出てくるというレベル。大気中で音や空気の流れで見つけようとしてたらまずわからん。その穴をふさいで元に戻し、空気を入れて数時間経って確認したところ、今回は空気圧は下がらずにようやく全ての穴が塞がったといえる。

今回の事例、一本の鉄片を踏み抜いたのだが穴は五箇所に発生していた。踏み抜きパンクは穴が複数発生しやすいというのは確かなのだろう。そして、やっぱりパンク箇所のチェックにはバケツや洗面器で水に浸して確実に発見すべき、というのが最大の教訓だわ。


 自転車日和、春も近い
2009年03月09日 (月) | 編集 |
2009年3月8日

普段から毎日の様に交通の足として自転車は使っているが、それでも晴れた暖かな日には自転車に乗りたいと思うのが自転車好きである証左であろう。この頃、自転車の話題はサボり気味(実際には結構駆り出している)ではあるのだが、自転車好きの端くれではありますんで。ということで、いつもお馴染みのかどや酒店さんへ赴きがてら、昼過ぎにゆるゆると自転車を駆り出す。日中はかなり暖かく、手袋なしでも大丈夫なぐらい。

本日はどちらかというと河川沿い等の自転車道をメインに走行する。行きは淀川河川公園を通り赤川鉄橋を渡り淡路近辺を抜け、神崎川に沿って摂津の方へ、そして南茨木のかどやさんに至る。帰りはすぐに大阪モノレールの線路の方に出て、そのまま北大阪周遊自転車道(万博記念公園からモノレール線路沿いに淀川南岸、そこから河川公園沿いに中之島まで至る)に乗っかって帰る。行きはぷらぷらゆっくりペース、帰りは淀川沿いが思いっきり向かい風でスピードが出ず、正味二時間弱の走行。

0308ポタリング1

途中、赤川鉄橋の途中にて。私は子供の頃から馴染みなんだが、貨物線の線路と歩行者・自転車用の通路が併走している珍しい橋。木の路面もガタガタなこともあり、結構スリルがあります。タイミングが良ければ貨物列車と併走出来ます(笑)。

0308ポタリング2

かどやさんとこの店先にて。久しぶりに愛車“シュバルツくん(スペシャリズド・シラスの黒)”もブログ登場。

0308ポタリング3

そんでもって、本日購入したものの一つ、ワインの「コノスル」。このラベル、自転車乗りには好適品です。

追伸、本日は牡蠣鍋と共に「会津娘 つるし」を呑み切る。

会津娘つるし呑み切る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。