日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 三光正宗 克正 生酉元純米 無濾過生原酒 雄町 H25BY
2015年08月04日 (火) | 編集 |
2015年8月3日

すっかり更新はご無沙汰しているが、晩酌はほぼ欠かしてはいない。どうしてもお馴染みなもののリピートが多いということもあるし、ブログにこだわるべき社会的状況でもないということもある(じっくり文章を書けるブログの利点はあるのだが、もう本業以外で凝った文章を書く余力に乏しく…)。そのような中、かなり久しぶりに飲んで当初の感動に通じるものを抱いたのが、数年来のブランクを経て購入に至った「三光正宗 克正 生酉元純米 無濾過生原酒 雄町 H25BY」なのである。年度や原料や仕様もほぼ同一の山廃バージョンを試飲した上で、そこから推測した期待を込めて一升瓶を購入し、じっくりと晩酌の回を重ねて楽しんだ。

ブログを始めた当初(2005年頃)、交流を通じつつでいくつもの名酒といえる清酒に出会えるという実りの多き期間だったといえる。そのような中で、極上の感想を抱いた一つに徳島県の「芳水」、その中でも当時の同蔵の高垣克正杜氏の神髄を味わうスペシャルシリーズとして蔵出しされた銘柄「高柿木」があった。大吟醸系も存在したが、個人的な好みのベクトルからもあまり米を磨かない純米ラインの山廃や生酉元の無濾過生原酒を頂いてとても楽しんだ。その後に年月が経ち、高垣杜氏が芳水酒造を離れ、岡山県の三光正宗株式会社の杜氏に移籍することになり、それまでの「高柿木」と同様のコンセプトにて蔵出しされたのが「克正」の銘だった。ただ、その移籍当初の最初の造りの折に味わった感想では、新たな環境で熟成も考慮されえないタイミングだったためか、かつての「高柿木」を最初に飲んだ印象とは大きく異なり、飲んで楽しむ上で個人的に重視するバランスの点で「厚み」「重み」が強く感じてしまうために飲みづらさを強く抱いてしまった。そのため、この何年も触れることなくご無沙汰してしまっていた。

そのような経緯の中、当初は別の銘柄を購入する意志を念頭に置いて、長らく足が遠のいていた(まぁ、この点は昨年度までの二年以上を京都に住んでいたためなんだが)近所の酒屋さんを訪れ、その当初念頭の銘柄がいつのまにか需給バランスが崩れていて一升瓶を小売りできない状況にある(四号瓶のみ販売可能とのことだったが、それなら無理に買う必要はない)ということで、それならば他の銘柄をとリストを見た折に白羽の矢を立てたのが「克正」だったのである。一年と少しの熟成となるH25BYにて、純米無濾過生原酒で山廃と生酉元の二種が在庫あり、山廃は試飲できるということで味見した上で、あえて冒険ということと、かつての「高柿木」にて特に好印象を抱いていた生酉元を未開栓の状態で一升瓶を購入した次第である。

DSC04400.jpg


今回の「克正」、三光正宗への移籍後に抱いた重厚さはあるのだが、それなりの酸味の爽やかさをもってバランスを保ち、しみじみ美味いと感じるものである。それなりの熟成も経ているので、ぬる燗程度に暖めても素直に甘みがふくらむ印象で楽しめる。この感覚や風味の系統は、かつての「高柿木」の生酉元を彷彿とさせるものであり、偶然が重なっての実にうれしい再会だったといえる。


スポンサーサイト

 柳田酒造 本格大麦焼酎「干支焼酎 乙未」
2015年02月03日 (火) | 編集 |
2015年2月2日

本年もすでに二月であるが、年始に至るに蔵出しされる柳田酒造の恒例の新酒、年末には入手していてようやく本日開栓したのが大麦焼酎「干支焼酎 乙未」、銘の通り本年の干支は乙未である。しかしながら改めて悔やまれるのは午年生まれでありながら昨年の「甲午」を購入できなかったことである。

新酒ながら安心して飲める期待がある。裏ラベルに記載されている「甘みと柔らかいのど越し、後味のすっきりとした」とあるのに脚色の必要がない。

DSC04231.jpg


メインの酒肴としては、分葱と薄揚げのぬた。

 年も暮れつつ
2014年12月22日 (月) | 編集 |
2014年12月22日

相変わらずバタバタしててままなりませんのでアプリ投稿、仕事納めなど全然想像できませぬが、ちょっと一息で京都の烏丸五条近くのスペインバル「サントレス」、タパスの盛合せなり。


 大阪で宮城酒を飲みながら仙台へ向かう
2014年10月17日 (金) | 編集 |
2014年10月17日

週末土日は宮城へ出張、そのため本日の最終便(といっても19時台発だが)にて仙台に向かう。仙台のホテルに着くころには早くて22時頃であり、そこから外飲みにでるにも多くの飲食店がLO間に合うかぐらいになるので、道中で食事にすることにする。たまには空港のラウンジの恩恵を最大限利用するかと、少し早めに空港について、飲み物はラウンジに依存させていただく。

国内の航空会社のラウンジの場合、ビールはデフォルトとして後はいくつかハードリカーというのが多い。ワイン類はまずない。ただ、最近はAさんでは期間毎で各地の清酒を置いていることがある。それでちょうど用意されていたのだ宮城酒の阿部勘と澤乃泉、それを冷酒(でしか飲めないが)でいただきつつ、イカリスーパーで購入した弁当・総菜を食す。30分程度の慌ただしいことなれどこれはこれでそれなりに満足。そろそろ搭乗だわ。

 酒屋八兵衛 純米ひやおろし
2014年09月29日 (月) | 編集 |
2014年9月28日

長月も最後の週末、この月は何かと立て込んでいたもので週末に限っていえば、前二週は出張であったし先週も土曜日は一日用務が立て込んでいた。特にこれといった予定の入っていない週末は今週だけという状況ゆえ、ややゆるりと過ごす。

あまり更新はできていないが晩酌をとっていることには変わりはない。冷卸の出回り始める時期でもあるので清酒寄りである。個人的には現代においての本源的な冷卸の意義は薄まっており、ほどほどの熟成による妙味の伴う、といった酒質かどうか関係なしに、単なる季節モノとして売り込もうと言うだけであれば、清酒振興のためだからと手放しで歓迎しようという気はまずない(それなら通年商品を選ぶ)。しかしその一方で、造りから約半年後の冷卸として出荷することを前提として、これだからこそ楽しめるという酒質の設計をされるパターンも存在してきているように思える。後者であれば支持もしたいし食指も動くというものである。

DSC04186.jpg

晩酌としてこのところ頂いているのが三重県の元坂酒造「酒屋八兵衛 純米ひやおろし」である。身近な酒屋さんにて、いま飲むなら特にオススメな内の一つとのことで購入し、最初の開栓から一週間ほどかと思う。総評を先に言えば、冷卸としての酒質の狙い所はかなり良いように思える。(清酒の五味としての)辛味や引っかかりはあまり感じない円やかな酒質であり、その点では寝かされた時期と出荷のタイミングはバッチリなのだろうと。香りは控えめで旨味もほどほどで味切れも良く、そのような酒質なので当然ながら燗映えもする。この銘柄であるからこその特別に目立った個性は感じられないとはいえ、この時期に晩酌としてゆるゆる楽しむには最適である。

献立には鰯の梅煮、紅白なます、野菜炒めなど。紅白なますは別に慶事があったわけではなく、普段の酢の物・サラダ枠としてのもの、ちょうどトマトとかが切れていた(ry。。。それはともかく、単純で簡単な料理であるし酒肴としても好適な品でもあるので正月に限らずしばしば造るものである。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。